半・社会人の取りとめもない雑記。


by yuu-siesta

2/11(FRI) The motivation for sleeping

最近、4年目にして、生活リズムの大切さを思い知っている。
高校時代までは、土曜の夜が楽しみで仕方なかった。
日曜の朝、「はっ!」って目覚めて、布団の中で、「今日、日曜じゃ~ん」って気づく喜び。
部活で走りまくって、夜は倒れこむように寝ていた。
あれほどの快眠って、最近まったくない。
やっぱり、体を酷使した後の眠りって、最高。
今は、体自体は酷使してなくて、ただ寝てないから眠いとか、精神的に疲れたとか、そういうことで眠っている気がする。
体が、「もう勘弁してください、寝させてください」っていう状態で眠りたい。

私は低血圧だから、朝にあまり強くない。
高校時代とかは5時半に起きて、7時半にはもうシュート打ってたんだけど。
当時は朝目覚めたとき、布団の中で「もう世界が今終わってしまえばいい・・・」と本気で思っていた。
低血圧の人なら共感してくれるんじゃないかなぁ?

とにかく、眠りの質をもっと上げたいのだ。
私は「siesta」って連呼しちゃってるくらいだから、眠りに関しては真剣である。
より深く、より快く、より素敵な眠りを!!!
そのためには、体を酷使することも必要だし、栄養を取ることも大事だし。
人間の体って、本当によくできているなぁ。
[PR]
by yuu-siesta | 2005-02-13 11:18 | diary