半・社会人の取りとめもない雑記。


by yuu-siesta

カテゴリ:favorite now!!( 24 )

今、一番好きなドラマ。
一週間で一番楽しみにしてるのは、この番組です。

出来る女の代名詞ともいえる天海祐希が演じる敏腕女弁護士・間宮貴子。
いっつも不利な態勢から、最後は貴子が逆転ホームランを打つ話。
スカッとする!
それに泣けるし、あったかい気持ちになれるし、しかも笑える。
前作もよかったけど、今回はキャストに戸田恵子とかも加わってかなり熱い!

HANDSOME WOMANって、いい言葉よね。
ハンサムって男だけに表現する形容詞じゃないわ。
前に書いた女前ってのは、別にHANDSOMEとイコールってわけじゃないんだけど。
でも、HANDSOMEも一種の女前かと。

間宮貴子の、凛としてる姿がすごく好き。
尊敬しちゃう。
泣いて、困って、躓いて、でも前に進むっていう、
当たり前だけど、強くなきゃできないことの繰り返しが、すごくかっこいい。

仕事で行き詰まったときは、この録画を見て気分を晴らします!
ちなみに、この離婚弁護士はサントラもよい◎。
エンディングの星村麻衣ってのが、斬新でいいです。
星村麻衣、けっこう前から好きでした!
b0059677_95771.jpg

[PR]
by yuu-siesta | 2005-04-23 09:59 | favorite now!!

#13 恋のチカラ

b0059677_931120.jpg        「おまえといると楽しいんだ。
        おまえといると、
        美味しいものがより美味しく、
        面白いものがより面白く、
        2倍、2倍・・・って」
        (堤真一の台詞)

深津絵里と堤真一主演の、恋愛ドラマ。
30になってもキュートな深津が、ぶっきらぼうでまっすぐな男・堤に恋をして、最後は見事成就する、最高にハッピーエンドなラブストーリー。

これ見て、感動したー!
特にラストね!
恋っていいなぁ~って。
ヘンなラブストーリーより、こういうストレートな感じのやつがいいよ。
わかりやすくて、面白くて!
全編、すっごく面白かったです。
ただ、矢田亜希子がかわいそうだったなぁ。

途中で、深津が堤を好きになって苦しくなって、職場も住むところも変えるんだけど。
すごい女性だなあと思った。
あたしはそこまで深く恋することなんてあるかなぁ。

あと、冒頭に書いたけど、堤が深津に想いを伝えるときの台詞に感動しました。
そんなパートナーにめぐり合えたら幸せだなあって。
とにかく、恋したくなっちゃう傑作ドラマでした!
[PR]
by yuu-siesta | 2005-03-01 09:04 | favorite now!!

#12 カロリーメイト

b0059677_10234584.jpgバイト先のサロンに置いてあって、無償に食べたくなってしまって、最近買って食べている。
高校時代、夜食として食べてたなぁ。
なつかしい!
普通においしいから、おやつ気分で食べちゃう。
けど、カロリー摂取しちゃってますから!

ちなみに、好きな順に
1.チーズ味
2.ベジタブル味
3.チョコレート味
4.フルーツ味

昔は圧倒的にチーズが好きだったんだけど、今はベジタブルが抜く勢いです。
[PR]
by yuu-siesta | 2005-02-05 17:42 | favorite now!!

#11 救命病棟24時

b0059677_8345254.jpg私は月9より火9が好きである。
火曜日9時のフジテレビ。
たとえば、「踊る大捜査線」もそうだし、
「さよなら小津先生」もそうだし。
三谷幸喜の作品はほとんど火9だと思う。
そして、今やってるのは「救命病棟24時」。
初回見たけれど、やっぱ前作がよい。

2は、キャストがすごく好き。
キャラクターにぴったりで個性があって。
松雪泰子も超かっこいいし。
あと、エンディングのドリカムの「いつのまに」が大好き。
毎回毎回、泣きそうになって、そんでエンディングの曲でうわーって泣いちゃう。
作ってる側の思うツボにはまりまくりなんだけど、それも泣いてしまいます。

自分が入院経験が多いからかもしれないけど、病院モノはぐっときちゃう。
別に救命病棟にいたわけでもないから、隣の部屋の人が死んじゃう、なんてことはなかったんだけど。
病院暮らしって寂しいよな、って。
でも入院してると、ほんっといろんな患者さんがいる。
それが面白かったり、大変だったりするんだけどさー。
[PR]
by yuu-siesta | 2005-01-19 14:56 | favorite now!!

