半・社会人の取りとめもない雑記。


by yuu-siesta

<   2005年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

非・恋愛体質

最近、びっくりするような一直線の恋を目の当たりにして、腰が抜けた。
ええええぇぇぇぇぇ、って。
とりあえず、ブログ上で言うのもなんですが、あなた凄いわ。

私といえば、もう丸2年も好きな人いません。
彼氏いない歴=好きな人いない歴=2年だよ?
超問題あると思う。

ほんと、恋愛に関してのろま。
たまに、「このままじゃまずい!」って自分を駆り立てるも、
「まあ、いっか」ってすぐなってるか、忘れてしまってるか。どっちか。

会社の同期の友達は、定時で切り上げて合コンいってた。
その間、あたしは9時まで残業して、必死で輸入諸掛計算してた。

あたしの方がかっこいい女ですからー!!!

って、完全に負け惜しみ。

あたしだってさぁ、そりゃ恋したいよ?
でも出来ないってゆうか、そんな浮いちゃうような感じもまるでないんだもん。
でもでも、今恋愛して一喜一憂してたら、仕事に支障出るに違いないし。
って思ってる自分、アウトだよなー。

けど、きっと本気で好きな人できたら、毎日楽しいんだろうなー。
って思って、密かに期待してるけど何にもしない自分。
あたし、完全に非・恋愛体質です。

同じ症状の人、コメント待ってます。
もしくは恋愛諸先輩方、アドバイス待ってます。
[PR]
by yuu-siesta | 2005-05-28 13:08 | thinking about...

自分に○をあげること

ごぶさたしてます、ゆうです。
皆様にご心配おかけしましてすいません。
生きてまーす。

とりあえず、食事をまったくとらず、りんごジュースと少量の果物だけで、丸3日を過ごしました。
それでもお仕事はちゃんとしました。
いやー、しんどかった!
けど、人間て案外強いね、ご飯食べなくても3日くらいは普通に頑張れるらしい。
って、自慢になってないね。
周りの人に「食べなさい」ってどれだけ怒られたことか・・・
ごめんなさい。
今はちゃんと食べれるようになりましたー。

あっという間に一週間過ぎ去りました。
月曜は、初テニス★
試打ラケット、シューズ、ウェアももらえて、ラッキー♪
高校の体育以来やってなかったテニス、おもろかったー。
用品課のおにーさんにマンツーで特訓してもらいました。
しかし、断食2日目だったので、超へろへろ・・・。情けなし!
楽しかったからいっかー。
最後はテニス課の先輩と組んで、試合。
テニスでもダイブを披露して、喝采を浴びました。笑
「テニスでとぶやつ、初めて見た」らしいです。

引継ぎの人が辞めたので、本当に紅一点になりました。
それはそれで、スムーズに行く事もあるし。
知らない人たちにたくさん声かけられる。
「大変だよね、がんばって!」とか、「だいじょうぶ?」とか。
おかげでいろんな人と知り合いになれて、嬉しい。

今週は月末ということもあって、ばったばた。
テンパりながらも、なかなか頑張ってるよね、あたし。
今週は自分に○をあげましょう。
よく頑張りました。

来週は、オーダーも沢山するし、シッピングした荷物を通関通す手配もあrし。
おまけに月末なので、伝票切ります!
切りまくります!
山場は輸入諸掛を切ること!
頑張れあたし!!!!!!!!!!
[PR]
by yuu-siesta | 2005-05-28 12:55 | diary

躓く、泣く、もがく

ひっさびさに、気づかないうちにしんどくなってた。
こういうのって、だいたい意識的に辛くなるものだと思うけど。
無意識のうちに、心身ともにやられてました。

初めて、会社を休みました。
自分のキャパシティをとっくに超える量詰め込まれて、
しかももうすぐ指導してくれてる女の人はやめちゃう。
気づけば、自分はプレッシャーとストレスで、ご飯食べることはおろか、
飲むことすら出来なくなって。
そして、脱水症状。

こうならないように、自分でも細心の注意を払ってたつもりだったんだけどな・・・。
いろんな課の知らない人達に、「あの子だいじょうぶ?」って聞かれる。
だいじょうぶじゃないよ。
こんなの、出来るわけないよ。
物覚えも、そんなにいいほうじゃないよ。
それに、プレッシャーには人一倍弱いほうだよ。

