半・社会人の取りとめもない雑記。


by yuu-siesta

カテゴリ:★Books,etc★( 31 )

「めがね」 <Movie>

b0059677_2252714.jpg「かもめ食堂」のスタッフによる作品。
5人の登場人物がみんな、めがね。
何もない、海だけの島で、「たそがれる」日々の物語。
それぞれのキャラクターに細かい説明はまったく無く、
ストーリーもまったくない。
けど、今まで見た邦画(アニメ以外)の中で、一番よかった。

音楽がとてもいい、「かもめ」よりいい。

あと、ひとつひとつのセリフが意味深。
それも「かもめ」よりいいところ。

私がこの映画で思い浮かべた言葉は、
「自由」と「健やか」。
全部のシーンに、この2つが絡んでる気がする。
自由でありたいし、健やかでありたいと思わされる。
「シンプルに生きること」、それってどういうこと?

「何が自由か、知っている」が映画のキャッチコピー。
知りたいもんだ。
[PR]
by yuu-siesta | 2008-09-05 22:58 | ★Books,etc★

「かもめ食堂」 <Movie>

b0059677_22473056.jpg小林聡美ともたいまさこと片桐はいりの
3人の女性がそれぞれの由でヘルシンキへ渡り出会い、
定食屋「かもめ食堂」で働く日々の物語。

特別、抑揚もないし、ストーリー性もないが、
ひとつひとつのシーンがいいと思う。
小林聡美がプールで泳ぐシーンは、
なぜああいうシーンを盛り込んだのだろ?って気になるけど
そういう細かいとこが結構すき。

一番好きなのは、小林聡美が片桐はいりに突然、
「明日シナモンロール作りましょうか!」と言い出すシーン。
あの脈絡の無さがたまんない。
サチエさん(小林聡美)のような女性に出会いたいもんだ。
ひとりでも生きていけるけど、ひとりにはならない人。

あと、ヘルシンキの街が素敵。
市場や、港や、緑の道。
いいねぇ、ノスタルジー。
[PR]
by yuu-siesta | 2008-09-05 22:51 | ★Books,etc★
b0059677_18391288.jpgたしか、よーこに勧められていた映画。
文庫では1冊だけ読んだ記憶があった。
試しに観てみたら、おもしろかったー。

NYの街とか、アンディが垢抜けてゆく様がよかった。
実際にはあんな鬼上司の元では働きたくないけど、
メリル・ストリープがやるから、あの女性はかっこいい。

できれば、努力家なのに日の目を見ない、
でも一番「普通の女性」に近いエミリーをもっと
featureしてほしかったな・・・と思いました。
サクセスストーリーの影にはいつも、
こういう人がいるんだよなぁ・・・って。

仕事で行き詰まってる女性には勧めませんね!
[PR]
by yuu-siesta | 2008-08-25 22:46 | ★Books,etc★

「ピーナッツ」 <Movie>

b0059677_20492841.jpgみたよー
内村監督映画、「ピーナッツ」。
内Pファンなら見ないとね。

ストーリー自体は全然普通なんですけど、
やっぱ内P見てたらたまんないキャスティング。
劇中の数々の隠し球もたまらんかったな~。

肝心なサントラも良かったです◎
ピアノの曲が好きだったな。

いいよね、いくつになっても、
夢中なことがあるってのは。
いつでも何かを追いかける大人になりたいと思いました。

何やろっかなー・・・
[PR]
by yuu-siesta | 2006-08-28 20:52 | ★Books,etc★
b0059677_18555958.jpg太田光がテレビで絶賛してたから読んでみた。
「これに賞をあげなかったら、日本の文学界はダメだ」って。

いやー、別に賞はあげなくてもいいと思うけど、
面白かった。
さらっと読めたしね。(通勤読本における重要性)

私にとって「アンリアル」なことがリアルに描かれてて、
それがよかったなー。興味深かった。
あと、もう一度初めから読み返したくなるとこね。
それもよかった。

けど、いかにも「劇団ひとりが書きました」って感じの文章だったよ。
この人、文章上手ね。
でも芸の端々にもそういうセンスがあるからね。
意外じゃなかったね。

でも、また書いてほしい。笑
[PR]
by yuu-siesta | 2006-04-02 19:00 | ★Books,etc★
b0059677_2126665.jpg会社の同期に超勧められて借りたDVD。
彼女はめちゃくちゃチャーリーファンらしく、
「貸すから是非見て!」というので見てみました。
まあ、私も見たいなーって思ってたんだけど。

いやー。。。アメリカって感じ。

ファンタジックな中にブラックユーモアがさ・・・
なんかもうハッピーなんだか、残酷なんだか・・・
音楽はすっごいよくて、それはよかったんだけど。
やっぱストーリーがね・・・イマイチっつーか、
ヒドいっつーか・・・
子どもをあんな風に描写しちゃいけないと思うのよね。。。

でも音楽はよかったです。
ウンパ・ルンパのダンスが最高!

