半・社会人の取りとめもない雑記。


by yuu-siesta

<   2004年 11月 ( 49 )   > この月の画像一覧

11/22(MON) 負け犬の素質

寝坊しながらも、学校へ。
図書館へ向かうが、イマイチすすまない。
構成にとらわれずぎて、何から書くべきか、何を書くべきか、迷っている。
しかしタイムリミットは近づいてきており、常に危機感。

7下。
後輩でにぎわっていて、ちょっと嬉しかった。
ヘタレの男が一匹。
まあ、そんなときもあるよね。

高校時代からの相方と、ランチ。
彼女と一緒に過ごす時間はいつも、「実りある時間」だと思う。
勉強になったり、刺激になったり、爆笑したり、安心できたり。
彼女が男だったら、絶対あたしはお嫁にいきたいし、あたしが男でも彼女を嫁にもらいたい。
「負け犬の遠吠え」の話。
彼女はこれをテーマに卒論を書いており、負け犬談義に花が咲いた。
私は知り合いの男の人に「あなたはお嫁にいっちゃいなさい」と言われたことがあるのだが、どうやら話していると、私にも負け犬の素質が若干あるようで。
彼女は負け犬になることを嫌っていたが、実は最も素質ある女のような気がした。

アルバイツ。
最近、仕事が楽で助かる。
あんまりお金にはならないけど、まあ今は仕方がないね。
めったにシフトがかぶらないミスター・フランフランと一緒に帰る。
気づいたんだけど、私の知り合いの中で、彼は最も「フェミニンな感じの男」だ。
KABA.ちゃんみたい、って意味では決してない。
でも、彼は一言で言うとフェミニンなのだ。
[PR]
by yuu-siesta | 2004-11-22 23:11 | diary
久々に寝坊気味で起床。
それでも八時半には起きました、もっと早寝早起きしたいんだ!

コーチミーティング。
大会参加の是非と、参加要項について。
めんどっちぃ。
ちょっと気が重くなって、帰宅。

ぼーっとしていたら、簡単に時間なんて過ぎてしまう。
手帳を見たら、ほんとやばくなってきたことに気づいた。
そろそろ尻に火が点くかもしれない。
ってか点けないと、間に合わない。
それでも結局、うだうだと悩む。
何があたしの心を曇らせているのか、日々わからなくなってゆく。
決してひとつのことではなくて、複数の原因が絡まってぐちゃぐちゃの糸みたくなってる。
すべてが晴れ晴れとしたのなら、私は突っ走れるのにな。
そのせいで卒論が進まないとは言えないけど、実際それもあるんだよ。

ああ、どうか神様。
あと一週間、私に時間をください。
そしたら、きちんと整理するのに。
今日は心が整理されないから、代わりに部屋を整理した。
そんな日もあるよね。
誰も「うん」とは言ってくれはしないだろうけど。
[PR]
by yuu-siesta | 2004-11-21 20:32 | diary
朝、街道をチャリで疾走。今日もハンド。
しかし、到着した瞬間、コーチから電話。
「グラウンドはコンディション悪いから、体育館へ移動しよう」
慌てて、生徒を連れて体育館へ。

コート作りをしていると、すばらしい出来事発生。
今日も低学年担当。
だんだん慣れてきて、コツもつかめてきた。
けど、今日は注意力が散漫していました、反省。
その後高学年をちょっと見て、練習終了。
そこで事件はおきた!
組み立て式ゴールの解体中に指をはさみ、大量出血。
気が気じゃなくなってしまいました・・・お母様方に感謝しています。

コーチ陣で食事。
うーん、男3人に混じって、ジャージ姿のあたし。
問題ですな。仕方ないんだけど。
みんなでハンド談義。熱い。
「ハンドやってるやつには2タイプいて、頭で考えてやってるヤツと、完全に感覚でやってるヤツ」
どきっとしました。
まあしかし、いまさらこんなにハンドについて考えるとは思いもしませんでした。
やっぱり縁は異なもの味なもの、ですね。

帰宅中、テンパり過ぎて、友達に電話。
その後、メールにて戦闘開始。
「年齢的に正常だよ」
そうっすか。
やっぱオトナの意見はちがいますね。
実際、今も戦闘中。
胃が痛い。
[PR]
by yuu-siesta | 2004-11-20 17:36 | diary

11/19(FRI) NO卒論 NO卒業

朝起きて、携帯を見て焦る。
ゆうべ寝ぼけて3件の着信に出ていた。あたしって恐い。

学校へ。図書館で勉強らしきことをするが、進まず。
その後後輩とランチ。
男のくせにしゃきっとしろよ、と言いながらも「恋で悩めるなんてうらやましいっすね」が本音。
結論はいつもわかってるのだけど、私の役目は常に彼の心を軽くすること。
だから堂々巡りも仕方なし。
しかし、彼の話を聞いてると自分の前の恋が思い出され、いとさみし。

