半・社会人の取りとめもない雑記。


by yuu-siesta

<   2007年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

やっぱ、日記書いておくかな。

あー負けちゃったなって思う。
そして、私の相変わらずの突発的行動が裏目に出なくて、よかった。
ほんと、口から出た言葉に自分でも驚いたし、
瞬間うつむいたし。

まあ、勝ち負けじゃないのだけど。

舞い上がることもなく、ただほっとした。
どうしてこんななんだろか?って不思議なくらい、ふつう。

大事にしたい

けど、やっぱ努力がいるなぁ。
だって、赤の他人だし。

悶々とする不健康な日々より、
あたしにはアザとともに生きる健康的日々がよい。
もしも、すべてがうまいバランスのもとにうまくいったらいいのに

夢を見すぎなんだろうかって思う

自分ばっかひとりずもうって思う

ちがうちがう、こんなことのために飛び込んだんじゃないって思う

安心させてほしい

ちょっとだけ、今はアンバランス。


けど、私の幸せを、喜びの表現で返してくれる友達の多さに
私は感激だった。
ありがとう。

こっからがスタートだと思うから、
がんばります。
[PR]
by yuu-siesta | 2007-05-28 23:12 | diary

バレーボール奮闘記

会社の組合行事で、グループ会社でのソフトバレーボール大会にいってきました。

それは、2ヶ月くらい前、
ある組合の先輩からの内線から始まりました。

「バレーボール、やりますか、やりませんか。
 今すぐ、イエスかノーで答えてください」

は?

「細かいことを聞かないうちに、早く答えて、ほらいますぐ!」

まったく意味もわからないが、とりあえずイエスと答えてしまった。

その後その先輩に「いやーバレー一度やってみたくて」と言うと、
「え!おまえバレーやったことないの!?ふざけんなよー」

どうやら、私がバレーボールをできると見切り発車された模様。
どんだけ外見で判断してんですか。

一度も練習することなく迎えた当日。
目標はもちろん優勝。
しかし、練習するほかの会社の人々の実力はすさまじい。
ソフトなのに、フォーメーションあり、スパイクがんがん。
一番驚いたのは、女の子がいるチーム少ない。
いても1人とか。
うちは3分の1くらいは女子だと言うのに。

とりあえずやるっきゃない。
私のチームはバレー経験者は1人。
彼を前衛にして、私は中盤の真ん中に置かれる。
わー、女子をこんなとこに放り込むとは恐ろしい。

っつーか、私もそうですけど、みんな本気だよね。
普通、女子相手に本気でスパイクするかね。
まあ、するかもね。
途中から私の中のスポーツにおけるM度が全快になってしまい、
ダイブすること数回、
男のマジスパイクをレシーブミスして、舌打ちすること2回。

最後の方は、前衛の男の人たちのスパイクやブロックも決まるようになって、
みんなバックスもちゃんとつなげてこうって気持ちになって、
見事3位になった。
超すごいよ、これ。

やっぱり、スポーツはすがすがしくてよい。
もう何度も書いているが、私はスポーツしている間、完全頭の中がからっぽである。
他のことはいっさい考えない。
ってか考えられない。
そこがかなり、ようこ風に表現すれば「精神衛生上」よい。
そして、喜びも痛さも、全身で感じられるからいい。
頭の中で悶々とするより、私にとってはかなり健全的である。

着替えて懇親会。
みんなで、にぎやかしく飲んで食べる。
いやー、休日まで会社の人と会いたくないって思ってたけど、
これはこれで超楽しい!
「ジャン負けしたヤツがパセリ一気食いしようぜ」って言い出したばかちんが
結局ジャン負けしてもがいていたのも、超楽しい。

表彰式。
なんと3位に表彰なし。
がっかりだよね、正直。
まあ私たちが上位を目指して汗をかいたこと、プライスレス。

しかし事件がおきる。
監督特別賞という、どうでもいいのに、表彰されなきゃいけない賞に選ばれる。
名前を呼ばれ、突然の出来事すぎて、頭が真っ白に。
いやいやいや、今日のあたし、超だらしないTシャツに褪せた色のデニムだし。
絶対絶対前なんか出たくない・・・
いつもなら「わーい」って思うけど、今日だけはいやだ、ほんといやだ。