でもね・・・

見た人、ぜひ感想お待ちしてます。
あなたはチャーリーをどう見ましたか?笑えた?
あたしは正直、笑えなかったぞ。

とか言いつつ、今の着メロは「Wonka's welcome song」です。笑
[PR]
by yuu-siesta | 2006-03-27 21:32 | ★Books,etc★
b0059677_2205332.jpgb0059677_221611.jpg
久々の映画館での映画鑑賞。
おもしろかったー、ほんと喜劇。
キャストばっかり豪華で中身はどうなの?って思ってたけど、中身もよかったぁ。
メッセージとしては、たぶん、
「言いたいヤツには言わせておけばいい。
 思ったとおりに生きればいい」
だった。
松たか子が言ってたよ、超かっこよかったよ。

色んな人が、色んな立場で色んな思いで生きていてさ。
笑えたし、せつなかったし、喜べたし。
とにかく喜怒哀楽のすべてが詰まってる感じ。
それでいて、見終わったらハッピーな気持ちになれる感じ。

たくさんいる役の中で、一番印象的だったのはYOU。
彼女が歌った「If My Friends Could See Me Now」はほんとキュート!
もう超かわいくってかわいくって・・・惚れました!

最後まで、「何が有頂天なんだろー」って思ってたんだけど。
結局よくわかんなかったなぁ。
とにかく、みんなが最後はハッピーになれたから有頂天なのかなぁ。
そこんとこ、三谷さんに教えてもらいたいよ。

沈んだ空気を抱え込んでる人、見にいくべし。
[PR]
by yuu-siesta | 2006-02-05 22:06 | ★Books,etc★
b0059677_12131716.jpg
私自信の形成に大きく関わるマンガ、「CIPHER」。
最近病床で読みふけりました。全12巻。
近所のお姉さんから、私が小学生くらいの時にもらいました。
小学生の頃は難しくてなんだかわからなかったんだけど、
歳と取るにつれ、読むと色んなことを感じ取ります。
そして気づけば、あたしサイファより年上になっちゃってたことに超ショックでした。。。

NYのワケアリ双子俳優の話。
「海外の文化にふれてみたいー」って思うようになったのはこのマンガを読んでからだな。
NYにはまだ行ったことないけど。
あと、宗教に興味を持つようになったのもこれを読んでからだなぁ。
日本ってなんで無宗教なのか、不思議に思うようになりました。

要は、2人で1人だった双子が、離れ離れになってから、やっと2人になれた、って感じ?
意味わかんないと思うけど、要は「個人てなんなんだろ」てことだな。
いやー、深すぎて書けない!
いいからとりあえず読んでください。

ちなみに、続編の「ALEXANDRITE」もかなりいい。
[PR]
by yuu-siesta | 2005-12-04 12:22 | ★Books,etc★
b0059677_03818.jpg大好きなさくらももこのエッセイ。
長すぎる通勤時間の暇つぶしに、
本を買って帰ることが多くなりました。
そこでふらっと買った本がこれ。
さくらももこの青春時代のエッセイ。
やっぱり超面白くって、電車の中でにやにやしちゃった。

思春期の女の子の、恋愛とか性に対する考え方がほんとリアルに書かれてて、
共感できたりできなかったり。
「こんなさくらももこも、大人になって結婚して、子ども産んだんだよねー」って思った。
私の中ではやはり、さくらももこ=小学3年生のまるちゃん、なのです。

「片思い」っていう章で、しびれるようなフレーズがありました。
さくらももこが、通りで男の子に一目惚れしちゃう話なんだけど。
『せめて信号機ぐらいに、彼の注意を引く存在になりたい』
なんてせつないんでしょう!
そして、なんて素敵な恋なんでしょう!
そうだよなぁ、恋したら、まずは相手の気を引くことから始まるもんなぁ。
って、圧倒的に恋できなくなった自分を痛感できました。

とりあえず、さらっと読めるから、通勤には超おすすめです◎
[PR]
by yuu-siesta | 2005-11-06 00:12 | ★Books,etc★
b0059677_6431014.jpgすごくよかった!!
ほんとよかった!!

私はあまり、外国の俳優に詳しくない。
でも、ヒュー・グラントは好きである。
テレビのCMで、ブリジットの続編が放映されることを知り、そこで初めてヒュー・グラントが出てることを知った。
だから、見てみた。

ブリジット・ジョーンズは、30代を過ぎた独身で、タバコ・お酒を大量に飲むし、
ぽっちゃり体型で、言葉遣いが悪くて・・・。
ん?杉田かおる???
いえいえ、それよかうんとキュートです。
男運のないブリジットは、自分に素直で不器用な女性。
しかし転機が訪れ、2人の男性の間で揺れる。
硬派な弁護士・マークと、軟派な上司・ダニエル。
ダニエルに裏切られたブリジットが、頑張るシーンが好き。
「男の本音」とか本をたくさん読んで、ワークアウトしまくって。
自分を磨く女性ってほんと見てて尊敬するし、ワクワクする。

最後、ダニエルに復縁を迫られるが、ブリジットは断る。
「やり直そう。君とダメならば、僕は誰ともダメだ」
そうヒュー・グラントに言われちゃったら、しかも自分が30代半ばなら間違いなくOKするのに!
ブリジットは、「そんな自信のない人に、これからの一生を賭けられない」。
かっこいい!!

これまた、サントラがよかった。
エンドロールもすごく良くて、でも転落人生を歩むヒュー・グラントに胸が痛みました。。。
早くセカンドステージが見たい!
今回は劇場で見ちゃおうかなぁ。
[PR]
by yuu-siesta | 2005-03-15 06:43 | ★Books,etc★