半・社会人の取りとめもない雑記。


by yuu-siesta

覚え書き

これは忘れないうちに書いておこう
っていうか、明日になって
気持ちがさめてしまいそうだから、
それでも、私が感じたこのことだけは
書き留めておこう。

毎週火曜10時は、8チャンのドラマ見ることが多かった。
だからガイアの夜明けとかって
あんまり見なかった。

たまたまぼーっと見てたら、I商社がLというブランドバッグを買収した話だった。
Lでのアメリカでのバッグの企画について、
やっていた。
私の中で芽生えたものは、腐った私の、
心の奥底で消えちゃうところだった
憧れへの再燃の小さな小さな火だった。

いつかは企画になりたい

加藤に企画をメインでやらせるつもりはない

いつからか、一度触れてしまった企画の端に、憧れを抱き
それをいつか出来るものだと思い、
それだけを目指して、大嫌いな物流業務をやってきたと思っていた。
いつか、企画になるため。
そう自分に何度も言い聞かせてきた。

最近では、自分の仕事に不満しかなくて、腐って、
ひとりで自分をダメにしていって。
それで周りを巻き添えにしていって。
最低な仕事をしていたと思う。

私の職群にその資格がなかったとしても、
私はやっぱり企画になりたい。
ものづくりをしたい、とか名義など何ひとつなくて、
ただ自分が考えたものや言葉や音楽や、そういう形となるものが、
人々の五感に触れることが、私の希望だったと思う。

Lのデザイナーがアメリカ人女性デザイナーが言っていた
「『kawaii』を私たちは理解しないといけないわ、
 今までやってきて、知らないことを知れてよかった。
 何が『kawaii』くて、何が『kawaii』lくないのか、知ることが大事だわ」
なんて前向きなんだろうって、心が響いた。

「バイヤーはすでに来年の春を見据えている」

という言葉で番組は締められた。

私は秋の企画ですら、全然ダメだ。
あたしの企画じゃなくても、アシでも本気でやらなきゃだめだ。
アシスタントでも、企画に触れられるなら本望なのだと
そう思えないとだめだ。

わがままばかり言って、自分の能力以下の仕事して、
でもほんとは自分のキャパはとっくに超えるところでテンパって。
私にアシなんていらない、ひとりでやりたいと
生意気に思いながら、ひどくばかな考えで仕事に臨んでいたから
私は腐ったんだ。

忘れたくない、私はこんなふうに仕事したいんじゃないんだ
お金のため、生きるためだけど
生きて働くことの出来る喜びを感じたい。

早くforecastを組んで、
入庫イレギュラーも一気に解消して、
在庫管理の新しいやり方をもう一度洗い出して、
ファミリー販売へ向けて出品リスト組んで、
派遣さんの業務理解度を確かめてから、もう一度業務分担を見直す。

それが終わったら、すぐにでも
バッグの他社ラインナップ表と、
自社現行モデルのデータ作成しよう。
それで、もう一度、さとみさんの前に出直そう。


本当にごめんなさい
[PR]
by yuu-siesta | 2008-03-25 23:18 | diary