そんなこと言ってられず、結局表彰され、スピーチから写真まで撮られる。

やはり、社会人の女性たるもの、常に身だしなみにには意識を持つべき。
それが出来ていない自分に激しく自己嫌悪。
こんな私でごめんなさい。

とにかく、色々あったけれど、いい1日だった。
毎日が、これだけの体感速度でいけたら最高なのにって思う。

私の周りにいてくれた人たちに、ほんと感謝。
すっごい楽しかった!

けど、あたしのヒザには勲章ともいえる、ドン引きの無数のアザ。
b0059677_10552779.jpg

[PR]
by yuu-siesta | 2007-05-27 11:06 | diary

I'm ready for

水曜日、くたびれる。

仕事にではない、精神的に。
ほんと、「くたびれた」って表現が当てはまる。

今の私は、
おっきな海にいながら、
自分の足元にある砂しか見ていない。

それが引いてゆくのか満ちてゆくのかしか、
見てない。

新しく組織が変わることを
体のどこかでは感じている。
私の業務もそれに伴って、変わるだろう。
そして、ニューフェイスによって、私の仕事生活も変わるだろう。

なのに、私は、
なんて狭い視野で毎日を行き来しているんだろう。

とりあえず。

とりあえず、英語の自主勉強をはじめようかと思う。
やっぱり、私にはこれしかないのだと思い、
ニューフェイスには負けたくない。

もっと輝いている自分を想像していたけど、
所詮はこんなもの。

堂々といるっていうことは
とてもむつかしい。
[PR]
by yuu-siesta | 2007-05-23 23:28 | diary

仕事における自分が

今朝、会社で貧血を起こした倒れた新人の女の子を搬送した。
自分も貧血持ちだし、倒れる子はスポーツでよく見てきたので、
普通に処置。
すると新人の女の子が「加藤さんだー」と泣き出し、
あらあらびっくり。
他部署にも「あいつ男前だったな」って言われ、
てへへ。
いや、女前の間違いだって言い返したらよかったのに。

今昼、先輩の頭上の蛍光灯が切れたので、
他の切れそうな蛍光灯も一緒に変えようと点検。
課の先輩に、「加藤オレんとこは?オレんとこは?」って聞かれて、
「○○さんのとこ、まだ浅い!」と言うと、
「おまえ、きつい!」と爆笑される。
あたしも、浅いの意味が自分でもわからず爆笑する。
えへへ。

内線で、とんでもない勘違い納期で迫ってきた人に、
きっぱりと言う。
「私は絶対にそんなことは言ってませんし、書面で回答してます」
客は客でも、そんなことは認められません。
はったりでものを言うな、はったりで。
おほほ。

外線で、私が1年目のときに辞めた重鎮から電話がきて、
感動の再会(電話にて)。
今度、会えることになりそうで、ほんと嬉しい。
「変わってない?」って言われて、
「私は何にも変わってません」って答えたけれど。
私、変わったよね、たぶん。

つらくって、搬送されてた私。
女一人で、庶務をこなすのも精一杯だった私。
お客様に迫られると、挙動不振で大きな声で答えられなかった私。

3年目なのに、もう3年目なのか、まだ3年目なのか。

初心忘れるべからず。

これからもそういう気持ちでやっていきたいなぁ。

あー月末だ。
でも、もう憂鬱じゃなくて「やっかい」くらいにしか思わない自分。
それでいて、休日はまったく仕事ののことを考えない自分。

あたし、今ちょっとラクしてるけれど、
でも今はいい感じです◎
[PR]
by yuu-siesta | 2007-05-21 22:45 | diary

自己爆発

自爆ってその略でしょ?

