半・社会人の取りとめもない雑記。


by yuu-siesta

たたみかけられる

月曜、くもり。

今日はテレビ会議で課の全員が出払うから、あたしは島に一人お留守番。
一番気楽で仕事がはかどる素敵な時間。

けど、朝っぱらから事件は起きた。
司会進行であり、管理部門である、私の指導社員が出社しない。
会議の資料は、彼のパソコンの中。
慌てて彼のパソコンを開き、課長が作る。

何が起きてるの?

どたばたしながら、皆会議室へ向かった。
どうせ、またあの人体調悪くしたんだろーなーって思ってたら。
その人は突然、あたしの前にジーンズ姿で現れた。
生きても死んでもいないような表情で。

彼はそのままふっと消えた。

ホワイトボードに書かれた彼の次の出社日は、23日。



うそでしょ・・・


デリバリーどうすんの!?
あたしが全部やるの!?
まあほぼあたしが実務はやってきたけど、全品番あたしが見るの!?

どうしたらいいの。

嵐の予感。
ただの病欠ならいいけど。
インフルエンザらしいよ、ならいいけど。
いや、心の底ではどっかいっちゃえって、ほんの2%くらいは思ったけど。

明日から、どうしよっかな。

自由に仕事できるけど。
でも、どうしよっかな。
[PR]
by yuu-siesta | 2006-01-16 22:58 | diary