半・社会人の取りとめもない雑記。


by yuu-siesta

<   2008年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

これは、働きマンの帯のフレーズです。

先週木曜、課長と面談。
私の評価と今後の役割について。
とりあえず、全部思ってることを言えて、すっきりしました。
話しているうちに、自分の中でもやもやしてた理由がわかってきて、
それを誰より課長に話せたことが、ほんとよかった。
友人の、

好きなことをひとりでやるよりも
誰かと何かをするのが好き

の言葉で、色々ほどけました。
私、スネちゃってたなーって。
ほんと子供です。

その夜、前の課長とその奥さんと、もつ鍋食べてきました。
私の仕事のモチベが下がってくるの聞きつけ
ご飯に誘ってくれまして。

俺ならかとちゃんこう使うのに、って話をされました。
光栄あまりある感じだったけど。
ぶっちゃけ、それはきっと違う、って思いました。
やっぱり今課長である、先輩の方が私を理解してる気がするし。
私も本音を話せてる気がする。
けど、そうやって私を気遣ったり、評価してくれる上司に
本当に感謝感激でした。

その奥さんってーのが、またきれいで出来る感じでさー。
素敵なご夫婦でした。
こんな風に、会社の人やそのご家族とつながっていけて、
幸せだなってまた思いました。

翌日、金曜日。
バッグメーカーと打ち合わせ。

6時から打ち合わせとかいって凹んだんだけど、
けど企画始めたら、なんかエンジンかかっちゃって。
ワクワクして、自分の中の何かがぐわーーーって盛り上がって。
アゲアゲな感じになるあたし、なんて単純。

やっぱりあたし、企画になりたい。
この、レディースバッグの企画だけは、あたらしい男性社員が入っても
絶対譲りたくない。
アシスタントでも、それでも企画に関わっていたい。

そう再確認しました。

帰り道、虫が鳴いてました。
この季節、すごい好き。
夏が来る前、暑くなる初夏の前。

どんよりスネてたあたし、さらばじゃー!
こっからまたアゲてくぜー!
[PR]
by yuu-siesta | 2008-04-27 22:30 | diary

GW前、心準備

あーあーあーあ
毎年、GWは平和に暮らしていたなぁ。
って思います。

5/1から、新しい中途の男性社員が入ってきます。
1コ上かな?
トムが辞めて、もう四半期。
ああーなんか、人の入れ替わりとかって、
別に社会とか会社にとって、たいしたことじゃないんだろうけど。
みんなトムがいたこと忘れないでーって叫びたい。
それは、私ですら、トムがいた半年を忘れそうだったから。

新しい人が入る関係で、会社で席替えを久々にしました。
そんで、トムと私の歴史がつまった書類がたくさん出てきて、
まあ捨てるっきゃないから捨てたけど。
この人がここにいて、この事業に少しでも関わって、
跡が残ってい続けてほしいって思う私は、子供なんだろうかー。

そして、嵐は突然やってきて、派遣さんがやめるようです。
そんなもんなんだよね、結局。
理由は仕事がキツいから、だそうな。
けど、私の中で彼女がやめる理由は山ほどあるから、
彼女に怒りも覚えないし、けど引き止めたいほど悲しくもない。

そういう関係がいちばんイヤだよな。

あたしは一応、この3ヶ月、彼女に対して相当気遣ったつもりですよ。
たくさん我慢もしたし。
一気に、あれもこれもあたしの仕事へ戻ると思うと、
疲れは倍増。
人に教えるって、伝えるって、そりゃ相当のパワーがいるのよ。
すり減らしたもの、たくさんあったけど。
それで今の自分が成長してないなら、そのパワーとか
あたしの思ってた「気遣い」とか、全部ウソだな、って思った。

5月になったらまた新しい派遣さんが来る。
中途も入る。
私が入社したころから、様変わりしてゆく、
人も、事業も。
信じられないほどに、あたしは光速の中で耳が痛い。たぶん。
「いつまでもあのころがいい」って思ってた私が、遠くへ。

今は、なんでもいいけれど、
ありえないくらい集中する、ひとつの的があれば、救われると思う。
仕事じゃないほうが、いいのかもしれない。

なんだろかー。

って、悶々とした日々を送っていたここ数日。
なぜか、いろーんな人から急に電話があるから不思議。
しばらく音信普通だった人たちばかり。
着信画面を見るたび、「え!何!」と思っちゃう、でもうれしい。

いつまでも、やっぱり人とはつながっていたいものです。
[PR]
by yuu-siesta | 2008-04-20 20:49 | diary

ゆくえはいずこ

最近、ほんと調子よくないんすよ。
カラダもココロも。
こうやって、言葉に出せば出すほど、悪くなる気がして。
実際そうだと思うから、極力しなかったけど。
でも万事オッケーって振舞えるほど、大きなヤツでもなくてね。

