半・社会人の取りとめもない雑記。


by yuu-siesta

<   2008年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

私は、たぶんスポーツのセンスがあると思う、たぶん。

ゴルフはほんとーに苦手で、
それはゴルフが欲を出しちゃいけないスポーツだからだ、
って昨日気づいた。
執着心とか、貪欲とか。
そういうスポーツのほうが、向いていることは、
残念だけどわかっている。

それでもやっぱり悔しくて、ゴルフ打ちっぱなし1時間。
その後にテニス2レッスン控えてるってわかってたけど、
ほんと悔しかったんだもん。

右ひじを中に入れる感じ、
テイクバックで右ひじを開かない感じ、
これにより、だいぶまっすぐとぶようになった。

ちょっと気持ちを晴らして、テニスへ。

あー楽しい。
テニスはやっぱり楽しいよ。
動くもん。
ゴルフで体がキレているから、大体ゴルフ後のテニスは調子いいんだけど。
昨日はありえなくらい、よかった。
やばかった。
自分でも、わー。センスの塊だけで今テニスしてるー
って思ったほどに。

体重のすべてを、球にのスピードにのせることを
カラダが知ったんだよね、あの時。
わーって思うくらい、自分でも信じられないフォームで
コーチと打ってた。
バックもフォアも夢中で振りぬくだけなのに。
どうしてこんなに、すばらしいの。
特にフォア。
どうやって私はこれを覚えたの?って思うのだけど、
インパクト直後に、体重が左に乗り切った瞬間、
右足が浮くの。
それがいいかどうかよくわかんないけど、
そうするとすぐに足元がフラットになって、
すぐ次の球に備えられる。
これって、どこで覚えたんだろ、ほんと。
コーチとマンツーで打ってるときは、最高だ。
信じられないくらい、気持ちがよい。

けど、残念ながら、それを持続する体力がない。
これは痛い。
この快感ラリーを続けるためには、
持久力をつけないと。

5月にふくいさんとラリーするまで、あと3ヶ月ちょい。

1年間の成果を見せないとー!
[PR]
by yuu-siesta | 2008-02-25 22:03 | diary

最近の私と、ひとり時間

最近よく買う雑誌は日経WOMANです。

今月、「ひとり時間」の大事さについて書いてありました。
なんか、「一人暮らししろー」みたいな誘導的なデータや
文章が多くて、そこんとこ疑問に思ったんですけど。
だいたい書いてあることはまともでした。

そもそも私はなぜに、「ひとりは苦手なさびしんぼうです」などと
大声で言っていたのでしょうか。
親友に、「あんたに男が出来ない理由として、
よくも悪くも、いい人が周りに多すぎる」と言われたことがあり。
そうなのか?と思いましたが。
それは、かなりイイ線いってるな、と振り返りました。

最近、一連の出来事を経て、
私はひとりで暮らすこと(≠一人暮らしすること)について
よく考えて、それに沿って行動している気がします。

その中で、偶然に、よしもとばななの「high and dry」を読んで、
それは私の心の奥まで問いかけて、応えてくれる優しさがある本で。
最後のシーンでは泣いていました。
私の中でずっと引っ掛かっていたものや、
私が求めるはずだった幸せや、
家族の優しい感じとか、
それに対する自分の甘えとか。
とにかく、たくさん詰まり過ぎていて、
もうぐらぐらきてしまったのです。
それがなかなか、いいものなのです。

一方で、仕事をセーブしてするっていうことは、
私にとっては自分らしく生きることを捨てることのような気がしていたけれど
そんなのは、私が私を買いかぶっていただけの話で。
本来の私は、こんなものだ、
というよりか、そういうゆとりあるペースでも仕事をこなせるくらいの
実力を、今なら持っているかもしれない、と思えます。
それも買いかぶりなのだけど、本当は。
けど、それこそが理想なのです。
「大人になりましょう」の実践の第一歩かもしれません。

以前、ブリヂットジョーンズの日記の中で一番好きな台詞は
「If I cannnot make it with you,
I cannnot make it with anyone」
であると、大好きな人に伝えたら、
彼は「本当はそんなんじゃダメなはずなんだよ」と教えてくれました。
今ならそれが、わかる気がします。

ひとりだから作るべきペース
ふたりや、みんなとだから、乱されたり調和すべきペース

大事なのは、いつもバランス感覚と
ブレない軸です。

ああー、最近の私は、なぜだか穏やかです。
嵐の前の静けさなのか、これも脱皮のひとつなのか、わかんないけど。

That's very kind of you, Asako!
[PR]
by yuu-siesta | 2008-02-21 23:08 | diary

make life stylish

果たしてこの英語、あってるのかな?