#10 ハウルの動く城

b0059677_22585261.jpg誇大表現並みの宣伝だった「ハウル」。
あんまり期待しない方がいいよ、という忠告のもと、見ました。
いや~、でもやっぱいいよ!
ジブリはいい!
発想はかなりいいけど、ストーリーが説明不足のまま
進むから、「え?え?」みたいな部分もあった。
けどキャラがどれもいいから、ナイスカバー。
そして何よりいいのは、やっぱサントラね。
久石譲の「人生のメリーゴーランド」にやられたよっ。
でもジブリももうネタが尽きてきた感は否めなくて、「これラピュタっぽい」とか、「これ千と千尋っぽい」とか、「なんかハリーポッターみたくない?」みたいな場面もあった。
要は、色んなものをつっこんでしまったなぁということね。

これを見て思ったことは、「たくましいばあさんになりたい」。
ソフィーは90歳のおばあちゃんなんだけど、ほんと前向きでタフ。
誰からも愛される理由がわかります。
私は50年後、あんな風に生きたい。

ジブリでは初のラブストーリーだったんだけど、素敵な恋です。
いやぁ、恋って人を強くするよね!
あんな風にハッピーエンドで終わるなんて意外でした。
つまり、ソフィーとハウルはラブラブということです。
まだ見てなかった人、ごめんなさい!
素敵な二人だよ。

そして話題のキムタクですが、結局めちゃめちゃかっこいい!!
ハウルのキャラ自体かっこいいんだけど、キムタクも男前だったよ。
ちょっと台詞の言い回しが「千と千尋」のハクに似てた気もしたけどね。
ジブリ万歳!!
[PR]
by yuu-siesta | 2005-01-11 22:58 | favorite now!!
別に、これ取り立ててブログに書くほどのことじゃなかったんだけどね。
お正月の特番で、お笑いコンビをボケと突っ込みバラバラにして、シャッフルコンビで戦うという、
ダウンタウン司会の番組がTBSでありました。

①宮迫(雨上がり)×天野(キャイーン)
②山口智充×上田(くりぃむ)
③ゴリ(ガレッジ)×亮(ロンブー)
④田中(ココリコ)×三村(さまぁ~ず)
⑤出川哲朗×淳(ロンブー)
⑥大竹(さまぁ~ず)×蛍ちゃん(雨上がり)
⑦ウド(キャイーン)×川ちゃん(ガレッジ)
⑧有田(くりぃむ)×遠藤(ココリコ)

以上の組み合わせで、優勝は④の田中・三村ペアでした。
お笑い好きというかTV好きにとってはたまらない企画だったけど、「意外に売れてる芸人って面白くないんだな」ってのが率直な感想。
確かに④は面白かったけど、私は①の宮迫がすっごい上手かったと思った。
あと、天才だと思ったのはウド。
川ちゃんとウドじゃ、やらない方がマシって思ってたけど、すっごい笑えた。
ウドちゃんは、生まれながらの芸人ですね。
一番面白くなかったのは、トリを務めた⑧。
やらない方がよかったね・・・。
そして、大穴だったのは⑥の大竹と蛍ちゃんコンビ。
ってか個人的に大竹が好きなだけなんだけどさ。

来年もやるんだろうか、たぶんやらない気がするなぁ。
最後に一言。
ダウンタウンって、何様。
[PR]
by yuu-siesta | 2005-01-07 10:40 | favorite now!!

#8 プライド

b0059677_21352574.jpg最近、再放送をDVDに録画して見ています。
キムタクと野島伸司で月9なんて、やってらんないよ、見ないよ。
って思って、当時は見てなかったんですけど。
これって実はめっちゃ面白いドラマだなぁと思って、最近とりこです。
体育会系的なノリがいい。
ハルみたいな男が実際にいたとして、惚れない女はいるのでしょうか。
あと、染五郎のちょっと行き過ぎなキャラもいい。
坂口憲二は、殻をやぶりきれていない感が残念。

