半・社会人の取りとめもない雑記。


by yuu-siesta

<   2007年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

いちおう書いておこうか

将来振り返れるように、書いておこう。

今回の嵐のような出来事は、相当私を削った。
まだ事件は全然途中なのだけれど。

1年目に、ちょっとしたことで胃痛になった私に、
派遣の女性社員が辞めるとき、「心臓に毛の生えた女性になってね」と言った。
今回の事件で、それが確かめられたかも、と思う。
今回、ご飯が食べられない、って日は1日もなかった。
食べるヒマがなくて、同期が買ってきてくれたりとか、
そういう優しさのおかげ。

「休みたい」と思った日は一度もなかった。
ご飯食べないで、パンを買っていって、パソコンいじりながら
すっぴんでパンを食べる。
帰りも、結果いつも一番遅くて、i pod聞きながら、パソコンいじる。
そんな日々。

常に思ったのは、あたしは「販売会社に対する誠意」をいつも心に置きながら、
結局、それに徹底して沿って仕事できていない。
誰かを責めても仕方ないし、それは後回しでいい。
まずは、営業のフォローになることを1番に考えなきゃって
思いながら、結局出来ていなかった。
一言で言えば、ウソくさい働き方をしている、と思った。
不誠実、とも言う。

営業は「加藤のせいじゃないだろ」とか「へこむなよ」とか「起こったことは仕方ない」と、
誰一人私を叱咤しなかった。
どうしてだろう、私が悪くなくても、うちのチームのせいなのに。
それは、謝ることが誠意じゃない、ってことを、私に気づかせてくれた。
私がどう謝るか、ではなく、私がどう動くか、がこの3年間の成長の証であったはず。
それが、出来きれていない。

一方で、私は今までまっすぐに信じてその背中へ着いていった、
先輩に何度も反発した。
たぶん、初めてだったと思う。
先輩と私の意見が食い違い、私は今までしなかった反論を何度か、した。
せつなくなるときもあったけれど、だいたい苛立つことが多かった。
おかしい、それは正しくない。
けど、先輩のマイペースなところに、今回もいつも救われた。

あたしは、まっすぐに成長しているだろうか。
どこか歪んでいる気がしてならなくて、不安になる。

それから、これからの働き方に対して、すごく悩まされた。
これだけ、仕事を任されて、実際やってるなら、総合職の試験を受けたらいいのに。
けど、総合職の試験を受けるということは、
自らその業務量・質・責任を望むということであって、
そこがいつも恐い。
仕事をしているときの私は誰が見ても活き活きしているのに、
いざというときに逃げるためのエクスキューズを常に用意している。
だから、おそらく次も試験は受けない。
だけど、いつまでそのスタンスでいくのだろうか。
もう3年目、立派な「会社員」であって当然。
もう「新人」とか、「若い女の子」という目で見られなくなってゆくというのに。

そういうことばかり考えて、仕事ばかりをしてきた1週間だったので、
私のすべてが今はとげとげしい。
ああ、誰か自分を優しい気持ちにしてくれる人がいたらいいのに、と思った。
けど、それはまず、自分が相手に優しくできていなきゃ、ありえないことだと思った。
帰り道、会社を出たら必ずi podを耳に突っ込んで、
くるりの「春風」を聴いて駅まで歩いて、いつも泣きそうになった。
けど、それでだいぶラクになった。

年数とともに、自分の働き方が変わってくるのは当然のこと。
私はロボットではないから。
いつも一寸先はわかんない、この螺旋階段みたいな日々は、
いつがゴールなんだろうかなぁ。


揺るがない幸せがただ欲しいのです
僕はあなたにそっと言います
言葉をひとつひとつ探して
花の名前をひとつ覚えてあなたに教えるんです

気づいたら雨が降ってどこかへ行って消えてゆき
手を握り確かめあったら
眠ってる間にくちづけして
少しだけ火を灯すんです

シロツメ草で編んだネックレスを
解けないように 解けないように
溶けてなくなった氷のように花の名前をひとつ忘れて
あなたを抱くのです

遠く汽車の窓辺からは春風も見えるでしょう
ここで涙が出ないのも幸せのひとつなんです
ほらまた雨が降りそうです

帰り道バスはなぜか動かなくなってしまいました
傘を探してあなたを探して
遠く汽車の窓辺からは春風も見えるでしょう


b0059677_2319921.jpg
b0059677_23192987.jpg

[PR]
by yuu-siesta | 2007-10-28 23:19 | diary

やっと眠れる

それしか今頭にない。
今週怖かった、周囲も自分自身も。
毎日家に帰っていたのに、ずっと会社にいたような気がするし、家で寝た感覚がない。
正直今もまだ休まってない。
もう誰にも怒りたくないし、誰にも謝りたくない。
海とか、芝とか、広いとこへ逃げたい。