気づいたんだけど、今の私には指標がないんだよね。
仕事にも、プライベートにも。

学生のころはよかった、

4年目にして初めて思いました。
今まで、何がそんなに楽しくて仕事してきたのか
って思ってしまうくらいに、冷めて振り返る。
覚めて、気が遠のく。

すべては、自分の思っていた希望の道から外れそうなことが
一番大きな要因だと思う。
私はバッグの企画になりたくて
その望みがおっきくなりすぎて
しかも初めて自分で企画した商品が辛くもヒットしそうで
(それは今月下旬に発売予定)
そういうひとつひとつが私を欲深にしていって
けど、努力とか、日々生きるための活力だった気がする。

課のスイーパーにならなきゃなんて日記に書いたけど
本当は絶対そんなのいやで、ひとつのことやりたい。
またいでどれも中途半端は性に合わない。

企画にはなれなくて、一生この物流の道でやってくんなら
別にもうこの会社じゃなくたっていいし
っていうか物流だけでやってく一般職に、一回り上の派遣社員をアシスタントに
つけるだけ、本気ムダだし。
すべての非効率性とか、全体像のぼんやりした感じにいらだつ。

往復3時間もかけて、
バイトみたいな給料でやる意味あんのか、
って何度も考えて。

けど、転職するには惜しい会社で、
ひいては転職なんて面倒くさいことはしたくなくて。

プライベートも、
いざハンドやろうって思っても
テニスやろうって思っても
ゴルフやろうって思っても
結果、私のヒザはずきずきいってしまって、
ああこれは一生忘れんな、って神様が言ってるんだ
って呼び覚まされて。
スポーツして幸せ掴むことが、もう一生できないんなら
悲しくて悲しくて
けどお酒も飲めないから、発散する場所もなく。
本来なら発散できる場所は、やはりスポーツへと還る私だから。

やっぱり棚卸しが必要なのかな。
[PR]
by yuu-siesta | 2008-04-13 22:06 | diary
「25歳の加藤よ、さようなら」

誕生日前日の夜に、会社の先輩からもらったメールの
この一文で、一発でぐっと心を掴まれた。

前日の日は、ファミリー販売の搬入で、現場仕事。
帰りに五反田のおすし屋さんで先輩にごちそうしてもらいました。
今年は、ファミリー隊長(もうやりたくない)だったので
色々と意気込んでいたが、
超いい感じのペースで搬入を終えてほっとした。
けれど、やっぱりまだまだ。
ファミリーのことはまた別途書こう。

ずっと前から考えていたんだよね、
今年の誕生日はどうやって過ごそうか。
これといって予定もなく、残念ながら華金という。
けど、仲のいい仲間はみんなファミリー販売で、
私は自分で組んだシフトながら、本社だったし。苦笑

で、決めてた当初の誕生日構想は。

<予定>
いつもとは違うイケてるOLって格好(しかもスカート)で
出社して、6時でさっと定時退社して。
好物のコーヒー豆乳を買って帰って、
大好きな天海ゆうきの「Around40」を、
部屋でパックしながら、観る。


いろんな人に「サムすぎ」って言われた。


で、実際自分の中でイケてるOLの格好で出社(予定どおり)。
そんでもって、やっぱり予定どおり「どしたの?」と言われ。
「今日、誕生日なんで」とさらっと応えて、自己満足。
たまたま外ブラのアジアミーティングが重なっていたから、
日ごろの英語研修の成果を発揮すべく、英語で接客トライするも
惨敗。
けど、課長が気を利かせて、アジアのやつらとご飯食べにいこうと
誘ってくださる。
うーん、それもいいかな・・・
帰ってアラフォーか、国際的に過ごすか・・・

ところが。

6時直前で、フランスからの貨物のフライトスケジュールがわかってしまい、
急遽残業。

ありえねー。

結果、アラフォーにも間に合わず、
国際的にも過ごせず。

くたびれて帰宅して、なんと「アメトークスペシャル」の録画を見ながら
気づいたら寝ていました。

そんな26歳。

いろんな人にサムいって言われたし、
ありえないと言われたけど、
まあ・・・
もう終わっちゃったし・・・

けど、やっぱり気になったのは、先輩の
「25歳の加藤よ、さようなら」
の言葉だったなぁ。

部長から来たサプライズメールも素敵で、
かわいい後輩がくれたプレゼントも素敵で、
帰ったら親友から届いていた手紙とピアスも素敵で。

やっぱりあたしは幸せもんです。

26歳のあたしよ、こんにちは。
[PR]
by yuu-siesta | 2008-04-13 21:53 | diary
いやー、ついにもうすぐ26歳を迎えるというのに。
なんというどんより感。

今まで、仕事の何が好きで
あんだけガツガツやってこれたのか
振り返る気力もなかったけれど

今はそれが必要な時期だと思いましてん。
ていうか、言われましてん。

仕事ばっかやってる場合じゃないし。
なんか回転させてかないとね。

あーこんなに歳とりたくない誕生日は初めてだ!
あと2ヶ月くらい待ってほしいな・・・

まあいつ迎えても一緒かー

今年は、なんにもやるこたぁありません。
[PR]
by yuu-siesta | 2008-04-06 21:37 | diary