半・社会人の取りとめもない雑記。


by yuu-siesta

あなたがいるから

あたしってつくづくガキだと思う。
もう2年目だろって思って、
でも2年目だから、
パンクした。

出来るだけ、彼の期待に応えたい。
欲を言えば、彼の負担を軽くしたい。
すべては、彼が私へ与えてくれたもの・ことへの恩返しというか、
それに報いたいって一心で。
そう思っていただけなんだけれど。

カンがいいねって言われたい。
やっぱおまえだなって言われたい。

そんな独りよがりな考えはやめた。

それよりも、あたしが笑顔でいること。
そんなちっさなちっさなことが
今のあたしにはむつかしい。

でも、あなたがいるから、
私はここまでワガママに、
ここまで無茶に、
ここまで強気に、
ここまで笑顔で
やってこれたんだよね。
それなのに、これじゃ報われるどころの話じゃないよね。

3923

呼び出された内線番号で、すぐわかる。

ごめんなさい、心配かけて。
いつもいつも
ごめんなさい。
口に出したら、ひどく悪いことを彼にしているようで、
もう一度ごめんなさい。
[PR]
by yuu-siesta | 2006-10-24 21:28 | diary