半・社会人の取りとめもない雑記。


by yuu-siesta

業績効果面接

賞与と言うとピンとこないけれど、「ボーナス」と言われたらピンとくる。
賞与に向けた業績効果面接が、この間行われました。

つまりは、ボーナスに反映される試験てところです。

とりあえず、私はまだ入社1年目ということで、目標らしい目標もあまりないし。
具体的な数字で何かを成し遂げるということはなかった。
けど、これと言ってヘマもしなかったし、会社にも仕事にも順応してきている、
という評価で、終わりました。
しかし、面接にかかった時間、1時間。
ながいよ・・・。

プレッシャーのかかった1時間でした。
「勝負は来年からだな」と。
これからは適正在庫も、発注管理も、私がメインになるものが増える。
学生と社会人の違うところ、それは責任を背負うこと。
正直、恐い。
ただでさえ数字苦手なのに、細かい作業とかダメなのにな。
来年の私は、どんな気持ちでこの面接に臨んでいるのかな。
出るのはため息ばかりなり。

そして振り込まれた賞与。
新人にはじゅうぶんすぎる額でした。
ありがとうございました。
来年は一層頑張ります。

その日の帰り、コンビニに寄って、
父に店で一番高いビールを、母に一番高いプリンを買った。
[PR]
by yuu-siesta | 2005-12-17 23:18 | diary