ひっさびさに自爆してしまった。
友達に、ほんと申し訳ない気持ちでいっぱいなのと、
ありがとうって気持ちでいっぱいです。

私の中で、何かがばさーって波にさらわれた感があります。
何をそんなに焦っていたのか、
よくわからんほどの静けさ。

こうやって、ゆっくり歩いてゆくのも
悪くないかーって思えるようになれたってことは、
私史上初です。
たぶん。

頭で考えると、たいてい答えが見えなくなります。
今は。
そういうのを解決してくれるくらいの、
時間を今は育てようと思います。

いやー、ほんとちょっとは成長したっしょ。笑
本当にご迷惑をおかけいたしました。
[PR]
by yuu-siesta | 2007-05-17 22:53 | diary

暇なんですけど

上長変わって、もう1ヶ月が経つんだっけね。
早いなぁ。
確かにここ1ヶ月は早かった。

あのー、最近超暇なんですけど。
今日なんて、6時に退社したし。
昨日は昨日で、山忠会で7時には帰ったし。
新橋で釜飯食べて、先輩と山忠さんと、
超ノリノリでカラオケしてたし。

今日はほんと暇すぎて、死ぬかと思った。
やることが少ないから、もう輸入の本をデスクで開いて読本。
はー、ナニコレ、授業中?

上長変わったら、こんなにも変化するものなのかな。
資産総点検も、あたしあんなんでよかったのかな。
業績効果だって、あんなんでひどくないかな。

さとみっちは香港にいってしまったし。
あたし、明日もあさっても、早いんだろうなぁ。

だからって・・・ねぇ。

いつも先走ってしまう自分に後悔。

今のあたしに、暇は天敵。
[PR]
by yuu-siesta | 2007-05-15 21:31 | diary

自己解決

sunny sunday。
今週は金曜がお休みだったから、3連休。
ほんと、「なんにもしないのにくたびれた」連休だった。

私は、ほかしておくことにした。

一点しか見えなくなって、
それで自分で自分の首を苦しめるという、
私のわるーいクセが出ていた。

別に私の世界はもっと広いわけで、
それでいいじゃないか。

そしたら、気がラクになった。

あーあたし、どんだけ狭いとこをウロウロしてたんだか、
って恥ずかしい。

来週は月曜から山忠会だし!
がんばっていくっきゃないでしょ!

も一度、ここで仕切りなおします。

どうか、それはそれでひそやかにゆるやかに継続しますよう
それだけはどうか。
[PR]
by yuu-siesta | 2007-05-13 17:42 | diary
今日はストレートに書いていいすか。

もーほんまなんやねん。

さっぱりわかんない。
あたしは超わかりやすく答案書いてるつもりなのに、
ほんと厄介。
不正解ならそれでいいから、
そうわかりやすく答案書けっ。

なんで後退する、そのタイミングで。
なんでそんな普通なの、このタイミングで。
あーもうイライラするわ。

所詮、こんなところで歩幅が合わないのなら
この先も合わないだろーって思う。

今までがんばってきたあたしの努力をお墓にうめて、
次へいくには早すぎるし、
かわいそうすぎて、我ながら出来ない。
ほんと悔しい。
歯がゆい。
悲しい。
せつない。

しばらくほかしておくことにしたい。
私には、常温保存は、ちょっと無理な話である。
[PR]
by yuu-siesta | 2007-05-13 09:46 | diary

07GW~後編

5日、もうGWも終わりかなって気もする土曜。
大学時代の友人に、5年ぶりくらいに会う。
きっかけは、私がおもしろ半分に送ったショートメールだった。

私はそいつのことが強烈に好きで尊敬していたが、
ケンカ別れをして、そのまま国交が閉ざされた。
社会人になって、人のつながりの大切さとか幸せさとかに気づき、
やっぱり引き戻したくなった。

ことは簡単に進み、共通の友人2人も加わって、原宿で会う。

表参道で、あいつに会ったとき、
あいつはすごい嬉しそうに握手を求めてきた。
私はほんと単純に嬉しくて、晴れた表参道は最高にきれいだった。

5年のブランクを感じさせず、だらだら昼から飲む。
私は飲めないけど。

夜、渾身のストレートを投げ切れなかった友人が合流。笑
陪審員が評価。
評決は、not guilty。笑
うんうん、がんばったがんばった。
そしていい感じ!
みんなで盛り上がって、楽しむ。

