半・社会人の取りとめもない雑記。


by yuu-siesta

back to 地元

会社の後輩が、ハンドボールを今でもやっており、
都のリーグのパンフレットを見せてもらった。
そこに、地元で参加してもらってた小学生クラブのコーチたちの名前が
あるチーム発見。
主将は憧れのCさんでして。
うおー!と思って、Cさんへ1年ぶり?か、もしくはそれ以上ぶりに
メールしてみた。

返ってきた返信を見て、彼の変わらぬハンド愛に驚くとともに、
うちの地元でハンドが盛んになりつつあることに驚いた。
今度、全日本チームのエキシビションをうちの市のスポセンでやるそうな。
さらには、毎年数回、全国の小学生を集めた講習会を
うちの市のスポセンでやるそうな。
Cさんはのんきに「全日のエキシビションは俺が一応総括やってるんで
連絡ください」って。
どんだけバイタリティーあるの。

こりゃ、雨だからって家でぬくぬくしてる場合じゃないっ

小学生ハンドへ飛び入りで参加してまいりました。
みんないい人たちで、全然受け入れてくれまして。
久々に見る子供たちは、気づけばどんどん大きくなってました。
私が出会ったころ、ちびっこで低学年で、仕切らせてもらったチームの子たちは
いまや6年生。
自分は入社してからあんまり時の流れを感じてなかったけれど、
そこで改めて、あれから4年も経ってしまったことに気づきました。

大人の4年、子供の4年。
一緒の時間なのに、どうしてこんなにも時間の流れが違うのかしら。

「加藤さんがいる間に、フォーメーションやりますから」って言われ、
「え・・・マジで・・・」と。
想像つかないでもない展開に。
女子チームのディフェンス練習で、正45のオフェに入れてもらいました。

カラダが覚えてくれてるはずのこのスポーツだったけど、
やっぱりカラダの衰えには勝てませんね。
私は特に、頭でハンドやらないで、本能でやってたもんで。
コーチとか全然向いてなくて、なんにも教えてあげらんなくて。
一緒にプレーする中で、声出して動いたりすることで刺激することしか出来ない。
だから、出来るだけカラダの感覚が鈍くなるスピードを落とせるよう
努力しなきゃいけないなーって。
だから、これからもちゃんとハンドいこーっと。

やっぱりあたし、テニスよりハンドが好きです。

なんか最近、地元がアツいなーって思います。
中学から私立だったから、地元にあんまり友達いないし
思い出の場所もないもんで。
26年間過ごしてきたわりに、地元っこな感じないんだけど。
来月地元の野球チームのみんなと同窓会やったり、
地元のハンド行事に参加したり。

地元っていいなぁ

ああ、すでに腰が痛い・・・
若さは有限!
えいえいおー
[PR]
by yuu-siesta | 2008-05-31 23:08 | diary