半・社会人の取りとめもない雑記。


by yuu-siesta

stopping

「stop」って現在進行形で使われることって、あるよね?

水曜日、代休。

正直、ここんとこ疲れた。
別に何も起きていないのに、自分で自分崩してしまった。
自滅パターン。

高橋尚子が以前、何かの国際大会で優勝したときのインタビューで、
「やっと止まった時間が動き出しました」って言ってた。
あたしの時間は、もう長いこと動いてない。
いつから動いてないかも、もう忘れたくらいに、遠い。

生きてんのに、生きてる気がしないっていう都会ナイズされた感じとはちがう。
ただ、自分トラブル。
ずっと色褪せた世界を歩いて、
その道の途中には、決して鈍いとは言えない鮮やかなものにも出会えたけど。
やっぱり、リアルじゃなくって。

大人になるっていうことはそういうことなのか?と思うときもあった。
経験が重なって、すべてを真正面から受け入れるほどバカじゃなかったり。
でも、そういう私は、わりとバカな人間なんだけれど。
ただ、いろんな言い訳を出来るくらいの経験は、重なってしまったことは事実。

「おまえがここって決めた日だ」って言われてから、もう5年。
ごめん、あたし、まだ踏ん切りついてないや。
全部が嘘くさいよ。
ただあの時は違ったよ、本当に、ただ前だけ見てた。

明日からまた、嘘っぽい日々に向かって歩き出す。
どこまで歩けば、私は霧から出れる。
いつもそう思って、歩く。
目が覚めるたび、そう思う。


じゃあ、いっそもうどこかに消えようか。
っていうほどの度胸もないから、あたしはここにまだいるんだろな。
[PR]
by yuu-siesta | 2006-05-24 20:37 | diary