半・社会人の取りとめもない雑記。


by yuu-siesta

孵化のとき

どもども、かとうです。

いやー、いつの間にやら梅雨を通り越して、
夏が来る気配がしてますねー。

なんて風流なこと言ってらんないし。

後輩も出来たし、この下期から企画補佐もやることになったので、
セールスミーティング参戦。
こえーよ、だって私以外の約40人、みんな男だよ。
端っこの席を陣取り、ひっそりと参加しました。

今まで、断片的にしか見えてなかったことが、
ぐっと大きな枠で見えた気が、一瞬だけしました。

大きなことって、一人ではなし得ない。
かと言って、兵隊がたくさんいればいい、ってわけでもない。
機動力、共通理解、個々の判断。
私に欠けていたもの。
ひとつ発見。
でかかった~。

「今回から、加藤も企画に入ります」
まだなんもやってないのに、セールスに堂々と紹介される。
恐れおののき、立ち上がって挨拶する。
セールスは別に驚きもしない。
そりゃあそうだよな。
「企画」といえど、補佐でしょ、ってとこでした。

ところが、ミーティング後、質問にくるセールスの人。
ありがとうございます。
でも、ちゃんとわかってます。
まずは、物流をちゃんとすること。
誓います、決しておろそかにしません。

イマイチ、わかんない。
私が5月の昇級試験を受けなかったことを、上はどう受け止めていたのか。
「受けない」ことが私なりの、ある種意思表示であったことを、
知っていたはずなのに。
急な企画へのスライド。
わかるような、わからないような。

そんな矢先、指令は突然飛んでくる。
「エントリー、しておくか」
「はぁ・・・」
8月に九州出張決定。
ありえないから、マジで。

翌日、企画ミーティング急遽参加。

上が求めていることを確かに捉えないと、ダメんなる。
私の基礎は?原点は?

物流。

そう思いながら、今日も新商品のキャッチコピーを考えては、
書きなぐり、ボールペンでぐちゃぐちゃ消し返す、
この作業ばかりを繰り返している。

今年の夏は、忙しくなりそうです。
[PR]
by yuu-siesta | 2006-07-15 20:38 | diary