半・社会人の取りとめもない雑記。


by yuu-siesta

2/15(TUE) a woman like a sweet home

今日、思わず泣いてしまった。
朝っぱらから、泣きじゃくった。
しかも、くだらない月9のドラマ「不機嫌なジーン」を見ていて。
特別いいシーンでもないのに、ものすごく泣けた。
伊東四朗が内野聖陽の嘘を見破って、「わかってるよ」というシーン。
ほんとどうでもいいシーンなんだけど、すっごい泣けてきて。
ああ、私は誰かにわかってほしかったのか、と気づいた。
自分が誰かに言ってほしかった言葉は、これなんだ。

あと、南原教授(内野)が、じーんとくる台詞を言ってた。

                  「人生とは、ままらない。
             鳥が進化する過程で翼を持つことを選び、
             アリクイがアリを喰うことを選んだように、
                人は悩むことを選んだんだ。
         悩み、考えることで進化した、哀れな生き物、それが人間だ。
             100%満ち足りてる人間なんていない。
          俺たちは、死ぬまでこの呪縛から逃れることはない。」


南原教授を見ていると、あたしなんて絶対モテるはずない、って思う。
男の人はみんな、家みたいな女を求めるんだろうな。
あたしの家、ふきっさらしのぼろ家だから。
もっとちゃんと建て付けしないと。
けど、あたし自身が、男の人に家を求めているんだ。
「わかってる」って、言われたい。

そして、今日で受験生サロン受付バイトはおしまい。
いろんな人との出会いと、ホテルの裏側を知れたことが、すごくよかった。
人と知り合うって素晴らしいことよね。
ネットもやり放題、本読んで、居眠りまでして、これでお金いただくなんて。。。
いや、もちろんもらいます、もらいます。
ほんといい経験だったなぁ。
やっぱ人生、やるっきゃない!!
[PR]
by yuu-siesta | 2005-02-15 16:18 | diary