半・社会人の取りとめもない雑記。


by yuu-siesta

<   2005年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

心を動かされた

ブログでも書いていたのですが、私は学生卒業間際に半年ほど、
市内の小学生ハンドボールチームのコーチしていました。
しかし、社会人になることを理由に、いったん辞めました。
というか、正式に辞めたつもりでした。
たまに、試合があったら応援にいこうかな、ってくらい。
それは、クラブチームに問題が多すぎたから。
余計な縦社会に巻き込まれ、純粋にハンドやりたいだけの私には向いていない環境だったから。
確かに、こどもを扱う時点である程度の責任と自覚は必要だったけれど。
それ以上に、面倒くさいことが多すぎて、辞めました。

そして、最近、復帰オファーが何人かの人から来ました。
そのうちのKさんは、私がチームにいた頃、ちょうどいなかった人でした。
しかしチーム発足時のメンバーで、面識はあって、かなり出来た人でした。

その人から突然、電話してよろしいですか?というメールがきて、電話しました。
彼は案の定、私に戻ってきてくれませんか、と言いました。
私は、もう戻ることはかなり面倒なのだと伝えました。
なぜですか?と聞かれたので、私は愚痴に近い感覚でだーっと理由を喋り倒しました。
彼は、「はい、はい」と聞いていました。
そして、私が15分くらい理由を話した後で、彼が言いました。

「俺、今学校にいるんですけど、加藤さんが今言ったことホワイトボードに書き出しました」

え!

Kさんこんな時間(深夜0時過ぎ)に学校にいんの!?
しかも、あたしの愚痴を全部メモってたの???
後悔・・・もっと、ちゃんと理由らしい理由として述べればよかった・・・。

彼は私の「愚痴」のひとつひとつについて、ちゃんと問題が解決されていることを事細かに教えてくれました。
私が気にかけていた子供たちのことも、ひとりひとりちゃんと把握していました。
この人すごいな・・・って思った瞬間。

電話が切れた。

ああー。
Kさんの充電切れたっぽいな・・・どんまいKさん。
私が寝る準備をして、うろうろしていると。
Kさんから着信が!
「すいません!充電切れたんです!なんで、チャリで家まで帰ってきました」

この人、すごいよ

私は、彼の熱意に心を打たれました。
そこまで、あのクラブチームを思うのか、と。
そこまで、ハンドボールと子どものがすきなのか、と。
私は、Kさんを信じることにしました。

Kさんの要望は、今は人手不足で困っているから、特に女性のコーチがいなくて困るから、
定期的にとは言わないから、練習に来てほしい、とのこと。
もはや彼に心を動かされた私は、チームに戻ろうと決めました。

人の心を動かすには、熱意が必要なんだ、って思いました。
逆に言えば、こんな熱意が、人の心を動かし得るんだ、って。
これはKさんの才能だな、と。

ってことで。
夏中には、ハンドボールに戻ります。
やっぱり、スポーツ以外やることあるか。

早く、子どもたちに会いたい。
それで、殴られて、おんぶだの抱っこだのせがまれて、「加藤コーチなんでサボってたの」とか言われたい。
お母さん方に、「あら、加藤コーチじゃないー」って、久々に言われたい。
あたし結局、人が好きです。
[PR]
by yuu-siesta | 2005-06-26 21:41 | diary
b0059677_2083096.jpgこのタイトルのドラマ、知ってますか?
昔TBSで放送した、菅野美穂とか渡辺篤郎とか水野美紀が出てたやつです。
私は、このタイトル好きです。
すごいストレートで。

19の夏に、河津という静岡の海にいって、夜中に友達と海へ散歩にいった。
そんで、砂浜に寝転んで、蚊に刺されまくりながら、流れ星見た。
私は、「恋がしたい!恋がしたい!恋がしたい!」って言った。
友達はなんて言ってたっけかなぁ。
ねえ、Mさん、あなたなんてお願い事した?叶った?

私は、翌春、見事恋しました。
ほんと心底恋しました。

そして、22の夏に同じように、河津の海で流れ星にお願い事したのに。
まだ叶っていません。
ジンクスになるとしたら、そろそろ恋しちゃってもいいはずなんですけど・・・。

なんで、私はこの人を好きにならないんでしょうか?
それとも、実は好きなのかな?