どうしようもない中で、一人の女の人が私を泣かせてくれた。
そしたら、胃がちょっとよくなった。
泣いて、泣いて、泣いて。
「あなたは誰より頑張ってるわよ」
って一言に、もう泣けて、泣けて。
私は未熟なことに、誰かに頑張ってることを認めてほしかったらしい。

でも、まだまだ頑張りが足りないことも知っているし、
このくらいで躓いてたら、この先死んじゃうってことも知ってる。

休んだ日、課の人たちからメールがきた。
みんな、ガンガン仕事投げかけてくるくせに、実は心配してくれてるんだ。
ごめんなさい。

私に色々教えてくれた女の人は、辞めていった。
私は一生、あなたのことを忘れません。
最初で最後の、私の指導社員です。
ありがとうございました。
あなたの期待にこたえられるような、心臓に毛のはえた強い女になれるよう、がんばります。
たくさん泣かせてくれて、ありがとう。
[PR]
by yuu-siesta | 2005-05-22 10:50 | diary

若さの落とし穴

Young is so beautiful, itself !!

ってよく言いますよね。
微妙に言葉違うかもしれないけど。
でも、若いって、恐いことです。

会社に入って初めて、若さがアドバンテージだと感じました。
やっぱり若いだけでちやほやされたり、フレッシュさを売りにできる。
私は特に、結構ハードで、しかも男だけの部署に配属されたから、
知らない人にまで、「がんばれよ」って励ましてもらえる。

だけど。

若さなんて、すぐ消えちゃうんだから。
フレッシュさなんて、すぐ失ってしまうんだから。
「女は25過ぎてから、差が出る」
私と入れ替わりで辞める派遣社員の人が、いつもそういう。
言葉遣い、マナー、基本動作。
全てにおいて、「若いから、許される」なんてことはありえない。
親しい仲にも、くどいくらいの敬語を私は使わされています。

時に、「うぅ」って思うこともあります。
こんな細かく注意しなくたって・・・って。
でも、私が25を過ぎて、どうしようもない女にならないため。

もちろん、今は若さとフレッシュさを利用しない手はありません。
けど、水面下では、基礎を築こうと必死なんです。
すべては、3年後の自分のために。

よろしくご査収の程、よろしくお願いいたします。

こんな言葉使っちゃう自分が恐いけれど、日々邁進。
[PR]
by yuu-siesta | 2005-05-18 22:31 | thinking about...

わがまま

最近、自分がとてもわがままだと思う。

念願のスポーツ業界の仕事に就けて。
しかも、希望だった、英語を使った仕事も出来て。
周りはいい人たちで。
おまけに、お金もらえる。

なのに、どうして不満や辛さが出てくるのだろう。

今、結構仕事は楽しい。
いやじゃない。
でも、不満は多少あるし、しんどいなぁと思うこともある。
あたし、今すごい素敵な仕事人だわ!
って思えるようになりたい。

あと、仕事に慣れたくない。
常に、「へー」って思えるような、そんなフレッシュさを持ちたい。

それで、達成感を持つことができたら、いいのにな。

なーんて。
どこまで甘い人間なのかしら。

でも、そうありたい。
[PR]
by yuu-siesta | 2005-05-18 21:52 | thinking about...

Thai Festival

今年も、この季節がやってまいりました、タイフェスティバル。
代々木公園で、タイの食べ物やら、雑貨やら、露店がにぎわい、
タイのミュージシャンとかが来て、つまりは、タイのお祭り@原宿って感じ?
毎年、母親の手伝いで、売り子をしています。

今年は社会人だし、5月ってちょうど疲れも出始める頃だから、やらないだろうって思ってたけど。
せっかくのビーチアルテにも、仕事で参加できなかったので、タイフェスに参加。
売り子をやりました。

うちのお店は、雑貨を売る。
アジアンちっくな服とか、小物とか。
結構楽しいんです♪
私はアパレル担当になったため、サンダル・バッグ・衣類の販売促進に専念。
配置を変えたり、自分自身が売り物を来て、ディスプレイになったりして。
売れそうなものは、前に出す。
数が減ったら、限定!ってタグをでかでかと表示して、売り切る。
そしたら、次の目玉商品を出す。
売れなさそうなものは、他の商品とコーディネートすることで、好感を持たせる。
とりあえず、モノを人の目にとまらせること。

販売促進って、面白い。
どうやったら、ものが売れるかを考えるって、要はお客の心になってみる、ってこと。
どうしたら、お客と商品が出会えるかを、考えること。
会社で働いてると、そういうことを忘れがち。
でも、基本はやっぱり、物販に立ってみることだなぁと思うのです。

