半・社会人の取りとめもない雑記。


by yuu-siesta

じぶんがきらい。

何度も何度も、おんなじ迷路のおんなじ誤った道をぐるぐる回ってる自分がいた。

引きかえって、立ち止まって考えることも意外に道として無くはないのかもしれない、
と思って引き返そうとして。
そこにちょっとしたきらきらしたものがあるならば、と思ってんだけど。

でもダメだった。
雨がぜーぶんダメにしてった。

昔と変わらず会話して、「いいよ」って言われて、ちょっといい気になってた。
でもそこには明らかに気を使うあたしと彼がいた。

昔と変わらず、言葉にはしなくとも、ウザインダヨって信号をキャッチして悲しかった。

やっぱり引き返しちゃいけなかったのかな。

こうやって何度も同じこと繰り返してる自分がきらい。
こんな風になるつもりで、あの時決意したんじゃない。
こんな風になるんだったら、あの時もっとかっこ悪いことしておけばよかったのに。

雨だし、美容院にいって髪きろうと思って出かける。
いつも指名する美容師のにーちゃんは、いい加減で自分勝手だけど、好きだ。
笑えるから。
髪も切って、笑って、今日一日を終えられそうでよかった。
「メシ食ってくか?」って言われたけど、今日は家に帰ってちゃんといろんなこと整理しようと思って断った。

もう、なんだか、遠くへ行きたい。

安野モヨコの漫画のフレーズで「仕事が楽しければ、人生は楽園だ」ってのがあったけど。
今の私は、仕事が楽しいのに、楽園になってないってとこがすっごい悔しい。
自分の不器用ぶりに呆れる。

新しく何か、リセットするきっかけが欲しい。
前の自分を消したいわけじゃないんだけど、リスタートをきりたいんだ。

すべては今日、雨が降ったせいかな。
もし降らなかったら、好きな自分がここにいたかもしれないのに。
でもそうじゃなくって、いつでも自分を好きになれるような、そんなバイタリティが欲しい。

そんな日は、ずっと欲しかったCDを探しても探しても、どの店にも置いてないんだよね。
[PR]
by yuu-siesta | 2005-10-10 18:30 | diary