半・社会人の取りとめもない雑記。


by yuu-siesta

<   2007年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

28日、仕事納めでした。
今年はなんていうか、なんとも振り返ることが困難な年でした。
けど、まあ終わりよければ、すべてよし◎

納会は、トムの送別会も兼ねて、企画室でおこなわれた。
今日がトムの最終出社日なんて、信じられない。
みんな、あっさりとオフィスを去り、
あたしとトムが残った。
いつもと変わらず仕事を続ける彼はえらいんだか、なんなんだか。

チョコレート投げて遊んだり、ほんといつもと変わらない。
不思議なくらい、変わらない。

毎年、誰かと必ずお別れする年末。
今年は大丈夫と思ってたのに、やっぱりさようならがあった。
けど今年はオフィスで泣くとようなことは絶対したくないので、
あっさり見送りたかった。
そして、ちゃんと先に帰ってもらって、
「じゃあ、またね」
って言った。

きれいに整理されて、ちゃんと拭かれた机の上は、
まだ誰かいるみたいな感じだった。

そこに、あるフォルダを見つけ、悪いけど開いてみた。
どのみち、新しい人が来たら、あたしがまたこの机を整理するのだから。
すると、それは私が彼に教えたことのマニュアルがきれいに整理されていた。
彼が入社2日目に、あたしが渡した「教えることリスト」というメモ書きが、
1ページ目にファイルされていた。
ファイルには、私とトムが過ごした半年が詰まっていた。

在庫の見方から始まり、
当日に受注を充てる無理なやり方、
海外輸入の購買発注、在庫計上。

最後は、品番マスタの登録だった。
教えてあげらんなかった、、もう辞めるってなっていたから、
代わりにあたしがやってしまった。
けど、トムはちゃんとメモしてマニュアルを作っていた。

あの人が、もう少し器用だったなら、
もう少し一緒に働けたのかなぁ。
けど、彼が辞める理由は、彼にしかわかんない。
あたしにわかるはずない。

気づけば、すんごい泣いてた。
映画見てもあんなに泣かないだろう、くらい泣いてた。
後ろに同期が立ってて、びっくりしながら「何が起きたの?」と声をかけられ、
はっとした。
静かに泣くってああいうことだと思った。

やっぱり、さようならはとても苦手だなぁと思い、
まだまだ大人になれないなぁと思った。
こっそり、そのファイルは私の引き出しに隠した。

来年からは、私にとって少しキツい年になりそうです。
もうみそっかすじゃなくなり、一人前のプレーヤーになる年だと思います。
頑張れることを、頑張りたいと思う。

いつか、120%で働けるようになるまで、「良い加減」を覚える年にしようと思います。

それを教えてくれたのはトムでした。

ありがとう、さようなら。
[PR]
by yuu-siesta | 2007-12-30 12:36 | diary
くたびれたけど、ようやっといろんな景色が見えてきた。
磨り減ったもの、手に入れたもの。
足せばたぶんゼロになるような気もするけど。
そんなはずない、経験とはそういうものであってほしい。

「大人になりましょう。
大人になるっていうことは、
『まあいっか』って思えるようになることです」

心に響く、最後のトラック。
ひでちゅー、ありがとう。

カタログ校正、だいぶ慣れてきたけど。
カタログの作り手と、カタログに掲載される商品の作り手の
思い合いとかバランスの大切さを感じる。
誰に対しても誠実でありたいよ。
けど、そんなの無理無理って思ったりしてね。

そんなミーティングの最中、呼び出しくらいました。
全員集合。
私が入社以来、一番お世話になって、
大好きでたまんない先輩が、ついに管理職になりました。
うちの課のGMになりました。
聞いた瞬間、ぐっとこらえました。
うれしいよぅ。
でも、しんどいよぅ。
けど、他の課のGMじゃないから、全然いい。
これからも、私は変わらず彼についてゆくだけ。

うちの課の功労賞受賞も決まる。

あたしの受けたトーイックもあっさり600点越えが判明。
まさかの事態にびびる。
「この点だと研修受けられないけど、どうする?」
けど、時間がなくて最後のほうは適当にマークしたので、
本当はもっと悪いはずですと優等生ぶって、
研修権限ゲット。
やった。

何もかもがハッピーのはずよ。
万歳だらけだよ。

なのにこんなにもさびしい気持ちになるのは
冬だからでしょうか。

今年も、あと少し。
最後まで走り抜けるぞー。
[PR]
by yuu-siesta | 2007-12-26 23:21 | diary

もうぐちゃぐちゃだ

本当は、ハッピーな話題で飾るつもりだった、ブログ更新。
私の初企画商品が、全国セールスミーティングでお披露目になり、
営業から好評価を受け、予定発注数より増産が決まった。
それを一面で飾って、「やったぜ!」って書くつもりだったけど。

なんだか、仕事も、生活も、恋愛も、
全部ぐちゃぐちゃになってきて、弱る。
ひとつひとつ、整理をしようとしていたそのとき、
入った訃報。
サークルの先輩が、事故で亡くなった。

普通に生きるってことが、一番難しいんだ、って思った。

特別目立つ、誇れるような仕事じゃなくても、
がんばって働いてお金もらえらたらいいじゃん

生活も特別豪華じゃなくたって、
いつもきれいに着飾るような、めかし込む必要ないじゃん

恋愛だって、
特別人に自慢したくなる恋愛しなくたっていいじゃん


基本は、そう思うのだけど。

ただ、好きなことをして、笑って、健康的に過ごしたいと、
そう思うのだけど。

それが一番難しい。

サザエさんやちびまる子ちゃんのような、
シンプルな幸せってありふれているようで、そうでない。

明日、お通夜にいくのがこわい。
まだ湧かない実感を、目の前に突きつけられるのが、こわい。
けど、生きてるから感じられる不幸を、
だからこそ大事にしなきゃいけない、幸福を認識しないといけなくて。

両親、友達、同僚
すべての人が急に恋しくて、みんながずっと幸せでありますようにって
思う。
[PR]
by yuu-siesta | 2007-12-16 20:34 | diary

CATCH!!

サークルの先輩の結婚パーティーにいってきました。
初代の先輩で、すごく明るくて面白い男の人。
人望があるのは、そこに集まったメンツですぐにわかりました。

たーくさんのOBOGや、先輩の友達同僚が集まって。
すごいいいパーティーだった。
いいなー、と思ったけど、「結婚したいなぁ」という気持ちが湧かないあたり、
まだまだ経験値が不足しているようです。

そこで、生まれて初めてブーケトスでブーケを取ってしまいました。
後ろにはたくさんのOGの先輩方がいました。
あーあー・・・
空気読めなかった・・・
ってか、ほぼ反射的にとっちゃった・・・

こういうのって年功序列?

けど、そんなの関係ねぇ!

新婦さんに「おめでとう。けど、こんなのがついてきちゃうかもよ」って言われました。
光栄です。
b0059677_1437219.jpg

[PR]
by yuu-siesta | 2007-12-02 14:41 | diary