半・社会人の取りとめもない雑記。


by yuu-siesta

<   2008年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

#22 ぜんまいざむらい

今、すごい好きなアニメ。
音楽にぴん!ときたのがきっかけで、
(「ぜんまいざむらいのうた」と「ぜんまいチャチャ」)
よく見ると絵もストーリーとかセリフとかも、
中身も相当イカしてるぅー。
いまや、携帯サイトにまで登録してる始末。
でも、かわゆい待受やらデコメをDLしては、
むふふ。

朝と夕方にやってるよー

♪ぜんぜんぜんまいざむらいの
おだんごだんだん だだんのだーん!♪

b0059677_22555288.jpg

[PR]
by yuu-siesta | 2008-10-26 22:55 | favorite now!!

カセットテープ時代は

b0059677_1855854.jpg


A面
EL MALO タイトル不明
斉藤和義 「wonderful fish」
SMILE 「風と雨の強い日」
Moon Child 「アネモネ」
thee michelle gun elephant 「Get up Lucy」
サニーディ・サービス 「NOW」
TRICERATOPS 「ラズベリー」
ホフディラン 「6/8」

B面
シアターブルック 「まばたき」
小沢健二 「指さえも」
AIR 「KIDS ARE ALLRIGHT」
pre-school 「SPUNKY JOSH」
the pillows 「Beautiful Pictures」
ズボンズ 「ジャンボ」
The Peat Best 「play?」
TRICERATOPS 「ミルク」

******************************************
部屋の移動に伴い、いろんなものが発掘されました。
カセットテープの山!
学生時代にたくさん捨てた記憶があったけど、
それでも捨てきれなかったものが発掘された。
それを聞いてみて(=私のコンポはいまだカセットテープ対応ということ)
ひとりで「くぅ~」と言いながら、シビれました。
だいたい、NHK FMの「ミュージックスクエア」(私は中村貴子世代)から
録音した好きな曲の集まりと、
あとはゆずのオールナイトニッポンRを録音したものでした。
ゆずの「メライセラトップス」、好きだったなー。

とにかく。
いたなー、こんな人たち!好きだったなぁ~(以後、IKSとする)
というものがわんさか。

一番IKS度が高かったのは、シアターブルック。
佐藤タイジがイカしてたなー!と。
すごい好きだったけど、さっぱり聴かなくなったなぁ。

あとは、thee michelle gun elephantも超IKS。
リビングルームミュージックが好き、などと思う最近の私にとっては
うわー超ロックー。

歳とともに音楽の嗜好って変わるって思ってたし、
今も思ってるけど。
過去に一度ぐっと心掴まれた音楽は、
やっぱり今聴いても心掴まれる。
学生時代と同じくらい、ぞわーって感覚と、ワクワク!って感覚が交る、
特有の感覚。

それから、時代の移り変わりを感じたね。
当時は、MDもi PodもYou tubeもなかったから。
雑誌や新聞で音楽情報チェックして、
ラジオにかじりついて、好きな曲がかかった瞬間録音して。
借りたいCDのリストを作って、TSUTAYAで借りて。
カセットテープに録音して、通学んときはウォークマンで聴いて。
なんか、今より努力してたよね、
その分、好き度も熱中度も高かった気がするよ。

いやー、ノリたいぜ、歌いたいぜー。
シアターブルックの「まばたき」↓
http://jp.youtube.com/watch?v=YdG1z9TIIG8
[PR]
by yuu-siesta | 2008-10-08 21:39 | diary

はじめての後悔の日々

AかBかという2つの選択肢で迷った時、
それでも私の心の中にはいつだってどちらかの記号の方が必ず大きかった。
迷うというより、選ぶときの戸惑いがあっただけで。
本当は、迷ったことなんて、一度もなかったし。
それに伴うリスクだって、たいして大きくはなかったのかもしれない。
だから、後悔なんてしたことがなかった。
選んだ先の道だけを、いつも見据える私がいたからである。

期限切れを迎えても、AもBも、どっちも同じ大きさだった。
どっちも歪んでて怖かったし、
どっちも私にとっては魅力的だった。
こんなに決め切れなくて、どんなに潜在意識にもぐってみても、
どっちが正しいとか、どっちがベターかなんて、わからなかった。

こういうときは、〇×どろんこクイズのように、飛び込むしかないのだ。
これだけ迷っても答えが出ないのだから、
後悔したって仕方がないのだ。
それにしても、どろんこクイズにしてはハイリスク過ぎる選択だったことは確か。

そういうことだけをひたすら唱える日々。
いい加減飽きたけど、それでもまだ消えない。

いつだって後悔しない自分がいいけれど、
後悔するのは、選ばなかった道に魅力がありすぎたからであると思う。
そういうものを掴んだ、過去の私に感謝したい。

でも、これは終わりの始まりに過ぎないから、
これからしばらくは、ずっと後悔と悲しい日々が続くことを
覚悟しなきゃなぁと、うっすら思っている。
[PR]
by yuu-siesta | 2008-10-01 21:33 | diary