お客さんが、買ってくれると嬉しい。
たくさんの人に、この日一日で出会いました。
たぶん、きっと今日も自分の好きな自分に出会えた気がします。

途中で、大学の友人を呼び出して、タイフェスを見学。
タイカレー食べて、ライチジュース飲んで、タイすき、サテ、トムヤムクン、マンゴスチン。
笑いながら、食べ歩き。
なんか、いいね、こういうの。
最近、うまいこと歳を重ねてるのが、自分でもわかる。
友達にもそれが伝わってたみたいで、余計に嬉しい。

一緒に働いたおばさま方とお兄さんたちみんなに、「また来年ね」って言われた。
去年はちょっと、返事に躊躇したけれど。
今年は笑顔で、「そうですね」って言えた。
また来年、タイフェスやりたいです!!
[PR]
by yuu-siesta | 2005-05-15 21:22 | diary

花金★もんじゃ

花金。
この言葉って、社会人になって、ほんと痛感できるようになった。

今週は、同じフロアの女の先輩2人と、同期の子よ4人で月島にもんじゃに行った!
なんか、「花金らしいこと」って今までしてなくて。
しかも私の課は女は私だけだから、そういうのなかったから。
ほんと楽しみにしてた★

先輩たちにいろいろ同期同士の恋の話を探られたりとか。
仕事のストレス発散方法を聞いたりとか。
社内の人たちの話をしたりとか。
なんか、ようやく会社の人間関係が繋がってきた感じ。
もんじゃも美味しくて、たくさん笑って、幸せ♪♪♪

お仕事は確かに結構大変。
でも、こうやって、楽しみをつくってゆくことが、すごく大事。
女の先輩がうちの課にいたらなーって思ったりしたけれど。
まあいっか!

ほんと素敵な花金だったぁ!
[PR]
by yuu-siesta | 2005-05-13 21:09 | diary
課長に突然、「おい加藤、今日あいてるか?」と言われた。
めったに仕事では課長とは関わらないので、どきっとした。
いよいよお説教かしら・・・?
いろんなことが脳裏をかすめた・・・。

退社後、みんなでご飯へゆくことに。
なんと、この4月に契約したプロの接待だったのです。
契約プロとお食事!
なんかあたし、スポーツメーカーっぽい!!!

・・・って思ったけれど。
契約したプロは18歳の男の子。
久々にこんなに若い子とおしゃべりしたわー、って感じだった。
すごく素直で、華奢なのによく食べる食べる・・・。
よく食べるなぁって思いながら、横で細々と食べてたら、課長に怒られた。
「おい、加藤。もっと食え。おまえは線が細くて、あかん」
きつい一言。
あたし、そんなに食べれないんですよ・・・とほほ。
彼と、コーチとは、お食事後に別れた。

ほっ、もう帰れるのか。
と思ったら。

「いくぞ」って課長が一言。
なんと、スナック的なところへ行って、課の人たちで2次会!
わーわーわー、スナックって初めて☆☆☆
ほんとにママとかいるんだぁ、しかもママっぽい喋り方なんだぁ!
こういう社会勉強って、男の子がするものと思ってたわ。

課長とバーで2人で話す。
2人で話したのは初めて。
うちの課長さんは、大阪弁で、歳の割りに若くて結構恐い。
そんな課長に、「おまえが働くうえで、大事なことってなんだ」って聞かれた。
私は、答えられなかった。
「俺にとっては、楽しいとか、嬉しいとか、達成感とか、そういうことが一番大事なんだ。
 もし、俺らがおまえにそういうことを感じさせられなかったら、それは俺らの責任だ。
 俺にとっては、部下はみんな家族なんだ」
私は、うっって泣きそうになった。
そしたら 

がっしゃーん

自分のウーロン茶のグラスを倒してしまった・・・ドジ。。。
こんな良い話の真っ最中に、お茶こぼすなんて・・・最低。
課長がテーブルふいてくれたよ。。。とほほ。

「そろそろ終電なんで・・・」と帰ろうとしたら、「あほ、誰が帰っていいって言うた」
マジすか・・・。
課長の家が、うちと比較的近いのが仇となりました。
1時半まで飲んで唄い、その後、タクシーで帰宅。
いやー・・・あしたも5時起きなんだけどなぁ。。。

「じゃあ、娘と帰るわ」
課長とタクシーに乗り込んだ。
彼は、「とりあえず、お前先に降りろ」と言って、すぐ寝てしまった。
疲れてるのに、たぶん私の歓迎会してくれたんだな、って。
その時わかった。

