半・社会人の取りとめもない雑記。


by yuu-siesta

ゆくえはいずこ

最近、ほんと調子よくないんすよ。
カラダもココロも。
こうやって、言葉に出せば出すほど、悪くなる気がして。
実際そうだと思うから、極力しなかったけど。
でも万事オッケーって振舞えるほど、大きなヤツでもなくてね。

気づいたんだけど、今の私には指標がないんだよね。
仕事にも、プライベートにも。

学生のころはよかった、

4年目にして初めて思いました。
今まで、何がそんなに楽しくて仕事してきたのか
って思ってしまうくらいに、冷めて振り返る。
覚めて、気が遠のく。

すべては、自分の思っていた希望の道から外れそうなことが
一番大きな要因だと思う。
私はバッグの企画になりたくて
その望みがおっきくなりすぎて
しかも初めて自分で企画した商品が辛くもヒットしそうで
(それは今月下旬に発売予定)
そういうひとつひとつが私を欲深にしていって
けど、努力とか、日々生きるための活力だった気がする。

課のスイーパーにならなきゃなんて日記に書いたけど
本当は絶対そんなのいやで、ひとつのことやりたい。
またいでどれも中途半端は性に合わない。

企画にはなれなくて、一生この物流の道でやってくんなら
別にもうこの会社じゃなくたっていいし
っていうか物流だけでやってく一般職に、一回り上の派遣社員をアシスタントに
つけるだけ、本気ムダだし。
すべての非効率性とか、全体像のぼんやりした感じにいらだつ。

往復3時間もかけて、
バイトみたいな給料でやる意味あんのか、
って何度も考えて。

けど、転職するには惜しい会社で、
ひいては転職なんて面倒くさいことはしたくなくて。

プライベートも、
いざハンドやろうって思っても
テニスやろうって思っても
ゴルフやろうって思っても
結果、私のヒザはずきずきいってしまって、
ああこれは一生忘れんな、って神様が言ってるんだ
って呼び覚まされて。
スポーツして幸せ掴むことが、もう一生できないんなら
悲しくて悲しくて
けどお酒も飲めないから、発散する場所もなく。
本来なら発散できる場所は、やはりスポーツへと還る私だから。

やっぱり棚卸しが必要なのかな。
[PR]
# by yuu-siesta | 2008-04-13 22:06 | diary
「25歳の加藤よ、さようなら」

誕生日前日の夜に、会社の先輩からもらったメールの
この一文で、一発でぐっと心を掴まれた。

前日の日は、ファミリー販売の搬入で、現場仕事。
帰りに五反田のおすし屋さんで先輩にごちそうしてもらいました。
今年は、ファミリー隊長(もうやりたくない)だったので
色々と意気込んでいたが、
超いい感じのペースで搬入を終えてほっとした。
けれど、やっぱりまだまだ。
ファミリーのことはまた別途書こう。

ずっと前から考えていたんだよね、
今年の誕生日はどうやって過ごそうか。
これといって予定もなく、残念ながら華金という。
けど、仲のいい仲間はみんなファミリー販売で、
私は自分で組んだシフトながら、本社だったし。苦笑

で、決めてた当初の誕生日構想は。

<予定>
いつもとは違うイケてるOLって格好(しかもスカート)で
出社して、6時でさっと定時退社して。
好物のコーヒー豆乳を買って帰って、
大好きな天海ゆうきの「Around40」を、
部屋でパックしながら、観る。


いろんな人に「サムすぎ」って言われた。


で、実際自分の中でイケてるOLの格好で出社(予定どおり)。
そんでもって、やっぱり予定どおり「どしたの?」と言われ。
「今日、誕生日なんで」とさらっと応えて、自己満足。
たまたま外ブラのアジアミーティングが重なっていたから、
日ごろの英語研修の成果を発揮すべく、英語で接客トライするも
惨敗。
けど、課長が気を利かせて、アジアのやつらとご飯食べにいこうと
誘ってくださる。
うーん、それもいいかな・・・
帰ってアラフォーか、国際的に過ごすか・・・

ところが。

6時直前で、フランスからの貨物のフライトスケジュールがわかってしまい、
急遽残業。

ありえねー。

結果、アラフォーにも間に合わず、
国際的にも過ごせず。

くたびれて帰宅して、なんと「アメトークスペシャル」の録画を見ながら
気づいたら寝ていました。

そんな26歳。

いろんな人にサムいって言われたし、
ありえないと言われたけど、
まあ・・・
もう終わっちゃったし・・・

けど、やっぱり気になったのは、先輩の
「25歳の加藤よ、さようなら」
の言葉だったなぁ。

部長から来たサプライズメールも素敵で、
かわいい後輩がくれたプレゼントも素敵で、
帰ったら親友から届いていた手紙とピアスも素敵で。

やっぱりあたしは幸せもんです。

26歳のあたしよ、こんにちは。
[PR]
# by yuu-siesta | 2008-04-13 21:53 | diary
いやー、ついにもうすぐ26歳を迎えるというのに。
なんというどんより感。

