半・社会人の取りとめもない雑記。


by yuu-siesta

07 Summer 7女河津旅行!!

何ヶ月も前から、計画してついに実現した7女河津旅行。

学生時代、マニュ女同期女子7人で、
毎年泊まった家、
毎年泳いだ海、
毎年肌を焦がした砂浜。

ここに、もう一度7人みんなで集まりたくて、
ワガママ有休とってしまいました。
まあ、労働者の権利です、上手く言えば!
b0059677_1013128.jpg


河津で雨に降られたことって、ない。
この3日間も、余すことなく晴れすぎでした。
暑くて、これぞ夏って感じを全身で浴びました。
水着のあともわざと作ってやる、って思ってました。

昼は海に浮かぶか、波にのまれるか。
あとは、砂浜で寝る。
ちゃんとホットケーキみたく、表も裏もバランス良く焦がす。
みんな、自由に本を読んだり、音楽聴いたり。
自由に行動することが、この7女の調和の基本。
b0059677_10164577.jpg


夜は、自炊。
スーパーで食材を買い込み、「こんなに食べれるの?」くらい作る。
ちゃんと、誰かが料理を始めたら、誰かが洗濯を始める。
周りの動きに合わせて、自分の役割を見出して、実行する。
これも、7女調和の基本。
b0059677_1020849.jpg


夜は、unoをやりながら、いつもの打ち明け話。
○○と付き合ってます、とか、実は彼氏と別れてました、とか。
学生時代はこの暴露話が最高にドキドキしたけど。
今年はついに、「結婚します」というネタが出ました。
そうだよね、もうそんな歳だよね。

あたしが小さな恋愛に一喜一憂している間にも、
みんな出会ったり別れたりしてて、
彼女たちの決断力をかっこいいな、って思った。
恋愛に限らず、ちゃんと選択して、ここまでたどり着いて、
将来の道も見据えている人たちを見ていると、
生き方は決して一通りではなく、もっと自由であるはずなのに、と思う。
あたしの島国っぽい感じが、なんだかやだけど、
それもまた、あたしの生き方なのかな。
だけど、みんな、あたしと同じように彷徨っている。
きっと、これからずっとそうなんだな、学生じゃなくなった証拠なんだな。

深夜、7人で砂浜で横になって、星を見る。
これは、いつものあたしの、ワガママ。
輪島の星空には全然かなわなかったけど、7人でこうして見れたことがすごく大事。
すごく幸せ。
輪島では、この星空を忘れないでいたいって思ったけど、
7女と見た星は、7女と一緒にいるこの時間は有限だけど、
これからも続いてゆくんだってことを忘れないでいたい、って思った。

ひとりひとり、仕事や、帰り先に合わせて、河津を去る。
今年は、あたしは、これで夏を終わりにするって決めていた。
気持ちを切り替えて、9月からの繁忙期に備える。
そのための、元気の充電備蓄。

この旅、実は7人揃ったのは卒業式ぶりだったくせに、
誰一人「ひさしぶり」って言わなかった。
自然と集まって、
はしゃいで、笑って、走って、泳いで、
じゃあまたね、ってさよならする。

私は、本当は思っていた、これで7人の海旅行は最後になる、ってことを。
けど、不思議と、寂しくない。
きっとまた何かしら会えるし、出来る。
離れても、いつも繋がっていることが、きっとこの3年出来ていたんだ。
この人たちと、仲間でよかった。
いつもいつも、ありがとう。

b0059677_10311829.jpg

[PR]
by yuu-siesta | 2007-08-27 10:31 | diary