半・社会人の取りとめもない雑記。


by yuu-siesta

熱闘ゴルフ

ついについに、私もゴルフをせざるを得なくなりました。

来月、初コンペなんです。

先輩のS見さんの住む高崎まで、同僚のトムに車に乗せてもらい、軽く旅に出てきました。
トムはなんと自宅5時発。
行きの車では高速乗りながらおにぎり食べたり、軽くハイキング気分でした。

しかし、高崎ゴルフは甘くなかった。

ショートコースという、普通のコースよりも距離が短く、
難易度も低い9ホールのコースを回ったのですが。

打つ、打ったらカートを持って移動する!
あ!でも後ろの組が打ってくる球見てないと危ないから、
周りに要注意!
って言いながら自分の球をおっかけ、
次のコースのスタート地点を見ながらカートを置く場所を考え、
あとは7番とピッチングウェッジとパターだけを持とう、
と考え、3本持ってまたダッシュ!
そして打ってる最中、「あれ、これ何打目?」と思ってカウンター(万歩計みたいなもの)をかちゃかちゃして。
自分がカップインしたら、はい次のコース!
ドライバーとティーを用意して。
あれ、ピッチングウッジがないぞ・・・
さっきのコースのグリーン上にほかしてきたーーー!!
すると後ろで周っていた夫婦が拾ってくれた・・・
その優しさにほろり・・・
っていう間もなく、「加藤!早く次打て!」
「あああああ、はい!あれ?これ何番で打てばいいですか!」


あああああああああああああああ

ゴルフがこんなにもアグレッシブなスポーツだとは。
しかも絶好のゴルフ日和!というより、灼熱の真夏日!!
暑すぎて、もー「死ぬ・・・」しか言えない。

結果、3回周り、計27ホール。
初めての女子にはわりとハードなゴルフでした。

1ラウンド目は、とにかく「周る」ということで必死。
2ラウンド目は、スタミナとモチベが切れてしまい、
もうどうでもいいなんでもいい、という気持ちで1ラウンド目以上に叩いてしまい。
3ラウンド目は、「毎回せめて7以下で回ろう」という数字設定をしたから、わりと楽しく「スポーツ」できた気がした。

その後、高崎でS見さん宅にお邪魔する。
トムとS見さんの愛娘・はるちゃんとお絵かき対決。
トムの絵が、ほんとリアル&グロテスクで笑えた・・・
あの人ほんとおかしい・・・
彼が書いた「スネオ」を見せられないことが残念だ。
写メとっとけばよかった。

みんなでもんじゃを食べにいった。
S見さん夫婦がほんとステキな夫婦で、共同作業も見事。
いいなーこんな夫婦!いいなーこんな家庭!
するとしっかり者のはるちゃんが、トムに「今度はお兄さんが焼いて」と。
トムと私でもんじゃを焼くが、もうどたばたしてさー。
最後にはるちゃんに、「まあ合格だね、見た目は微妙だけど」
といわれ、大爆笑でした。

帰りの関越で渋滞にハマってしまい、トムがかわいそう・・・
途中で休憩のためSAに降りたら、トイレで「ゆう!」と声をかけられる。
空耳か?と思ったら、なんと同期のばばちゃんがっ!
彼氏と温泉の帰りだそうな。
いいですな~。
私が炎天下でクラブを持って走り回っていた間、彼女は・・・
ふぅ。
4人で偶然ですねー、とひとしきりおしゃべりをして帰りました。

今回で、自分のやばさに気づきました。
あたし、ゴルフめっちゃめちゃセンスないわ。
ドライバーの方が得意なタイプと思っていたけど、
案外パターの方がよかったわ。
たった1回目にして課題がたくさん出来たので、
初コンペまでにあと2回くらいはコース周りたい!と思いました。
[PR]
by yuu-siesta | 2007-09-17 18:46 | diary