今まで、仕事の何が好きで
あんだけガツガツやってこれたのか
振り返る気力もなかったけれど

今はそれが必要な時期だと思いましてん。
ていうか、言われましてん。

仕事ばっかやってる場合じゃないし。
なんか回転させてかないとね。

あーこんなに歳とりたくない誕生日は初めてだ!
あと2ヶ月くらい待ってほしいな・・・

まあいつ迎えても一緒かー

今年は、なんにもやるこたぁありません。
[PR]
# by yuu-siesta | 2008-04-06 21:37 | diary

覚え書き

これは忘れないうちに書いておこう
っていうか、明日になって
気持ちがさめてしまいそうだから、
それでも、私が感じたこのことだけは
書き留めておこう。

毎週火曜10時は、8チャンのドラマ見ることが多かった。
だからガイアの夜明けとかって
あんまり見なかった。

たまたまぼーっと見てたら、I商社がLというブランドバッグを買収した話だった。
Lでのアメリカでのバッグの企画について、
やっていた。
私の中で芽生えたものは、腐った私の、
心の奥底で消えちゃうところだった
憧れへの再燃の小さな小さな火だった。

いつかは企画になりたい

加藤に企画をメインでやらせるつもりはない

いつからか、一度触れてしまった企画の端に、憧れを抱き
それをいつか出来るものだと思い、
それだけを目指して、大嫌いな物流業務をやってきたと思っていた。
いつか、企画になるため。
そう自分に何度も言い聞かせてきた。

最近では、自分の仕事に不満しかなくて、腐って、
ひとりで自分をダメにしていって。
それで周りを巻き添えにしていって。
最低な仕事をしていたと思う。

私の職群にその資格がなかったとしても、
私はやっぱり企画になりたい。
ものづくりをしたい、とか名義など何ひとつなくて、
ただ自分が考えたものや言葉や音楽や、そういう形となるものが、
人々の五感に触れることが、私の希望だったと思う。

Lのデザイナーがアメリカ人女性デザイナーが言っていた
「『kawaii』を私たちは理解しないといけないわ、
 今までやってきて、知らないことを知れてよかった。
 何が『kawaii』くて、何が『kawaii』lくないのか、知ることが大事だわ」
なんて前向きなんだろうって、心が響いた。

「バイヤーはすでに来年の春を見据えている」

という言葉で番組は締められた。

私は秋の企画ですら、全然ダメだ。
あたしの企画じゃなくても、アシでも本気でやらなきゃだめだ。
アシスタントでも、企画に触れられるなら本望なのだと
そう思えないとだめだ。

わがままばかり言って、自分の能力以下の仕事して、
でもほんとは自分のキャパはとっくに超えるところでテンパって。
私にアシなんていらない、ひとりでやりたいと
生意気に思いながら、ひどくばかな考えで仕事に臨んでいたから
私は腐ったんだ。

忘れたくない、私はこんなふうに仕事したいんじゃないんだ
お金のため、生きるためだけど
生きて働くことの出来る喜びを感じたい。

早くforecastを組んで、
入庫イレギュラーも一気に解消して、
在庫管理の新しいやり方をもう一度洗い出して、
ファミリー販売へ向けて出品リスト組んで、
派遣さんの業務理解度を確かめてから、もう一度業務分担を見直す。

それが終わったら、すぐにでも
バッグの他社ラインナップ表と、
自社現行モデルのデータ作成しよう。
それで、もう一度、さとみさんの前に出直そう。


本当にごめんなさい
[PR]
# by yuu-siesta | 2008-03-25 23:18 | diary

再生期

なんか、いきてるよーな、そうでないよーな
そういうぼんやりした時間が長く続いてしまったなぁと
最近思います。
かとうです。
髪ものびるいっぽうです。

金曜日、ぷちわじまーず。
輪島で学ぶ友達が帰省することは、
なんだか夏が戻ってくるような、お祭りがやってくるような
そういう一種の浮かれた気分をもたらしてくれる。
私がぼんやりしている間に、
みんな劇的に変化しているわけではないけれど、
少しずつどこかへ向かって歩いていて、
ちょっとせつなくなりました。
というか、なにやってんだおれ!という気持ちになりました。