あたしを穏やかにさせていた唯一のものは、くるりの「春風」だった。
[PR]
by yuu-siesta | 2007-10-27 00:22 | diary

そんなの関係ねぇ

入社してから、自分の担当品種においてはワースト3級のトラブルが起きた。
あたしのせいじゃない、けど販売会社やお客様には誰が悪いかなんて関係ない。
落ち込んでるヒマはない、早くリカバリーすることしかない。
鳴りまくる内線外線、謝り倒す一日。
営業に申し訳なくて、なのに営業が「へこんでる?」とか「がんばれよ」と言っていた。
あーあー感極まったけど、心配されすぎも問題だー。
いいことばっかりなんて起きないね、さすが神様はやることが違う。
[PR]
by yuu-siesta | 2007-10-24 06:55 | diary

カラオケ嗜好

私はカラオケが好きです。
というか、歌うことが単純に好きです。

土曜日は、Y氏とふたりで声かけをし、のんびりフリスビーの会開催。
メンツは相変わらずノンジャンル。
これで、いいの。
来たい人が、好きな友達を誘って、
食べたいものと飲みたいものと、
遊びたい道具を持ってくれば、それでいいの。

今回は10人ちょいだったかな?
思ったより少なかったです。

その後お食事会をして、カラオケへ6人で流れました。

ひさびさに楽しいカラオケだったなーと思った。

カラオケってのは基本、自己満足だと思うのよね。
歌いたい歌を、順番が来たら歌う、みたいな。
けどそれなりに空気読んだり気を配ったりして、
「みんなが知ってる曲」をチョイスして無難に歌ったり、
そういう「うわべカラオケ」って、つまんねー。

今回は、音楽の嗜好が近い人たちが集まったので、
マイクを回して、タンバリンならして、合いの手入れて。
私は、カラオケで「誰かと歌う」のが好きなの。
ハモってもいいし、ケミストリー的に分けて歌ってもいいし。
一緒に歌うのが、楽しいタイプ。
けど、それって受け入れてもらえないことしばしば。
「オレが歌いたい歌に、おまえかぶせてくんなよ・・・」みたいね。
そりゃそうだよなーって思う。
今回の人たちは「ゆうちゃん、これを歌おう」とか言ってくれる人たちで、
さらにはあたしが勝手にハモっても、怒らないし。
サイコー。

今探している相方は、椎名林檎×椎名純平+斉藤ネコの「この世の限り」の
男のパートを歌ってくれる人。
Mちんがもう歌ってくれなくて寂しいから・・・
確かに、あれ難しいんだよね、上になったり下になったり・・・

とにかく、今回のカラオケはY氏の「富士山」で全てが終わりました。
またみんなと歌いたいぜー跳ねたいぜー。
[PR]
by yuu-siesta | 2007-10-21 22:08 | diary

ゆるやかに下る季節

新商品上市までは恋しません

そう言い放ってきた社会人3年目、秋。
無事、今日で新商品出荷が全品種スタート。
細かく言うと、来週だけど・・・
私がすべき準備は、今週ですべて終わった。

いかんいかん
出荷開始がゴールじゃないんだ・・・
これからの売上がスタートなのになぁ

そして、もうすぐ年末在庫。。。
さらにはファミリー販売、S見さんとまわす。
そんでもって、08スポット企画品打ち合わせ。
参った。
あたしも偉くなったもんだと思うけれど、
去年やっきになってコントロールしようとしてた在庫金額とか、全然出来てない。
成長と呼べるのでしょうか。
呼べない・・・