って考えること自体、おっかしい。
理想としては、結構いいのに、とか。
環境的に悪くない、とか。
それよりまず、胃が痛くなって、自分が困りたい。
それで、あーもうどうしようもない、認めたくないけど認めなきゃって、なりたい。

どうしてこうも冷静でいられるんだろうか。
決して大人になったから、ってわけじゃないと思います。
ただ純粋に、これは恋じゃないんだ、と。
そして、それを自分が認めたくないんだ、と。
でも、もしかして心変わりが起きたらいいな、って。

ああ。
恋がしたい、恋がしたい、恋がしたい。
[PR]
by yuu-siesta | 2005-06-26 20:06 | thinking about...

泣いた

今週、たくさん泣いた。
いい涙も、悪い涙も、両方。
たくさん泣いた。

泣くって、すごいよね。
体の中の、汚いものが排泄される感じだよ。
心の膿を出す感じ。

こんなに人前で泣くのは久しぶりだった。
普段も、泣ける映画は一人じゃないと泣けないから、家族が寝静まった夜に一人で見たりする。
でも、今回はめっちゃ泣いた。

あんまり泣いちゃいけないね。
ダメだ、自分。
いい涙と悪い涙があるよ。
ちゃんと分別つけようよ。

自分がことのほかガキなことに今さら気づきました。
いや、気づいてたけど、ここまでとは思わなかった。
大人になるとはどういうことなんでしょうか。

とりあえず、財形貯蓄について考え始めたから、ちょっぴり大人になったかな・・・
[PR]
by yuu-siesta | 2005-06-19 21:15 | thinking about...

横浜ぶらり旅

休日はアクティブに過ごそう!

ってことで、横浜に詳しい同期の男(26)と女(22)と、横浜ぶらり旅にいきました!
とりあえず私が横浜初心者なので、「どこにいきたいの?」という二人の優しさに甘え、
「中華街とか、ヘンな雑貨屋とか、港とか。横浜っぽいもの全部!」
ってなわけで、横浜スタジアムから中華街へと歩く。
b0059677_2143780.jpg

うーん、なんていうか、雑然とした感じがアジアンぽくていい!
甘栗をやたら押し付けてくれるにーちゃんとか。
あと、いきなり寺があったりとか。
彼氏のいない女2人は「五円」をお賽銭箱に投じて、切実な願いを唱えました。

とりあえず豚まん食べて、マンゴーソフト食べて、角煮ちまき食べて。
食べ歩きツアー!
そんでヘンな店で七宝焼のピアス買ったりとか。

私の買い物が満足し終えたので、港へ。
これが有名な山下公園かぁ。
そういえば、あたしってデートらしいデートって、数えるくらいしかしたことないなと再確認。
次に彼氏が出来たら、デートらしいデートしたいなぁ!
って、何歳だよ。

港の見える丘公園まで、急な階段を昇る。
やっぱりOLになってから、体力落ちました・・・超息切れ。
そっから見た横浜の港は、なんてゆうか「都会的な港」だった。
コンテナを見て、「あ、来週シッピングの貨物のためにコンテナ予約しなきゃ」って思った自分が憎い。
土日は仕事を忘れるべし!

戻って下り坂を歩いて、元町通りへ。
クレイジーケンの歌に出てくる「元町通り」ってこれなのね☆
とりあえず、ショッピング街って感じ。
そこでお茶して、その時事件は起こった。
いやー、どうしたらいいんだこれー。
ソワソワしている私に、気づいた2人から説教が始まった。
いやいやいやいや、お父さんお母さんみたいな2人。
「ゆきこ、父さんは認めんぞ!」とまで言われ、「いやいや、ないから・・・」って否定。
でも、動揺は隠せず。
しばらく一人にするから悩め、って言われて、一人で悩む。

うん、やっぱり、ない!