久々ににぎわう7下で騒ぐ。
んー、これがいわゆるキャンパスライフの楽しみだなぁ。
その後図書館でまた勉強らしきことをし、友達と夕飯。
昼もパスタで、夜もパスタ。
あれ、恋しちゃったから、太っちゃいました?
おかしいなぁ・・・。
食欲は減っていなければらないはずなんです、はずなんです。
友達とまたもや恋話。
同じ境遇だからこれだけ話が盛り上がるのだよ、と言いつつ、私は結局彼女とおしゃべりすれば何でも話せるし、元気もでるし、笑顔になれるのだ。
ハリーポッターに激似のウエイトレスさんに心癒され、店を出る。

マツキヨでお買い物。
「Oh,Yes!!」と新しいお風呂で言ってみたいがため、ハーバルエッセンスを買った。
そして帰宅して、新しいお風呂!
なんとテレビがついていて、思わず「ハニカミ」を見てしまった。
そんな私ははにかむどころか、「Oh,Yes!!」さえ言えず、洗髪終了。
結局いい匂いはするんだけど、髪にはよくなさそうです。
Oh,no
b0059677_2336372.jpg

[PR]
by yuu-siesta | 2004-11-19 23:37 | diary

#5 ピンポン

b0059677_2391062.jpg最近、テレビで放映されてまた私の中で熱が上がった。
★Books,etc.★で「ピンポン」のレビューを書いたが、それでは飽き足らない。
だから、もうちょっと拡張して書くことにした。




ストーリー自体は安直でチープな感じなのだが、登場人物と台詞がすごくいい。
ペコ、スマイル、アクマ、チャイナ、ドラゴン。
私は、ひいきすることなく、みんなが好きである。
個人的には、あまり表に出ることを望まないのに才能を持つスマイルが好きだったのだけど、今回見ていて、アクマにぐっときた。
アクマは卓球一筋で、卓球の名門校に入り死ぬほど練習を重ねてきた。
しかし、ある日スマイルに負けて、卓球を一度やめる。
その後、やくざに「どこ見て歩いてんだよ」と絡まれたときのアクマの言葉。

「どこ見て歩いたら誉めてくれんだよ」

その後、アクマは彼らをボコボコに殴って退学になる。
この気持ち、私は経験したことないが、なんとなくわかる気がする。
認められたい一心で続けてきたことを全否定されるという、ショック。
努力しても、結局は才ある者には勝てないという、事実を知る勇気。
アクマ、いい男だよね。

ああ、全ての男について書きたいくらい、彼らが好きだ。
そして、あのサントラはもっと好きだ。
最近、またよく聴いている。
[PR]
by yuu-siesta | 2004-11-18 23:19 | favorite now!!

11/18(THU) cloudy

友達と、卒業式のための袴の下見にゆく。
下見のつもりが、結局予約。
色々着てみたが、どれも乗り気になれないのは、きっと自分に卒業する気がないからだ。
卒業できるか、できないか、ではない。
学生を終えるという事にいまいち実感が湧かない。

7下で後輩とおしゃべり。
若いっていいなぁと思ったりして、でも自分もわりと若いなと思ったりもした。
「ゆうさんに喋りたくなっちゃう気持ちがよくわかりますね」
これ以上の誉め言葉はないっすね。嬉しい嬉しい!

帰宅して、ハンドの練習へ。
今日は初めて一人で低学年を担当した。
低学年は、高学年より戒めることが難しい。
高学年は一発びびらせればいいんだけれど、低学年はそんな事3歩歩けば忘れる。
ちょっとクタクタになりつつ、任務終了。
高学年の6対6に混じる。
なんてゆうか、スペースとボールとゴールがあると、体が本能で動いてしまう・・・。
体が覚えてるだけではダメだと言いつつ、結局それまかせ。
反省しています、私の練習ではないのです、ないのです。
コーチなんて向いてないとぼやいていた日々が懐かしい。
そして、願っていたことは叶わず。
途中で、自分が何を願ってるのかもわからなくなり。
要は、現実が欲しいんだな、たぶん。
[PR]
by yuu-siesta | 2004-11-18 23:07 | diary
朝から図書館、パソ室へゆくが、結局何もせず。
サークルの友達を半ば強引に誘い、「味千ラーメン」を食べにゆく。
味千とはキャンパスのすぐ近くにあるラーメン屋で、熊本ラーメン。
私はいくら食べても飽きなくて、卒業するまでまだまだ行ってやる、って思っている。
友達から、半年遅れの誕生日プレゼントをいただく。
かわゆいピグレットのぬいぐるみクリスマスバージョン!
ありがとうありがとう♪
ディズニーランドには、実はミッキーがまさしく「ねずみ講」的に裏に存在するのではないか、という問いに答えてもらいました。

