半・社会人の取りとめもない雑記。


by yuu-siesta

不安定な邪念・土曜日編

土曜、昼に代々木公園に呼び出されてゆく。
友達に色々と相談。
あたし、なんて中学生じみたこと言ってるんだろうって思いながらも、
彼はよく最後まで聞いてくれたと思う。
晴れた代々木公園は最高にいい。
あのままうたた寝でもしてしまいたかった。

別れた後で、ひとりでいるのが急にさびしくなってしまい、
別の友達に電話をかけて池袋で落ち合う。
一緒にスーツ選び!★
初めて紳士服屋行ったー。
いつもスーツは百貨店で買ってしまうので、初でした。
男の人って大変だなーって思った。でも新鮮◎

その後、他の友達2人と合流してとりよし。
ほんとさ、なんだかいまさらだよね。笑
大学時代にもっと友達の輪を広げておけばよかったのに!
けど、これも悪くないなーって思って、
二次会カラオケ!
残念ながら「この世の限り」はしくじった!(>_<)
おかしいなぁ・・・歌えると思ったんだけどな。
まだまだチャレンジします。
友達が、男なのに石川さゆりとか古内東子とか。

そこで、古内東子の「誰より好きなのに」を聞いてじーんってなった。

やさしくされると切なくなる
冷たくされると泣きたくなる
この心はざわめくばかりで
追いかけられると逃げたくなる
背を向けられると不安になる
誰より好きなのに


あの頃この曲を聴いてたときはそんなに深く考えなかったのに、
今聴いてじーんてくるってことは、私もそれなりに年を重ねたんだなぁ。
あんまり経験は重なってないけれど。

さて、おひらきにしようかと思ったまさしくその時。
代々公友達から着信。

あたしの終電はあと30分で発車する。

オールしますか
彼を捨てますか

なんか、はじめから私の心は決まっていて、今日はもう終電逃してしまいたい気分だった。
だって、さびしいんだもの。

ダーツバーでオール。
友達の会社の後輩も来て、ダーツしてはしゃいで。
ああ、今だけだ、こんな楽しいのは。
なんだか落ち着かない、心が収まらない。
やっぱり私は誰にも優しくなれないし。
逆に言えば、誰にも優しくしてあげたい。
決定的なことを言えば、私は誰にとっても特別ではないのだ。
それに気がついて、急に気が遠くなった。

久々のオールはこたえたー。
しんどくて、始発電車で泥のように眠る。

家について、6時頃。
みんなが動き出す朝に、私はベッドの中にもぐりこんだ。

楽しかったけれど、これはつかの間の現実逃避な気がしてならなかった。
あたしには、この生活はきっとダメなのだろう。
でも、すべてが泡でも、やっぱり楽しかった。

ありがとう、よこちん、みやちん、あすか、さかいくん、おかなす。
[PR]
by yuu-siesta | 2007-03-04 21:32 | diary