すいません、読んでる人は意味不明でしょう。
なのでこの辺はこのまま割愛。

とりあえずヤケを起こし気味の私は唐突に、「銀座に寿司を食べにいきたい!」
二人が0型でよかったあ。
新橋まで出て、歩いて銀座へ。
せっかく社会人になったんだから、金に糸目つけるのはやめようぜ!
ってことで、カウンターの寿司屋に。
b0059677_2141649.jpg

いやー、やっぱ美味しいよ!
寿司!
別におごってもらうわけじゃないのに、同期の男に、「にーさん、トロいっていいすか!?」とか聞いて、
お寿司屋さんも「お兄さんのおごりなんですか?」とか言ってて、大爆笑。
でも、気前のいいにーちゃんはだいぶおごってくれました♪

社会人になってお金の使い方は豪快になったけれど、遊び方は相変わらず。
私の基本形遊びスタイルはこれです。
目的とかいらんです。
途中で見つければいいしね。
とにかく、私のわがままと非行を防いでくれた、寛容な2人に感謝☆
次もどっかで豪快に遊ぶぞーーー!!!
[PR]
by yuu-siesta | 2005-06-19 21:07 | diary

学生リターンズ

金曜が、会社の指定年休でした。
なので、学校にいってみた。
サークルの溜まり場に行って、後輩たちとじゃれる。
いやー、みんな変わってないね!
変わったのはあたしかな。
痩せた痩せたといわれて、ちょっとショック。
スリムになったと言うよりは、こけちゃいました。

新1年生たちと会いました。
新しい時代が来たことを感じ、自分がOGであることを痛感しました。
7下は「還る場所」ではあるけど、「居場所」ではもうないんだな。
ちょっと悲しい。
でもやっぱり、居心地のいい場所だな。
相手してくれたみなさんには本当に感謝だよ。
みんなにこのブログは絶対教えないけど。
でも、「誰あの人」って言われないように、ちゃんと顔売っておかなきゃだな。

その後、サークルの同期と合流してご飯。
食べまくって、喋り倒す!
いや~、やっぱり旧友ってのは最高ね。
なんでも痛快におしゃべりできて、わかってくれて、わかることができる。
一緒に過ごした時間が濃かったからしょうか。
やっぱりなんか違うんだよ、他の友達とはさ。

でも話す内容は、バカなことからまじめなことまで。
話してて、自分の精神年齢が2は上がってしまったなと思った。
まあ、それでも歳に追いついてないと思うけど。
気持ちとしては、「知恵の働く20歳」なんですけど。
無理があるらしい。
でも、彼女と話してると、勉強になるっていうか、身になることが多い。
高めてくれる友達って素晴らしいわ。

久々に会った友達なのに、久々な気がしませんでした。
ブランクを埋めることは本当に簡単でした。
ああ、あたしってシアワセね。
こういう友達を持てたことが、本当に幸せ。
また遊ぼうね!
合言葉は陳建一!
[PR]
by yuu-siesta | 2005-06-11 11:51
定時で切り上げて、(本社じゃありえない!)同期と合流。
彼はチャリで出勤してるため、困った。
秩父工場の周りには何もないので、ご飯食べるためにも移動手段がないとダメなんです。
他の男の子たちに電話しまくっても、
「ダメ、今日はサッカー見るから」
ふん。
あんた、それでも同じテニスチームなわけ!?
冷たいー。

というわけで二人で遊ぶことに@秩父。
試しにチャリ二人乗りに挑戦したけど、即行ギブアップ。
いったん寮に戻って、車で迎えにきてもらっちゃいました。
素敵~、なんてフェミニスト!

ってな感じで、秩父ドライブ!
いやー、こんなアフター5って会社入ってから初めて!
音楽聴きながら、秩父の山・川・ダムを走り抜ける。
もう私は完全にハイテンションで、楽しくてたまりませんでした!
だって、今日水曜日だよ?
普通にお仕事した後に、こんな風にドライブ(しかも秩父よ)できるなんて、最高!!
秩父バンザイ!

結局、夜のレッドアローまでドライブを堪能して、名残惜しくも改札でお別れ。
また秩父きたら、絶対ダムに連れてって!

帰りのレッドアローで、これから異空間に戻ることを痛感した。
明日は、あの喧騒の中で、また時間に追われて仕事なんだわ。
やだな。
でも、結局私はきっと、そっちの中の方が活き活きと出来ることを知ってます。
だからこそ、たまの秩父がこんなにも素晴らしく感じられるんだ。
もう秩父出張は、当分ないでしょう。
ヘタしたら、辞めるまでないかもね。
本当は月1くらいで行きたい秩父でした。
夏は祭りにいくぞー♪
[PR]
by yuu-siesta | 2005-06-11 11:40 | diary
いってきました、秩父ー!
ずっと行きたかった秩父出張。
遊びじゃありませんよ!息抜きじゃありませんよ!