私の中の名言集。

・妊娠したと嘘をついて金を巻き上げる学生サークルの女をひっぱたいた亜樹が一言。

               「女なら、出会いに運命求めなさいよ」

・容子がハルに諭すシーン。

         「優しい人が好きなんていう女の子に、優しい子はいないわ」

いやいやいや、名言多いよ。
最終回まで毎回見るぞ!
[PR]
by yuu-siesta | 2004-12-16 21:44 | favorite now!!
b0059677_23564173.jpgみんなヨン様ピ様と巷は騒いでいるが、そんなに彼らがかっこいいのか。
私は、彼らより周星馳(チャウ・シンチー)の方が100倍かっこいいと思う。
誰それ?って思ったな。
「少林サッカー」の演出・脚本・そして主役をつとめた台湾のスターです。
めっちゃかっこいいじゃん、スタイルも顔もよくって。
アクションもコメディもできて、ジョークも言えちゃうお茶目なところがさ。
気取ってないし、さわやかだし。
ヨン様に引けをとらない、あの笑顔!
雰囲気がある、っていう言葉が的確でしょうか。
結婚するんだったら、こんなチャーミングで頼もしい男性がいいなあと思う。
トータス松本然り。

彼は「カンフーハッスル」という映画の公開のため、また来日してました。
韓流ブームを吹き飛ばしてほしいね、周星馳に。
ヨン様に、追いつけ追い越せ周星馳☆★☆
[PR]
by yuu-siesta | 2004-11-29 23:57 | favorite now!!

#6 恩師のうた

部屋を整理していたら、ある絵葉書が出てきた。
コスモスの写真が表の、乱雑な字のはがき。

中学時代のハンドボール部の顧問から、去年もらったものだ。
原田先生という。
赤ら顔で、泉谷しげるのような気のいいおっさんだ。(あんな乱暴じゃないけど)
ひょうきんで、誰からも好かれる、永遠の青年。
職員会議で、真剣に「学校の中に川を作りたい」と発言したという伝説もある。

彼と私の出会いは劇的だった。
体育の担当だった先生の初めての授業の、点呼の最中。
「11番、加藤」
「はい」
「おまえ、ハンド部入らないか?」

唐突でみんな爆笑だったけど、私はその一言であっさりと入部した。
そして今もスポーツをやめれず、ここにいる。
そんな先生が定年退職をして、しばらく姿を消した。
その時、このはがきは届いた。
はがきには、原田先生お得意の詩が書かれていた。


            貴女のシュートがゴールの白赤の枠にカーンと当たる音が

                     今でも耳に残っている

                    あの日の光、カラスの歌、

              青木の大きな葉、かさかさと古葉が走ってゆく音

                      あの音も、この音も

                    グラウンドをかけめぐった音

                   もう一度あの音に会いたいです

                   あの音は 原田の中の 1ページ


原田先生に出会ったから、今の私がいる。
先生、お元気ですか。
[PR]
by yuu-siesta | 2004-11-24 23:28 | favorite now!!

#5 ピンポン

b0059677_2391062.jpg最近、テレビで放映されてまた私の中で熱が上がった。
★Books,etc.★で「ピンポン」のレビューを書いたが、それでは飽き足らない。
だから、もうちょっと拡張して書くことにした。




ストーリー自体は安直でチープな感じなのだが、登場人物と台詞がすごくいい。
ペコ、スマイル、アクマ、チャイナ、ドラゴン。
私は、ひいきすることなく、みんなが好きである。
個人的には、あまり表に出ることを望まないのに才能を持つスマイルが好きだったのだけど、今回見ていて、アクマにぐっときた。
アクマは卓球一筋で、卓球の名門校に入り死ぬほど練習を重ねてきた。
しかし、ある日スマイルに負けて、卓球を一度やめる。
その後、やくざに「どこ見て歩いてんだよ」と絡まれたときのアクマの言葉。

「どこ見て歩いたら誉めてくれんだよ」

その後、アクマは彼らをボコボコに殴って退学になる。
この気持ち、私は経験したことないが、なんとなくわかる気がする。
認められたい一心で続けてきたことを全否定されるという、ショック。
努力しても、結局は才ある者には勝てないという、事実を知る勇気。
アクマ、いい男だよね。

ああ、全ての男について書きたいくらい、彼らが好きだ。
そして、あのサントラはもっと好きだ。
最近、またよく聴いている。
[PR]
by yuu-siesta | 2004-11-18 23:19 | favorite now!!