夕方、大学の友達を呼び出しておしゃべり。
みんな卒論が進まず、なかなか凹んでいる様子。
友達のカーゴパンツのヒザが擦り切れてて、大爆笑。

卒論インタビュー。
なかなかいい話を聞けたので、結構満足。
ある意味、仮説を裏切るような回答もあり、やっぱり自分サイズで物事を考えてはいけないと再確認。
必要なのは「傾聴力」ですね。
ところが、テープが調子悪くて(ってか腐ってて)撮れてなかった。ガン凹み。
まあ、頭の中にインプットできていることにして、終了。

その後サークルの友達とスタバでおしゃべり。
恋愛話がメイン。
名言、珍言続出で、しまいには私はリップクリームと乾電池を間違えるわで、大爆笑。
友人はヒートアップしすぎて、カップを机から落とした。
あんなに涙が出るほど笑ったのって、久しぶり。
やっぱ腹抱えて笑うって最高、って思った。
お互い「流されてもいいじゃない!ブレーキなんてかけんなよ!」って事で話がまとまる。
えーい、明日もがんばっちゃうぜ☆☆☆

夜、映画「ピンポン」がやっていて、大興奮。
これはまたどっかにレビューを書かなければ。
スマイル、最高。
b0059677_9143628.jpg

[PR]
by yuu-siesta | 2004-11-18 09:21 | diary
昨晩お風呂に入れなかったので、今朝おばあちゃんの家にお風呂に入りにゆく。
おばあちゃん家はあったかくて、りんごと柿をむいてくれました。
いいなぁ、こんなのんびりした時間。
なんか、せかせかしてる所と、こんなにゆっくり時間が流れてる所が同時に存在することが不思議に思えました。

帰宅して、市役所で勉強。
まったく進まないので、退散。
途中、駅前のパスタ屋でトマトカルボナーラを食べる。
おいしいなぁ。

アルバイツ。
ひたすら体を動かす。
頭を使う仕事より、体を使う方がうんとラクですな。
仕事後、就活で相談があると言われ、二人のバイト仲間とご飯。
結局、就活の話なんてせず、スポーツと恋愛の話。
片方の男はのんきな普通の男の子で、まあ標準だなって思う。
しかしもう一人は、うんざりする程考える男で、面倒だ。
だけど、それぐらい日常の中で頭をフル回転させている彼は、なかなかの男だ。
私なんてぼーっと22年生きてきたから。
でも彼は肝心の行動に移せてないらしい、あと話の軸がずれやすい。笑
でもいるよね、男でも女でも「考えるのが好き」な人。
そういう人って、疲れないみたいですね、考えることが。
[PR]
by yuu-siesta | 2004-11-16 23:48 | diary
4女ルームをはじめました。
これから、どのようにしようかまだ決めてません。
まだしばらく考えます。
書いてほしくないことが明記されているのを見つけた方は、速やかに私の携帯に連絡のこと。
消します。

業務連絡
私の名言を募集します。
「4女とは」で皆さんの名言を書きましたが、さすがに自分の名言なんて思い当たりませんでした。
なので、みなさんからご意見いただきたいです。
採用された方のみ、「4女とは」にアップします。
その方の名前も載せましょう。
複数回答、もちろん可です。
ってかそんなに名言残してないけど・・・

業務連絡
安藤さんはこのブログ、見てるんででょうか。
[PR]
by yuu-siesta | 2004-11-16 17:27
b0059677_1764910.jpg最近、卒論が進まない言い訳が出来た「リフォーム」である。
うち、お風呂をリフォームすることになり、
朝から晩まで、
どっかんどっかん

うるさい・・・

そしてなんということでしょう
私の部屋は風呂場の真上・・・
つまり机に向かっていると、
下からどっかんどっかん
突き上げられてくる感じなのです
音楽を気晴らしにかけても、
ちっとも聴こえやしません

水も止まったので、お風呂はおろか
トイレもできません
しかし、中越地震が起きた今
新潟の人々はがんばっていると痛感しました
私はトイレやお風呂が無いくらいで
わがままを言ったり不便だと言ったり
してはいけないんですね
忍耐忍耐
[PR]
by yuu-siesta | 2004-11-15 17:04 | diary