私はテニスボール関連の仕事もしていて、
秩父にある工場の人と毎日、メール・電話・FAXでやりとりをしているのです。
その人と実際会いたくて、話をしたくて。
もちろん、雑談じゃないよ!
仕事の打ち合わせよ
ずっと「行きたい」ってオファーしてたけど(ずうずうしい新人・・・)、実現しなかった秩父出張。
だけどついに、部長の「行ってこい」の一言で決まった!
さすが部長だわ・・・素敵☆

レッドアローに乗って、川を越え山を越えること1時間。
あれれ、本社に通うより近いじゃん・・・。
もう心はピクニック気分!
山の中をマイクロバスに揺られ、つきました秩父工場。
技術職の人たちのデスクフロアは、とっても静か。
窓も開けてて、いい風が吹いてきて。
「本社とは時間の流れが違うよ」って言われてたけど、本当にそうだった。
しょっちゅう開発チームに電話してたけど、こんな感じだったんだぁ。
電話の先って。

まずはテニス開発チームにお邪魔してレクチャー受ける。
今まではほんと機械的に、イメージ的にやってた仕事が、かなりリアルになった瞬間でした。
開発ってすごい!開発の歴史ってすごい!
頑張ってもっと売ろうよ!って感じで。
あと、ガットを張るとことかすごい面白かった!
さすが全仏ストリンガー!

昼間は同期と食堂でお昼ご飯食べて、庭をふらふら散歩。
すると、ずっと会いたかった、打ち合わせのお相手(女性)に会いました。
なんか、すごく嬉しかった。
今まで電話と文面のやりとりを散々してきた人だったから、会ったら
「この人なんだ!」って嬉しくなりました。
うんうん、この声、間違いなくこの人だわ~って。

その人についてゆき、打ち合わせ。
今までの微妙な距離感は埋まり、これからは一緒に頑張っていこう!ということになり、超身のある出張となりました。
なんか、こういうの好きだから、仕事も悪くないなぁって思います。
若い!
青い!

「相手の立場になって物事を考えよう」
そう思って仕事をやろうって心がけてきたけど、やっぱ現場見ないとそれって無理。
向こうの立場を知ることから、始まるって実感。
この仕事、配属からずっとやってきたけど、やっと始まったんだって思う。私の中で。
これからは一層、セールスマンの期待にこたえられるよう、頑張らなくちゃ!
[PR]
by yuu-siesta | 2005-06-11 11:18 | diary
社会人になって、男の知り合いが増えました。
同年代の人だけでなく、幅広い年齢層の年上の男の人たち。
こういう出会いは貴重です。
やっぱり、人との出会いは勉強であり、素晴らしいことだと思うのです。

まあ、それはさておき。
最近、「ピーターパンのような男」に出くわします。
なんていうか、少年のような心を持ったまま、大人になることに成功した人。
=バカではありません。
ちゃんと、分別のついた、大人の人です。
仕事もバリバリやってて、家庭もちゃんと持ってて。
けど、人生を楽しむコツというか、心得を知っている人?
うまく表現できないのだけれど、
そういう人って、女より男に多いなぁと思うようになりました。

だいたい、仕事を仕事と割り切りながらも、楽しんでいる人。
なんでも楽しくやっちゃって、あと、喜怒哀楽の激しい人。
大の大人の男が泣いちゃって・・・って感じだけど、全然いいじゃん!って思います。
ヘンに、現実味を帯びてる人よか、全然いい。
一緒にいるだけで、人生を倍楽しめるような気さえするからです。

けど、そういう人といると、劇的に楽しい反面、劇的にイライラもします。
それは、自分にそういう要素がないからだと思う。
無いからこそ、そういう男に憧れ、うらやましく思うのです。

思いついて書いた文章なので、オチがありませんでした。
あちゃー。
すいません、次からはちゃんと考えて書きます。
[PR]
by yuu-siesta | 2005-06-05 19:39 | thinking about...
お仕事が始まってから、月~金が1セット、で土日が1セットっていう、
1週間が2つのセットになってる感が最近否めません。
金曜の夜とかは、はっちゃけることもあるけれど。
月~木は、上司に誘われない限り、直帰で、しかも即行寝る。

こんな暮らしがルーチン化してきてます。
まずは生活に、仕事に慣れなくっちゃ。
そう思っていたんだけど。
そういえば、あたしは何がしたいんでしょうか?

