半・社会人の取りとめもない雑記。


by yuu-siesta

<   2004年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧

12/30(THU) 5ヵ年計画?

今日は大会2日目。
ところが、あっけなく発熱でKO。
「すいません、いけません」
高学年女子のことを思うと、なんとしても行かなきゃだったのに。

寝る。
頭痛と熱はおさまったけど、喉痛だけはいまだに・・・。
これは風邪じゃなくて、昨日のせいだね。
気になって、気になって、メール。
着信履歴にドキっとした。
ほっといたら、メールがきた。b0059677_2335892.jpg
すべてをぶちまける。
長いメールが返ってくる。
あたしのもやもやはおさまった。
でも、新たなもやもや。

やっぱり、直感て結構大事にしていいのかもしれない。
これは5ヵ年計画でもいいのかもしれない。
5年かけて成し得たいなんて、一番初めに言い出した友人はすごい。
もちろん本気でそんなこと思ってるわけじゃないけど、その価値はあるのかもしれないと打診。
ちなみにこれはあたしの風邪の元となった、
中央大学のさむ~い雪景色。
[PR]
by yuu-siesta | 2004-12-30 23:36 | diary

12/29(WED) 雪の読売旗

b0059677_2326396.jpg朝5時に起きて、小学生ハンドボール大会の引率。
今回は諸事情により、低学年チームを任される。
やっかいだなぁと思ってる、そんな日に限って、雪は降る。
電車・モノレールを乗り継いで、大会会場である中央大学へ。
いやはや、もうここまでくると遠足。

まずは、低学年の記念すべき初戦。
いや~ハンドボールってなんなの?って相手チームが考えちゃうような感じ!!
コートの中をある意味自在に動きまわっちゃうちびっこに、胸がスカっとした。
だって、みんなすっごく楽しそうなんだもん♪
結果は大差で負けた。
おまけに、一番最後に、泣き虫の小2の女子がゴールキーパーやって、顔面にシュートくらって泣き出しちゃって!
審判があやしてました。

高学年女子の試合。
一応、ベンチに入る。
コーチがぶちきれて、結果負け。
そこで問題は起きた。
コーチがもう高学年女子は見ないと言い出し、あたしとチェンジと言い出した。
ふざけんなの「ふ」まで喉から出かかったけど、思いとどまる。
女子を突き放し、無視し続けるコーチ。
もちろん、そういうやり方はアリだけど、段取りってものがある。

女子を集めて、気合を入れる。
一人一人に課題を出し、一人一人にディフェンス練をかける。
結局30回以上あたしが攻めて、一番くたくたになってた。
「これ、試合中にやらなかったらぶっ飛ばすよ」
「加藤コーチって元ヤン?」
・・・この際、なんだっていい。・・・よくないけど。

高学年女子の試合。
コーチはベンチにも入らず。遠くで座って見てた。
見てろよ、そこで。
気持ちいいくらい、頑張ってる女子。
あたしが言った以上に、積極的に守って攻めて。
「勝てるかもしれない」
そう思った。
ハンドを初めて間もない彼女達は、いつの間にか体でハンドを覚えてた。
シュートが決まる、ディフェンスがとまる。
笑顔。
ずっと、あたしが見たかったものは、それ。
あたしはベンチから、彼女たちに腕で大きく円を描いた。

試合終了、6-8で初めての「惜敗」。
後半に戦術を変えられ、エースを抑えられてしまった。
なんと、彼女たちは試合後に泣いた。
びっくりした。
あたしは胸が熱くなった。

帰る途中、激しい頭痛とともに、あたしがやらかした罪に気づいた。
どう軌道修正したらいいのだろう、子どもはすぐに忘れてくれるだろうか。
女の子は、意外に根に持つことをよく知ってる。
帰宅後、メール。
うるさい。
なんと言われても、あたしは彼女たちの笑顔のために、自分の笑顔のためにやってる。
あなたのためなんかじゃない。
頭痛が発熱に変わった。
倒れこむように、寝る。
[PR]
by yuu-siesta | 2004-12-30 23:22 | diary
今日は昼からバイト。
行ったらレジに長蛇の列が。売り場も崩壊気味で、ショック。
そして、シフトを見て真っ青。
ずーっと補正。
落ち着け、できるはずだ。
今日はだいぶ調子がよかったから、順調に縫いまくった。
ミシンは友達。
途中で、そう心がけるようにした。
こういうのって大事だなぁ。
休憩がかぶった社員の男とおしゃべり。
彼はスマトラ沖地震が起きたことを知らなかった。
珍しく今日はメガネだった彼に、「そのメガネは伊達だね」といったら、大爆笑された。
いやいや、笑ってる場合じゃないよ、新聞読みなさいよ。
休憩あがって、またミシン。