翌朝、早起きして地元の小学生ハンドへ。
いつぶりかわかんないけど、1年はあいてしまったと思う。
i podとともに、チャリで校庭へ向かう。
いい天気すぎて、時間が戻る。
校庭は、1年前と変わらない景色。
たくさんのこどもたちが、走る姿は、ほんと、いい。
それに、うわーって気持ちがついていけない私は
ものすごいジェットラグの中にいる、と痛感しました。

こどもは、すぐに大きくなってしまう

そう思っていた。
確かに、みんな1年経って、ハンドもすごく上手になったし、
身体がたくましくなって声変わりした男子、
背が10センチくらいのびた女子。
けど、変わらないその明るさに、ああかなわないなぁと思う。
こんな健全な世界があったのか、と
はっとさせられて、けどやっぱり追いついていけない。

これから、行ける限り、行こうって決めました。
私のやりたいこと、私に出来ることを
少しずつ引き戻す作業をはじめようかと思います。

すると、やっぱり春が来て人々が動き出すタイミングは同じようで、
友達から「打ちっぱなしにいくぞ、もう車で向かっている」と電話が。
迷ったけど、ゴルフもがんばりたいから、go。
お天気がよくて、汗をかくほど打ちました。

日曜、輪島の友達とひなたぼっこ。
せっかく帰省している間をこんなふうに過ごしてもらったら悪いなぁと思いつつも、
そののんびりした空気にやられてしまう。
ああーいいお天気だ。
春がきたんだなぁ、と思う。

やっぱり夏に向かう季節が好きだと
今年も思えるように、元気にいきたいですね◎

みんなが元気でありますように。
[PR]
# by yuu-siesta | 2008-03-23 23:07 | diary

マニュ女 箱根旅行

独身7人で集まるのは、これが最後になるであろう、
マニュ女同期箱根旅行。

ほんと、ただ集まって、
ゆっくりしただけの旅だった。

普段の環境から離れて、いろいろ考えようって思っていたけれど
そんなことしないで
なんにも考えないで
みんなと同じ時間を過ごして
同じご飯を食べて
同じお風呂に入って
それだけで十分に幸せだなぁと思った。

時間とともに、変わってゆくのは
自分であり、みんなであり、
みんな変化してゆく。
うちらのあり方も、変化してゆく。

それでいいんだなーと思った。

けど、やっぱりみんなに刺激もらって
がんばろうって思ったり
ああこのまんまでいいんだって思ったり
このまんまじゃダメだって思ったり

やっぱりみんなが大好きなのさ。

そして、私はもっとがんばるべきなのさ。

こんなに大事なものが手からこぼれないように
大切に大切にしていかなきゃいけないなー

b0059677_21285424.jpg

[PR]
# by yuu-siesta | 2008-03-09 21:28 | favorite now!!

飼い犬の手を噛む

今、冷静になったからやっと書けるようになったけれど。

簡単に言えば、自分の仕事がうわーっていやんなって。
それを一番慕う上司にぶちまけて、
ぶつかってしまった。

まず、輸入業務を派遣さんに全部渡せといわれたこと
一回りも上の人を下にしてコントロールできるようにしろといわれたこと
企画は勉強であって、いずれ私の仕事になるものではない、という事実
私は在庫管理の道をゆくのだ、ってこと

輸入の仕事が好きだから、
海外とのコミュニケーションが面白いからやってきた、
だいっきらいなデリバリー

そっから好きなとこだけとられるなんて、ちょー納得できなくて

派遣さんのスキルアップは受け入れられて
正社員のスキルアップは受け入れられない
の意味がわかりません
と口に出してしまった。

企画と在庫管理についても、納得いかないことだけを
だーって言ってしまった。
事務職と企画職の線引きってなんすか、って。

上司との話し合いは平行線で。
私は「わかりました、もう話したいことは全部言いました。
あとは、私個人の問題です」と答え、終わった。

その後で、激しく後悔した。
私はなんつーおろかなことを口に出したのだ、と。

自分がこれはわかっています、と上司にまず伝えたこと

決して自分がやりたい仕事だけを出来るなんて思ってないってこと
今は、チームのバランスの中で、自分の出来る範囲の業務のベストを尽くすべきだということ
上司が私のスキルアップについて、考えてくれていること
やりがいやペースは、誰といてもどこにいても、自分で見出すべきだということ
まずは、誰かに頼る前に自分で考えてから行動に出るべきだということ