私は今、デリバリという仕事をやっていて、
一番初めに上司に、「もし将来、おまえが企画とかをやりたいと思ってるなら、
このデリバリのキャリアは必ず役に立つ。」って言われた。
あたしはその時、「あたし、企画をやりたいのかなぁ?」って考え込んだ。
とりあえず、今は降ってくる仕事をやっつけてる状態。

だけどさ。

あたしがもともと、やりたかった事ってなんだっけ?

企画だったのかな?
確かに企画って面白そうだよ。
だけど、本当にやりたい事ってなんだろうか。
今やっと、うちのセクションの人たちの仕事内容がわかってきて、
果たして私は何がやりたいのか?って思うようになってきました。
いや、正確には、まだそれにはちと早い。
今は目の前の仕事に手一杯で、数年後に自分が希望する部署とか言われても困るし、
やりたい仕事は何か、って言われても困る。
だけど、「やりたい仕事は?」って言われて、
「別に今のままのデリバリでいいです」って言うのも、なんか違ってる。

石垣島の飲み屋で知り合ったナイスミドルに言われた言葉が頭に浮かぶ。
「どんなに辛くても、まずは3年」
3年、与えられた課題を逃げ出さないでこなしてごらん、ってことだと思う。
でも、きっとこのペースで行ったら、3年ってあっという間だよね。
気がついたら、 NO PLAN って感じの人生になってそう。
30辺りで結婚して、子供生んで。
いい家庭築けたらいいですねー、なんてそんなんでいいのですか?

いや、負け犬になろうってわけでもない。
できれば結婚したいし、旦那さんの収入に頼ることに、そこまで疑問も感じない。
(っていうか、旦那さん見つかるといいね・・・って感じ?)
だって、主婦って無償労働では決してないはず!って思うし。

だけど、負け犬ですか?主婦ですか?って選択は、ちと難しいなぁ。

だらだら述べてしまったけど、結果、
3年後の自分を見据えて生きないと、後悔しそう。
ってことです。

とりあえず、今年1年はやるだけやってみるけどね。
[PR]
by yuu-siesta | 2005-06-05 19:02 | thinking about...

駆け抜ける

この1週間、ほんと駆け抜けました。
いつ金曜になったんでしょうか。
ってくらい、ほんと毎日いっぱいいっぱいだった。
一瞬足りとも、「あ、ちょっと今仕事落ち着いたな」って感じさせてくれなかった。

まず、同期の男子が配属になりました。
うちのテニスの開発チームにひとり入りました。
まあ、人のいいヤツだからいっか。
他の男の子たちも配属され、うちのフロアにたくさん入ってきて、にぎやか!
前にブログに書いたキャンちゃんも、同じフロアになりました。

今週、ほんとたくさんミスした。
でも、凹んでる暇なんてなくて、それが結構よかったかも。
それを教訓に、はい次!って感じで。
でも、ミスはミス。
センター、工場、販売会社など、様々な人に謝り倒す。
自分のひとつひとつが、いろんな誰かの手に携わってる仕事だってことを知った一週間でした。
輸入はやっぱり、おもしろい。

金曜日のチャイムが鳴り終わった後も、私は必死で輸入手続をとってました。
そしたら、向かいの席の2人の男の人が、
「明日の試打会どうしようか」と話をしていたので、
「え?明日2人とも外出ですか?さびしいですねー」って言ったら、
ぽかんとしている2人。

「おまえ、明日土曜だろ?」

えええええぇぇぇぇぇ。
あたし、花金も忘れてたの!!!??
ショック~。
「寂しいOLだな、おまえ!明日、なんにも予定ないだろ~」
と、ニヤニヤしながら言われました。
はい、土曜は完全オフにしておいたんです。
そのせいだけじゃないけど、うっかり花金忘れてました。

今週もよくやったよ、自分。
月末に研修ノートってのを書かなきゃいけなくて、「習った仕事」みたいな項目があって。
それ書いてて、自分でひいた。
あたし、すげぇ!って。
自分を誉めてあげてもいい気がするけど、ぶたれて伸びる子だから、
もっとモチベ上げて、がんばってこ!

ってわけで、これから買い物~♪
やっぱりオフはオフ☆
[PR]
by yuu-siesta | 2005-06-04 10:24 | diary