バイト後、帰宅。一人で夕飯。
夕食後、突然思い立って大切にしていた指輪を、指輪磨きで磨いてみた。
新品だった頃のように、ぴかぴかになった。
はめてみた。
大事なものは、なんだったのだろうか。
大事なものは、いつも形に残らない。
[PR]
by yuu-siesta | 2004-12-28 23:52 | diary

12/27(MON) かちーん

ハンド。
もうイライラも出ない、あきれてモノもいえません。
ハンドに行く前に、一番仲のいいコーチからメールがきてた。
それがなかったら、私は怒り爆発してた。
あっちゃん、さんきゅ。

低学年にゼッケンを配る。
かわいい双子が私の住所を聞いてきた。
年賀状くれるんだって。
嬉しいねぇ。かわいいねぇ。

その後、高学年の練習。
もうやってらんねーよと思ったけど、高学年女子が楽しいから救われました。

帰宅して、「天空の城ラピュタ」を見る。
ジブリって、どうして何度見ても飽きないんだろうかね。
パズーが塔の上にいるシータをかっさらうシーンでしびれた。
のろのろ部屋に戻って、ML作成。
これから部屋の片付けをする。
[PR]
by yuu-siesta | 2004-12-27 18:14 | diary

クンポー会!!(12/26)

ひっさびさの4女会。楽しかった!
まずは、安藤の遅刻というありきたりなスタート。
そしてフロントで働く、社員・米内の凛々しい姿に一同感激!
その次はもちろん、「やまと探し」が始まった。
みんなメニュー片手にきょろきょろ。
「あれじゃない?」「あれじゃない?」を連発し、ついにどぅの頼んだ「樽生」でヒット!
いや~、かっこいいね!

しかし、私たちは困った。
「こんな高級感のある店で、プレゼント交換なんて場違い・・・しかもプレゼントは上限500円だし・・・」
こっそりあみだで円満解決。

さて、「クンポー(タイ語で海老・蟹)」に来たのに、シーフードを食べられない幹事・佐野。
ちょっとせつなかったりもした。
そんなこともありつつ、ガンガンオーダーする4女。
お通しからデザートまで、金に糸目はつけなかった。
だって「今日は贅沢」が合言葉。

最後に、お勘定。
チェックをまりこがもってきた。
その金額に、一同「ええぇぇぇぇぇぇぇ!!!」
安い!安すぎ!これじゃ逆ボッタクリだよ!!
そこで出ました、今日のまりこの名言。
「なに、このテレビショッピング」
まりこさん、笑いもとれて、仕事もできるなんて、すごいっすね・・・。
今日でまりこの実年齢が2歳上がった。

おなかいっぱい食べて、お酒も飲んで、贅沢三昧やって、大満足!
もう感動だよ・・・まりこよ、ありがとう!

☆今日の4女☆(まりこだけ意味わかんないと思う、ごめん)

1位:クンポーにいる間中、ずっと暗かったよも。でもロッテリアではフォンダンショコラを食
   べちゃってたよも。

2位:クンポーに黒のスウェットで来ちゃったどぅ。

3位:いまさら「今まで4男と付き合ってた人、いません?」とか聞き出したM。

それでは皆さん、よいお年を!
[PR]
by yuu-siesta | 2004-12-27 18:06

12/26(SUN) 元気の源

今日は久々の4女会。
ある4女の働くちょっと高級なダイニング・バーで食事。

プレゼント交換が予定されていたので、友達と合流して買いにいく。
そしたら、ロフトで4女二人と鉢合わせ。
みんなロフトかい。

女6人で、食べまくり、飲みまくり。
働いてる4女は、とってもかっこよかった。
本当にしっかりモノなんだなぁって。

たくさん騒いで、私は再確認しました。
やっぱり、ここが私の元気の源なんだなと。
希望ってこういうことから生まれるものでしょ。と。
あたしって、幸せ者。

帰宅してお風呂入ってたら、女友達からメール。
え!?
こんなフットワーク軽くていいのかなぁ。。。
[PR]
by yuu-siesta | 2004-12-27 17:20 | diary
クリスマスなのに、ハンド練。
イライラがとまらない。
なんてことなんだい、ほんとに。
自分の感情の起伏にも問題はあるけれど、私だけのせいじゃないでしょ。