そんな中、11月は大阪への出張が決定。
日帰りだけど・・・
でも行きたかったとこだから、ネゴしてよかった◎

これを見てる友達が「ゆう、仕事好きでしょ」と言っていた。
こんなことばっかり書いてるからですね。汗

木曜日は、マニュ女会。
6時45分池袋集合て!どんだけ~。
友達の誕生日を祝い、別の友達の婚約指輪を羨む。
そして、食べるものは全て辛い料理。
キムチちぢみ、キムチ、辛いサラダ、辛い陶板焼、辛い鍋・・・
あー太る。
9月くらいから、食べても食べても体重が減っていて、不思議に思っていたのだが。
残念ながらそんなミラクルな現象は終わった。
確実に太ってきている・・・体重たいもん。
さらには寝不足で肌も荒れ気味・・・
そしてのびた髪は全然まとまらない・・・
気づけば部屋はかーなり汚い・・・
女子としてイケてない・・・

みんなと会ってて思ったけど、やっぱり女子会は大事だ。
みんなが恋愛がんばってんの見てて感動する。
歳とともに、みんなが少しずつ変わってゆくのを感じて、
ああ、みんな違う道を行きながらも、影響したりされたりして、
変わっていってるんだって思う。
あたしもそうだと思う。
思いたい。

仕事も大事。
けど、20代女子、恋愛は超大事。
それが結論のくせに、やっぱり仕事が好きなので、
これ書きながらうろうろネットサーフィンしてしまった・・・
Y○のバッグ、ネットで見るとたいして迫力ないな。

b0059677_0235274.jpg

[PR]
by yuu-siesta | 2007-10-20 00:24 | diary
いってきましたー、初!ゴルフコンペ♪
ゴルフデビューです。

うちの部署、総勢16人・4組で行われたコンペ。
あたしは気楽なパーティーで、恵まれてました。

結果は、ハンデを80いただいて、
グロス149、ネット69で準優勝!!
順位発表されるまでよくわかんなくて、
「え!あたしっすか!?」って感じだったが・・・
とにかくラッキー♪
初のゴルフでこんなにいい思いしてばちあたりもんですわ。
しかも、初のラウンドで、初のPARを出してしまい。
1オン・2パットでミラクルPAR!
ゴルフ場できゃーきゃー騒ぎました。

いやはや、こっからはリアルに語りますが。
ユーティリティーがちゃんとまっすぐ飛距離出るようにならないといけないな。
グリーン見えてからそんなに数叩かないのは、私の最大の強みだ。
感覚であれだけアプローチとパットできれば十分。
あとはドライバーの方向性と、ユーティリティの飛距離と方向性。
次は120台くらい目指しちゃうかな!

先輩たちに甘やかされて、楽しく周りました。
カートも運転させてもらいました。
最後はちゃんとカップに入れて、ガッツポーズで終わりました。
トムに、グロスで勝ってしまいました。

あーゴルフって楽しいんだー。
こりゃーハマりそうだ。
けど、お金がない・・・・
[PR]
by yuu-siesta | 2007-10-16 21:36 | diary

昔みたいに

兄貴が、友人の結婚式のために帰省した。

兄貴は必ず夜中にあたしの部屋に侵入してきて、
マンガを探して、和室で読んで寝てる。

深夜0時半、兄帰宅。
そしてやっぱり、あたしの部屋へ来て、
「お、案外キレイにしてるなぁ」と言った。
そしてやっぱり、マンガをがさがさしはじめた。
なので、「ねえ、一緒にビデオを見ようよ」と言って、
めちゃイケの岡村オファーシリーズの、EXILEライブを見た。
ふたりでベッドに並んで座り、
大爆笑しながら、見た。
そしたらうるさすぎたらしく、おかんが来て、
「うるさい!あんた達もう寝なさい!」と言った。
兄貴と私は「はぁーい」と言って、兄貴は和室へ戻って寝た。

普通の兄弟って、こういうことなのかなぁって思った。
昔、兄貴がまだ学生だった頃、こういうことはあったかもしれないけど、
幼すぎて覚えてない。

兄貴が出ていったとき、あたしは家族についてなんて、
ちっとも考えたことなかった。
けど、兄貴が結婚したとき、あたしが17のとき、
初めて「兄貴はもううちには戻らないんだ」と寂しくなった。
そして、あたしも、いつかは兄貴みたいに出ていくんだ。

家を出ても、結婚しても、兄貴とはずっと仲良くいたかった。
周りはみんな「仲がよくてびっくりする」と言うけれど、別にそれほどでもない。
ほんとは、もっと仲良くいたい。
兄貴に近づけるのは、あたしがもう少し大人になってからだろうなぁと思う。

