半・社会人の取りとめもない雑記。


by yuu-siesta

25歳の加藤よ、さようなら

「25歳の加藤よ、さようなら」

誕生日前日の夜に、会社の先輩からもらったメールの
この一文で、一発でぐっと心を掴まれた。

前日の日は、ファミリー販売の搬入で、現場仕事。
帰りに五反田のおすし屋さんで先輩にごちそうしてもらいました。
今年は、ファミリー隊長(もうやりたくない)だったので
色々と意気込んでいたが、
超いい感じのペースで搬入を終えてほっとした。
けれど、やっぱりまだまだ。
ファミリーのことはまた別途書こう。

ずっと前から考えていたんだよね、
今年の誕生日はどうやって過ごそうか。
これといって予定もなく、残念ながら華金という。
けど、仲のいい仲間はみんなファミリー販売で、
私は自分で組んだシフトながら、本社だったし。苦笑

で、決めてた当初の誕生日構想は。

<予定>
いつもとは違うイケてるOLって格好(しかもスカート)で
出社して、6時でさっと定時退社して。
好物のコーヒー豆乳を買って帰って、
大好きな天海ゆうきの「Around40」を、
部屋でパックしながら、観る。


いろんな人に「サムすぎ」って言われた。


で、実際自分の中でイケてるOLの格好で出社(予定どおり)。
そんでもって、やっぱり予定どおり「どしたの?」と言われ。
「今日、誕生日なんで」とさらっと応えて、自己満足。
たまたま外ブラのアジアミーティングが重なっていたから、
日ごろの英語研修の成果を発揮すべく、英語で接客トライするも
惨敗。
けど、課長が気を利かせて、アジアのやつらとご飯食べにいこうと
誘ってくださる。
うーん、それもいいかな・・・
帰ってアラフォーか、国際的に過ごすか・・・

ところが。

6時直前で、フランスからの貨物のフライトスケジュールがわかってしまい、
急遽残業。

ありえねー。

結果、アラフォーにも間に合わず、
国際的にも過ごせず。

くたびれて帰宅して、なんと「アメトークスペシャル」の録画を見ながら
気づいたら寝ていました。

そんな26歳。

いろんな人にサムいって言われたし、
ありえないと言われたけど、
まあ・・・
もう終わっちゃったし・・・

けど、やっぱり気になったのは、先輩の
「25歳の加藤よ、さようなら」
の言葉だったなぁ。

部長から来たサプライズメールも素敵で、
かわいい後輩がくれたプレゼントも素敵で、
帰ったら親友から届いていた手紙とピアスも素敵で。

やっぱりあたしは幸せもんです。

26歳のあたしよ、こんにちは。
[PR]
by yuu-siesta | 2008-04-13 21:53 | diary