半・社会人の取りとめもない雑記。


by yuu-siesta

Two Weeks Notice<Movie>

b0059677_9212143.jpg恋愛コメディ。
大富豪で都市開発をしている、優しいけど優柔不断なジョージ。
そのジョージのもとで顧問弁護士に雇われた、ハーバード出身のルーシー。
ルーシーはしっかりしてるけど、すごく変わり者で、お金に興味がなく文化的なことに貢献するため、ジョージのもとで働くことになる。
ところがジョージはそんなことには興味はなく、ただ流れるままに都市開発を進める羽目になっている。

ジョージは初め、ルーシーを女と見てなくて、まるで母や姉のように慕ってる。
大事なときに着るスーツの色を彼女に選んでもらったり、スピーチの原稿を作ってもらったり、会社の封筒のデザインの決定すら出来ず、ルーシーに「どっちがいい?」って聞く。
ルーシーは、24時間ジョージに呼び出されるものだから、胃痛になる。
そこで、「あと2週間で仕事を引き継いで、辞める」と言い出す。
そこからふたりはお互いの必要性を感じ、2週間経ってルーシーが退職した後、ジョージが彼女に告白して結ばれる。
映画というよりは、ドラマって感じのする物語。

こんなにお互いを異性として意識してないのに、いつ結ばれるわけ?ってずーっと思いながら見てた。
でも、ルーシーが「胃痛」になったときから、恋を感じさせられた。
どうして、誰かを好きになったりすると何かが痛くなるのかなぁ。
私は誰かを好きになると、真っ先に胃が痛くなる。
逆に、胃が痛くなると、ああ恋しちゃってるんだなぁと気づく。
ルーシーが胃痛になったのは、きっとこんなに側にいるのにジョージが自分を女として見てくれないからじゃないかって思った。
よくあるよ…女と見られないがゆえの胃痛。。。泣
だから共感できたし感情移入できまくりだったけど、でもあたしルーシーみたいに美人でもなけりゃ、ハーバード出身でもないしなぁ。
だけど、好きな人に、自分はあんたのこと意識してなんていませんよ~って雰囲気を出そうとしちゃうとこだけは、似てたかな。
とにかく、軽いタッチの恋愛コメディでした。
ハッピーエンドで後味もよかったし、見てて飽きませんでした。
[PR]
by yuu-siesta | 2005-02-09 09:41 | ★Books,etc★