あー明日いよいよコンペだー!
雨降るなー!
[PR]
by yuu-siesta | 2007-10-13 20:21 | diary

ベストフレンド

大学時代の友人と、ランチ。
敢えて、名前は書かない、これ見てるから。

久々に会った彼女は、
いつもと変わらず、あたしの好きな「きれいさ」だった。
堂々と書くあたしもあたしだけど、
彼女は私が尊敬する要素をいくつも持っていて、
異性だったら惚れていたと思う。

仕事の話や恋愛の話を3時間、フルに交わした。
彼女と真剣な会話は、もちろん今まで何度もしてきた。
あたしが一番つらいときも、幸せなときも、
彼女が一番にあたしの話を聞いてくれていた気がする。

社会人になって、ちょっと距離と時間が出来た今、
彼女と交わす会話はとても新鮮だった。
あたしが少し階段をのぼったのか、
それとも彼女のスタンスが変わったのか、
その辺はよくわからないけれど、
この時間がもっともっと続けばいいって思いながら話していた。
こんなに彼女とシンクロすることってなくて、
笑いまじえながらも、おちゃらけながらも、真剣だった。

たぶん、あたしは自分が少しずつ大人になっていることに、気づいていなくて、
彼女と話していて、それに気づいた。
何か目に見えて成長したわけでもないし、
実績があるわけでもないけど。
でもちいさなちいさな経験が積み重なり、今に至った。
けど、まだまだ25と言い張るには幼すぎて、物足りない。

大切なのは、自分が「自分の好きな自分」にちゃんとアプローチできているのか、
仕事も恋愛も趣味も、すべて。
彼女と話してて、そこにぶちあたった。
悪くない、むしろいいセンいってる。
けれど、やっぱり努力は断然足りていない。
今のあたしのハッピーな時間は、他人によるものな気がしてならない。

幸せはみずから掴みにゆくもの。

わかっていても、なかなか出来ないことは、たくさんある。

次こそは、あたしの部屋に泊まって、
それこそエンドレスに、昔みたいに夜遅くまで、
25になった二人で会話をしたい。

それまでに、また経験を積んでおこう。

いつもいつも、ありがとう。
[PR]
by yuu-siesta | 2007-10-07 22:21 | diary
今年も国際大会の季節がやって参りました。

今年は課をあげて、ローテで休出したりして。
私もばっちり休出したし、金曜も出たし。

今年は、売店での販売に全力を注ぎました。
ひでかずくんかわいがりすぎて、ひいきだと非難され、
たかはしくんの超頼れるオーラにやられ、
来年入社のはしもとくんと再会を果たし、
私の中の働きマン・戸田さんとの真剣「働く女性トーク」など。
「若いエキスを吸う」の意味がわかった、痛々しい25歳。
「加藤さんて無邪気ですよね」と学生に言われる、痛々しい25歳。

お客さんと触れることももちろん、
バイトの学生や、下請けの代理店の人たちとのつながりがすごく楽しかった。
たくさん笑って、たくさん走って、
たくさん汗かいて、たくさん売った。

夜にブースをたたむのが寂しかったです。
夜9時、撤収。
こにたんと、なんと有明からゴルフの打ちっぱなしにレッツゴー。
夜のドライブっていいねー。
お台場の夜景とか、音楽とか。
全部ステキだー!

10時半ごろ、田無到着。
打ちっぱなし開始。
「ヤクルト狙いの二木ゴルフ行き」という、先輩の見事なアドバイスで、
加藤、ちょっとモチベを持ち直しました!
本番もこにたんと同じ組で回りたかった・・・
そして、「あの林狙いの、グリーン行き」と言ってほしかった・・・

12時前に練習を終え、ファミレスでご飯。
そして加藤家まで送ってもらう。

あー、こんなにいい先輩いないわー。
てか、うちの課の人たちほんとステキすぎる。
幸せで、たまんない。
たまんない。

この日1日は、夢のようでした。
陽にあたって、または小雨に降られて、
暑さと寒さを肌で感じて、
学生たちと絡んで笑って、
一生懸命働いてモノを売って、
お客さんたちと接して、
たまにテニス観て。

生きてる感じがした。

そう表現すると、生きてない感じが普段してるのか、ってことになるけど
決してそういうわけじゃない。
ただ閉塞感は否めない。
けど、閉塞感を知っているから、解放される瞬間がわかるのだ、
ってことも、もうわかるようになった。

あーコンペまでもう少し!
がんばらなきゃー。
[PR]
by yuu-siesta | 2007-10-06 23:00 | diary