半・社会人の取りとめもない雑記。


by yuu-siesta

11/29(MON) 面接官のキモチ

あっという間にまた新しい週が始まってしまった。ここんとんこ日々の流れが速い。
こうやって、気づけば3月を迎えてしまうんだろか。

元・同じバイトの友達から電話、新居の愛の巣にお呼ばれしました。
そう、彼女は彼氏と最近同棲を始めたのです☆
もともと生活感のあるしっかりした子だったから、予想はしてたけど。
やっぱり部屋はちゃんときれいで、生活感がありました。
たくさん笑って、いろんな約束をして、彼女の家をあとにした。
みんな元気だといいね。

学校へ、模擬面接。
いや~、面接を受ける3年生以上に、面接官のあたしの方が緊張してた・・・。
面接官って大変なんだね、1日に何人も見なくちゃいけなくてさ。
就活中はそんなこと考えもしなかったけど、実際やってみて初めてわかった。
やっぱ、その会社に受かるかは、相性だよなぁ。
だって、何話してんだかわかんないけど、魅力的な個性の子っている。
その子を採るか採らないか、気に入るか気に入らないかは、まったくもって個人の判断。
3年生がすがるように相談に来てくれて、少しでも力になれれば、と思った。
就活がんばれ☆

そして、面接官を一緒にした初対面の男の子とツリーの点灯式を偶然見た。
「いやー、俺ら何やってたんだろうな・・・点灯しちゃってるよ・・・」
「残業してたんだよ・・・きれーだね・・・」
「今年が最後だったのにな、まいっか」
「うん、まあいいよ」
b0059677_2354737.jpg

[PR]
by yuu-siesta | 2004-11-29 23:07 | diary