娘って言われて、嬉しかった。
私は、こういう人に認められたいと、切に思った。
タクシーに乗ってる間、私は眠れなかった。
頭の中をいろんなことがぐるんぐるん回って。
新しい人との出会いって、素晴らしい。
でも、会社となると、仕事となると、きっと別だ。
うまいこと、公私の区別をいつでもつけていかなくちゃ。
だって、家族だけど、やっぱり他人で、しかも互いが鎖で繋がれてるって感じが、この人とはするから。
私は犬みたいな性格だから、気をつけないと。
もう子どもでは、いられないんだよな。
でも、娘なんだ。

翌朝、ちゃんと5時に起きた。
めっちゃしんどかったけど。
これって、ほんと入り口に過ぎないんだな。
どこまで走れるか、がんばれ私。
[PR]
by yuu-siesta | 2005-05-11 21:01 | diary
GWも終わり、会社が始まりました。
私は2日と6日は普通に出勤したんだけど、やっぱGWって確かにゴールデンだったわ。
これからは、6月にある年休まで、とりあえず泳ぐのかな。

このGW、兄貴とその子ども2人がうちに来てました。
5歳と3歳、両方男の子。
彼らのブームは「ムシキング」で、家中ムシだらけ。
カブトムシとか、クワガタとか。
最近のおもちゃってほんとリアルで、きもちわるっ、って何度も思いました。

ちょっぴり成長しておにいちゃんになった兄と、甘えん坊で要領のいい弟。
ほんと二人ともかわいくて、そして憎たらしい。
そして、パワフル。
一緒に過ごしているだけで、ちょっと休憩・・・と自分の部屋に逃げ込むほど、
ガキんちょにはパワー吸い取られます・・・。
でもやっぱかわいい。
一緒にマツケンサンバ唄って踊ったよね。
一緒に本も読んだし、お風呂も入ったし。
おばさんは楽しかったぞ!!

そんな彼らは嵐のように去った。
そして我が家に残ったもの。
それは

風邪

両親とあたしは喉がひどく痛い風邪をみんなひいています・・・。
ありがとよ・・・。
次来たとき、覚えてらっしゃいね。。。
b0059677_21145327.jpg

[PR]
by yuu-siesta | 2005-05-09 21:15 | diary

サッカー!サッカー!

朝に突然電話が鳴り、車で拉致される。
向かうは味スタ、そう味の素スタジアム!
何年ぶりかわかりませんが、サッカー観戦することになりました。
VS大宮アルディージャです。

バイトが一緒だった兄ちゃんとゆく。
すっかりFC東京かぶれの彼は、「正装」。
おまえも一応やばいから、これだけしておけ、といわれ、
FC東京タオルを首に巻いて、参戦。
b0059677_20241443.jpg

いや~、サポーターってホント熱いね。
もう試合前からいろんな応援歌歌って、踊りまくり。
FC東京は6連敗中のため、結構ぴりぴりしていた。

そんなこんなで試合は始まった。
前半、ゴールエリア内でファールがあったらしく、いきなり大宮のPK。
そしたら、こっちのサポーターが
「くそレフェリー!」と連呼。
ええええぇぇぇぇぇぇ。
なんていう罵声!
紳士的なスポーツしかしたことのないあたくしには、信じられない光景でした。
その後も、相手が何かするたびに、猛烈なブーイング。
これがアウェイなのか・・・。
あたし今までマイナーなスポーツしかしてこなかったから、わからなかったよ・・・。

その後逆転に次ぐ逆転で、後半のロスタイムを1点リードで迎える。
ついに連敗脱出・・・!
みんなそう思ってたんでしょうね。
ど素人のあたしから見ても、ディフェンスひどすぎ。
何、その手の抜き方!
だからと言って、こんなFC東京陣地で悪口言ったら殺される・・・

って思った瞬間、やられました。
あっさりゴールを割られ、崩れ去るFC東京のイレブン。
そりゃそうだよね・・・やっと連敗脱出できるはずだったのにね。
攻撃は最大の防御。
スポーツの鉄則です。
勉強になりました。

サッカーの試合ってうるさいし、せわしないから、テレビで十分って思ってたけれど、
やっぱ行ったら行ったで、結構おもしろかった☆
またいきたいな♪
ってなわけで、明日から会社~。
b0059677_20311843.jpg

[PR]
by yuu-siesta | 2005-05-08 20:32 | diary