途中で、5年ぶりの友の彼女も合流。
すごいふわーっとした感じの優しそうな人で、また新鮮な出会い。
2人の仲まじさをを見て、あーって妙に合点がいってしまった。

焦らずに、おまえの思ったとおり、やりたいように、やれ。

そうだなって、すごく思った。
別に、これに何が懸かってるわけでも、なんでもない。
ただ楽しいことだけ考えたい。

夜11時ごろ、みんなで騒ぎながら青山を去る。

最後に池袋に着くときは、私はそいつと2人だった。
彼は「本当に楽しい」と、バカみたいに何回も言ってた。
私は「これくらいの楽しさは普通!またすぐに集まろう」と言った。
彼は相当この余韻に浸りたいようで、西武線まで送ってくれた。
私はそこで、「私はあんたと国交復活できたことが本当に嬉しい」と伝えた。
ハタチのときは、うまく言えなかったこと。
今なら、なんのためらいもない。
彼は「あの時のように、いつでも電話してこい」と言ってくれた。
私が改札に入っても、彼はずっと嬉しそうに手を振っていた。

国交の復活。

帰りの電車で、余韻に浸っていたのは、私のほう。

やっぱり人と人とのつながりは、大事にしたい。
ありがとって、ほんと伝えたい。
[PR]
by yuu-siesta | 2007-05-11 11:33 | diary

07GW~中編

とりあえず、2日の出勤日。
どったばったしながら、なんとか過ごすー!
自分の努力の甲斐あって、それはそれで収穫もアリ。
よしよし。
それでよし。

3日は、毎年恒例となった遠足の会。
幼馴染の姉弟と、小学生時代に遠足で登った山を登るんです。
小学校卒業以来疎遠だった人たちなのに、
なぜだかいまさら仲良し。
それまた、よい歳の重ね方◎

1年目は天覧山、2年目は日和田山。
今年はそろそろ年齢的に伊豆ヶ岳(6年生レベル)に登っておきたかったのだが、
私が翌朝5時半起きで仕事ということもあり、
子の権現(4年生レベル)にする。
けど、甘く見てたよねー子の権現。笑
きついきつい。
心拍数あがっちゃうし!

頂上での風景は絶景でした。
b0059677_21514245.jpg

いやー、やっぱり遠足はいいね、
小学校の遠足で登った山を、大人になった今登ることもいいし、
森林浴もいいし、足腰にもいい。
リフレッシュ。
何より、2人がすごくおもしろいから、充実しすぎて楽しい。
幼馴染最高。

翌朝、5時半起床。
イベントのため休日出勤。

今年も、わざわざGWど真ん中に出勤する狙いは、ひとつ。
プロとのマンツーレッスン!
昨年は、トリップしすぎて卒倒という、社会人失格のことをしてしまった。
今年は万全なコンディションで臨むつもりだったのに、
前日の山登りのせいで足はガタガタ、おまけに10年ぶりの気管支炎発症。
しんどい・・・

午前中は、もう超グロッキーでたまらなかった。

けど、

けど、

ここでやらなきゃ女じゃないし!!

ってことで、やっぱり今年もマンツーレッスン!
去年はそれこそ卒倒するほど集中できたのに、
今年は葛藤しながら打ってた。
ちがう、ちがう!
そうじゃない、こうじゃない、って思いながら。
頭の中がグルングルンしてた。
けど、やっぱり体を動かすということは爽快。
ラケット振りぬいて、ミートした瞬間は最高。

なぜか、テニスやったら、息吹き返す。
午後は活き活きしながら仕事に臨む。
あたしってよくわかんないなー自分でも!

お客さんも、スタッフも、みんな活き活きしてる。
笑顔で、一生懸命で、テニスが好きで。
やっぱり、スポーツメーカーに入ってよかった。
いまさらだけど、やっぱり思う。
VIVAテニス!!!

もっとうまくなりたい、練習したい。

こんなステキなGW、自分でも最高だと思ってます。

b0059677_21593921.jpg


つづく。
[PR]
by yuu-siesta | 2007-05-04 21:59 | diary