練習後、子どもたちのお母さんがケーキを用意してくれていて、食べる。
こんなクリスマスも、まあありっちゃありですね。

同年代のコーチと長話。
やっぱそんな風に思ってたんか。
そりゃいつか破綻するね。
あまり深入りしない方がいいってことを再確認したと同時に、自分のスタンスを見つめなおした方がよいと思った。
うまく逃げ道を作るのは悪い癖だと知っておきながら、そうしてしまう。
でも私では負いきれないことなら、それは可であると思う。

「希望ってなに?」
そう聞かれて、答えられなかった。
今のあたしには、希望はないんだろうかと。
そうなのか?って考えて。
テレビ見て。
布団に入って、気づいたから、メールで答える。
希望は常にあったよ。
[PR]
by yuu-siesta | 2004-12-26 11:14 | diary

12/24(FRI) サンキュ。

朝、もやもやは消えない。でも、元気。
突然思い立って、美容院に電話。
なんとか予約を入れることができ、家を出る。
「とりあえず、短くしちゃってください」
美容師さんも、言われるままに切りまくる。
足元に、たくさん髪の毛が落ちていった。
袴とか、そんなんもういいや。
あたしはあたしだし。
「すっきりしたでしょ」といわれ、なんか心を見透かされてる感じがした。

バイト。
みんなに髪切った、髪切った、男前、と言われる。
うるさい。
やっぱあたしは、なんか動いてなくちゃ気のすまない質みたい。
休憩。
携帯を見たら、一通友達からのメール。
泣きそうになったけど、すぐににんまり笑顔になるようなメールで。
ほんとあたしって、一人じゃ生きてかれない。
いつも救われてる。
みんなそうなのかなぁ。

バイト後、半ば強引にご飯へ連れていかされる。
さびれた定食屋に、若い衆が6人。
チキンを食べてるやつがいて、「クリスマスっぽくていい!」と絶賛。
みんなで騒いだ。
うん、こんなクリスマス、悪くないね。

真夜中、自転車で帰る。
電気の消えた家を通るたび、「この家の中でたった今サンタがプレゼント置いてるかもしれない」って思うと、たまらない気持ちになった。
そういうのってやっぱり素敵なことで、幸せなんだなぁって。
あたしもできるなら将来、サンタになりたい。
[PR]
by yuu-siesta | 2004-12-25 01:17 | diary

12/23(THU) Xデー

久々のハンド練。
有名な大学生プレーヤーが来ていて、ちょっと感動。
話してみたら、おっとりした普通の人だった。
今日は低学年担当。
最近は、低学年の方がまとめやすいし教えやすい。

練習後、おじさま・おにいさま方と飲みにいくことに。
その途中、狙いすました計画はばっちり成功。
そのわりに、嬉しくも楽しくもなし。
あれ?
飲み会の最中、知りたかったことは、簡単に知れた。
それでも、あたしは普通。
あれ?あれ?

帰宅して、もうなんだかわかんなくなって、フテ寝。
起きて、もやもやが消えなくて、やけに冴えてきて、友達に電話。
毎度ごめんなさい。
勇気を振り絞って、メール。
BINGO。
「もう寝なさい」
はい、今夜はおとなしく寝るとしよう。
お気に入りのシャンプーで髪を洗い、お気に入りの入浴剤のお風呂につかる。
考えたくない、考えない。
部屋に戻って、適当にそこらへんに落ちてたMDをかけて寝る。
そしたら、ノーナリーブス。
「吹き飛ばしてよDJ」
ほんと吹き飛ばして、あたしごと。
[PR]
by yuu-siesta | 2004-12-24 11:34 | diary

12/22(WED) これが最後の

レディース会という、サークルの女子後輩が女子先輩におつかれさまでした、という会が今年も行われた。
その会の前に、友達と待ち合わせて新宿でお茶。
オール明けのせいか、休日の気がして仕方なかった。
新宿って、人とモノであふれている。
あらゆるものが新宿にはあって、でもおだやかなものがなくって。
あんまり好きにはなれない街。
デパートの屋上のおしゃれなカフェでお茶。
話してたら、陽が暮れちゃった。

今年は新宿のビル50階で行われ、夜景に感激☆
初めてのレディース会から、もう3年も経つんだ。
そして、今年が最後なんだ。
歳をとった気が全然してないのにな。

終了後、池袋のベローチェで、友達とお茶。
ああ、ずっとこの友達とぐうたらしていたい。
時よ、止まれ。
[PR]
by yuu-siesta | 2004-12-24 11:27 | diary