半・社会人の取りとめもない雑記。


by yuu-siesta

2/27(SUN) さよならの意味

東京に戻ってまいりました、ゆうでございます。
いやぁ、北海道は寒かった!→あたりまえ。
でも、想像してたほど寒くはなかったです。
まあ、普通に人々が暮らしているのだから当然だけどね。
初めはその積雪に驚いたけど、最後には慣れてしまい、雪のない東京に帰るのが寂しくもありました。。。
北海道旅行記をちゃんとブログでアップしようと思います。
せっかくデジカメで撮りまくったし。

小学生ハンドが、今日初勝利をおさめたとの報告があった。
すごく嬉しくて、一緒にみんなとその感動を喜べなかったのが残念。
あたしって、すごいインチキ王だな、と思う。
人に影響を与えたいって密かに思っているくせに、いざ与えればちょっと後ずさりしちゃう。
責任を持ちきれないのが恐くって。
4年前もそうだった。
純粋すぎればすぎるほど、恐くなった。
逃げたかった。
今回は逃げたくなかったんだけど。
別に逃げたわけでもないんだけど。
ただ、最後までやりきったとはいえないから、ちゃんと落とし前をつけに行かなきゃって思っている。

あたしは小学生の頃、学校で作詩で入選したことがある。
どんな詩だったか、はっきりとは覚えてないんだけど。
最後のフレーズはよく覚えている。

  明日 ここで会おう   毎日 ここで会おう

↑これが誉められて入選したらしいんだけど、これ実は毎日香のパクり。
入選したときは気まずいったらありゃしなかった。
けど、あたしは夕方をイメージしてこれを書いた。
毎日会える友達でも、夕方になって陽が暮れてばいばいするときは、ひどく寂しくなる。

あの日の子ども達の顔がふっと思い出される。
ぽかんとした、あの顔。
子どもは「さよなら」って意味を本当には知らないんだ。
あたしも、知らないまま通り抜けた道は今まで沢山あって。
知ったときは、信じられなかった。
「さよなら」がこんなに独りにさせるものだなんて、思わなかった。
彼女たちがそれを知るのはきっと、ずっと先のことだから。
最後まであたしは、あたしらしく頑張ろう。
[PR]
by yuu-siesta | 2005-02-27 23:49 | diary