半・社会人の取りとめもない雑記。


by yuu-siesta

「僕の彼女を紹介します」<Movie>

b0059677_12155069.jpg「猟奇的な彼女」よりも泣けるよ、と言われるから見ました。
確かに泣けたんだけど、でもあまりしびれる!って感じではなかった。
ストーリーもかなり日常離れしたエピソードだし、
何かにつけて、死にそうになりすぎ。
あと気になったのは、サントラね。
いい曲が多かったんだけど、統一性がなくて
「え、ここでこんな曲を!?」って事が多かったです。
そんなこんなで気が散って、感情移入も出来なかったなぁ。

けど、キャラクターはすっごい良かった。
正義感に燃える、思い込みの激しいキュートな熱血警官のギョンジン。
ギョンジンにふりまわされる、まじめで善良な教師のミョンウ。
一番良かったのは、ミョンウが大草原で言った言葉。
「僕の前世は風だったと思う。次生まれるときは風になりたい。
 僕がいないときの風は、すべて僕だと思って」
この言葉が、ミョンウの死後、ギョンジンの生きる意志の源になる。
私としては、あんな風にミョンウを殺さなくても・・・って思った。
誰かが死ななきゃ感動を得られないストーリーは、イマイチです。

あと、最後の「猟奇的な彼女」のキョヌが出てきたことも興ざめ。
ベタなストーリーでいいから、あそこではやっぱり「ミョンウに瓜二つな男」を出してほしかったなぁ・・・。

一番良かったシーンは、校庭でギョンジンの周りをジープでぐるぐる回るミョンウのやりとり。
ミョンウってほんとにギョンジンが好きなんだなぁ。
[PR]
by yuu-siesta | 2005-01-20 12:16 | ★Books,etc★