半・社会人の取りとめもない雑記。


by yuu-siesta

ファミリーも3回目なら!

あっという間に時は過ぎ、ファミリー販売も3回目を迎えました。

私の今回のシフトは、「搬入」。
商品を箱から出して、陳列するんですね。
お店つくりです。

こうなったらもう、私のバイト時代の血が騒ぎ出しちゃってさ!
だってめっちゃ本業じゃん!みたいな。
バッグと小物を全面的に任される。
私も成長したもんだー。
まあ、ラケットは難しいからな、色々。

バイトさんに指示出す。
順序は手際よく!ムダなく!
品がバランス良く出きったら、次は商品整理!
その中で、配色や量のバランスはかりながら、売り場をキレイに見せる!
これ基本!
バイトさんに概ね任せられるとこまで売り場が出来たら、次はディスプレイ作る!
どうやったらラケットバッグがカッコよく見えるか、
角度を変えてつるしたり、ラケット入れたりペットボトル入れたりしてリアルにする!

なかなかの出来栄え!

別部署の先輩に、「おまえ、現場向きだなー。転職すればー?」と言い放たれるが、
笑顔で「『たまに』だから、いいんです」と言い放つ。

搬入終了したので、打ち上げ。
先輩の面白い話に爆笑してたら、おなかをホントにつる。
それくらい笑えた。

この1週間、超悩んでたことがあって。
将来の私を左右することだから、私なりにすごく考えた。
けど、答えって出なかった。
結局私は、仕事に対して展望も目標も計画も、何もなかったんだよね。
今までもそうだったもん。
目標は常にあっても、それは私が設定したんじゃなくて、
外部の力によるもので。
だから、自分で答え出せなかったんだよね。
「自分で答えを出せなかった」が答えなんだ、って気づいた。
悔しいけど。
なんか色んなことがいっせいに降ってきて、
一人になった品川のホームで泣けてきて。
でも泣いたらヘンな女だからこらえた。

いっつもそうなんだよね、自分で舵をコントロールできないの。
けど、もうそれじゃダメなんだ。
あたしの人生はあたしのものじゃないか。
そう思ってまた、月曜から会社行くんだな。
誰かにやっぱり、風穴開けてほしいって思う自分は、まだまだ甘いって、知ってる。
[PR]
by yuu-siesta | 2006-04-15 22:52 | diary