最近、よく思うのです。
格好だけでも、つけてゆこう、と。

もうすぐ26歳になるわけで。
ぐだぐだやって、ガツガツ働く時期も
そーろそろアレなんじゃないか?って思いましてん。

最近、結構部屋がいい感じになってきたし。
「あたし、これからスタイリッシュに生きるわー」
ってお昼に会社の同期に言ったら、
「具体的にどゆこと?」と案の定突っ込まれました。

うーんと。

まあ情報は広くあまねくキャッチするようこころがけます。
それが、第一歩です。

朝は弱いので、ちょっとローから始まるのはしかたなくて。
けど週2回は英会話に励みます。
仕事も、机や身の回りは、きれいにして、
笑顔をこころがけます。

帰りの電車は、時間をムダにしないように
本を読んだり、雑誌を読んだり、通信教育やります。

帰ったら、玄米などを食べ、
コーヒー豆乳を飲みます。
お風呂はゆっくり入って、ぼーっとします。
部屋ではスタイリッシュな音楽聴きながら、
ストレッチをして、寝る前は必ず髪をかわかします。
一番好きな香りのボディーバターを使って、
足裏をマッサージして。
腹筋をして、もう一度ストレッチします。

最後は、明日つける、一番好きなアクセサリーを選びます。

休日は、部屋をまず簡単に片付けます。
好きな友達と、好きなことをします。
日曜は、テニスで汗を流します。


ほらね、格好だけでしょ。

けど、こういうことが日々大事なんだよなぁ
って思い始めたのは遅すぎでしょうか。

髪もどこまで、いつまで、のびることやら。
[PR]
by yuu-siesta | 2008-02-19 23:22 | diary

step to forward

いやーいろんな人に心配をかけてしまっていたみたいで
ごめんなさい。
そして、気にかけてくれた人たち、ありがとう。

すべての世界に正解があるわけじゃなくて
いつも自分の思い通りにいくわけじゃなくて
いつだって、自分も世の中も変わっていくわけで。

こんなんでいいのか
こんなものなのか

って思い続けた連休でした。

けど、いいのだ。
だって、それもひとつの過程なんだ、
たいしたことじゃぁーない。
今はそう思うことにしよう。

ある意味、本当に、
大人になりましょう。
大人になっても、お気楽極楽◎

こんなんでいいのかな、あたし?

とにかく、みんなとぱーっと騒ぎたいのです!
[PR]
by yuu-siesta | 2008-02-11 16:20 | diary

いかないで

最近、すごく好きな人が、遠くへいってしまったのです。

離れて初めてわかったのです。

あの人はいつも、私の隣にいて。
隣だけど、ちょっと垣根を越そうとすると、
入ってくるな、俺の土地!って怒って。
けど、いつも私を一番近くで、見ていてくれた。

私のいいところ
私のダメなところ

全部、一番近くで見てきた、
そしてそれを認めてくれた、わかってくれた

彼が近くにいないことが、とてもつらい、
ただそれだけのことなのです。

ただ隣にいる、その雰囲気と空気だけで、
彼が今何を思って、何に向いているか、わかる自分が誇らしかった。
けど、離れてしまったら、
そんなのまったくわかんなくなって。
それが歯がゆくて、逆にカットインしたら
空気読めてないって嫌われそうな気がして。

それでもこの間、
「俺と加藤はもう、ツーと言えばカーだから」
と彼が言ったその一言で、
私はふわりと宙に浮くのです。
元気を注いでもらえるのです。

こんなに熱烈なラブレター書いたけど、
これは上司のことです。

これじゃー恋も出来ませんことよ。
おほほ。
[PR]
by yuu-siesta | 2008-02-05 22:22 | diary

息の抜きどころ

雪、降りましたね、がっつりと。
こちらはばっちり積もっていて、
なんなら今も降っています。
明日、チャリで行くのヤダな・・・スリップしそうだ。

本来なら、今日から大阪入りだったんですけど
急遽外されたもんで、家でぐうたらしてました。
雪降ったから、まあラッキーか、って思ってたけど、
やっぱりスネてます。

来週頭は楽しいメンツがみーんな大阪だから、
もう6時にPCダウンして帰ってやる気満々です。

先週、イベントに参加して、少し気力が充実しました。
現場はやっぱり最高です。
やっぱり販促がうらやましくなってしまうあたしですが、
私の前にある道は、デリバリーから企画への橋の入り口。

とか考えていたら、先週GMとやった面談の
やりきれない思いが湧き上がってきて、ウダウダしてしまいます。

やりたいことやってお金もらえるのが、仕事じゃありません。
けど、目指すものがあるからこそ走れる、
私はそういうタチなのです。
別に、それが在庫金額でも、かまわないのかもしれない、
ただもう少し掘り下げて、外へと関わっていきたいという思いだけが
一人歩きして、自分のチカラに伴ってないだけなんです。

みんな、私の120%をどんだけだと思っているんですか、
私の80%をどんだけだと思っているんですか。

理想の自分から離れ行く自分を客観的に見ているようで。

イベント泊まりだった日は、ホテル泊で。
そういう全部ダメな要素が出そうで、ひとりもしんどかったんで、
思わず先輩に電話をかけました。
けど、ふとしたとこから、仕事の話になってしまい、
ひとしきり話したところで、
「もういいの、仕事の話はしたくないの」
と言うと、相変わらずやなと笑われました。

しばらくは、無難なOLやってみようかな、って思います。
ああ、英語研修はばっちりやるけれど。

今は走るときじゃない、
息を抜くところ。

そんでもって、また春から走り始めたら、それでいいかな。

いいのかな。
[PR]
by yuu-siesta | 2008-02-03 21:06 | diary