そして、上司に対して、膨れっ面で仕事をする自分が、
一番イヤであるということ

これを盾に話し合いをしようとした。
それは、絶対に正論であって、私は上司の逃げ道を防いで話に臨もうとしていたことに
後から気づき、なんておろかだと思った。
そこまで理解できているなら、文句なんていうことなかったはずで。
上司も「全部加藤がわかっているとおりで、何も言うことはない。
やってくれ」と言った。

しんどいのは、私なんかじゃなくて。
今は上司が一番しんどい。
私もステップアップの時期だけれど、
上司は今まさしく孵化の時期を迎えていて、
さらに事業の側面から見れば、ありえないくらいしんどいに決まっていて。

そんな人に向かって、私はなんてことを言ったのだ。

ほんと後悔していたのだけど。

言ってよかった、と今は思っている。
そんなとこが、私おばかさん。

言ったから後悔したけど、言わなければがんばろうという気にはならなかったから。

要は、私が不満だったのは、
私は隙間産業みたいな役割を担ってることだと思う。
この業務・・・誰にやらせたらいい・・・じゃあ、加藤かな。
こっちもどうするかな・・・加藤。
そうじゃなくて、ちゃんとこれ、ってものが欲しかったんだと思う。
逆を言えば、私にそれだけ汎用性があり、
能力や知識経験も多少ついてきて、
何より上司が、私に仕事任せてくれるということになるわけで。

この課の主婦を目指すって、決めた1年目。
あれから、1コ下の女の子が入ってきて、
派遣さんも入ってきて。
今はほぼ庶務もやっていない。
私が目指すべき次のポジションは、スイーパー。
多岐に渡って、それらが深さを帯びなくても。
私なら出来るから、あっちもこっちもやってもらおう
そう思われる、そしてそれを笑顔で引き受けられるように。
それが出来るようになったら、それを先回りできるように。

「加藤と俺はもうツーカーだから」

もう一度、はじめからそれを目指そうって思えたのは
つい3日前くらいのこと。

自分でもあきれるけれど、
そうやって失敗繰り返して、日々は進んでいくんだろなー。
[PR]
# by yuu-siesta | 2008-03-02 22:40 | diary
私は、たぶんスポーツのセンスがあると思う、たぶん。

ゴルフはほんとーに苦手で、
それはゴルフが欲を出しちゃいけないスポーツだからだ、
って昨日気づいた。
執着心とか、貪欲とか。
そういうスポーツのほうが、向いていることは、
残念だけどわかっている。

それでもやっぱり悔しくて、ゴルフ打ちっぱなし1時間。
その後にテニス2レッスン控えてるってわかってたけど、
ほんと悔しかったんだもん。

右ひじを中に入れる感じ、
テイクバックで右ひじを開かない感じ、
これにより、だいぶまっすぐとぶようになった。

ちょっと気持ちを晴らして、テニスへ。

あー楽しい。
テニスはやっぱり楽しいよ。
動くもん。
ゴルフで体がキレているから、大体ゴルフ後のテニスは調子いいんだけど。
昨日はありえなくらい、よかった。
やばかった。
自分でも、わー。センスの塊だけで今テニスしてるー
って思ったほどに。

体重のすべてを、球にのスピードにのせることを
カラダが知ったんだよね、あの時。
わーって思うくらい、自分でも信じられないフォームで
コーチと打ってた。
バックもフォアも夢中で振りぬくだけなのに。
どうしてこんなに、すばらしいの。
特にフォア。
どうやって私はこれを覚えたの?って思うのだけど、
インパクト直後に、体重が左に乗り切った瞬間、
右足が浮くの。
それがいいかどうかよくわかんないけど、
そうするとすぐに足元がフラットになって、
すぐ次の球に備えられる。
これって、どこで覚えたんだろ、ほんと。
コーチとマンツーで打ってるときは、最高だ。
信じられないくらい、気持ちがよい。

けど、残念ながら、それを持続する体力がない。
これは痛い。
この快感ラリーを続けるためには、
持久力をつけないと。

5月にふくいさんとラリーするまで、あと3ヶ月ちょい。

1年間の成果を見せないとー!
[PR]
# by yuu-siesta | 2008-02-25 22:03 | diary

最近の私と、ひとり時間

最近よく買う雑誌は日経WOMANです。

今月、「ひとり時間」の大事さについて書いてありました。
なんか、「一人暮らししろー」みたいな誘導的なデータや
文章が多くて、そこんとこ疑問に思ったんですけど。
だいたい書いてあることはまともでした。

そもそも私はなぜに、「ひとりは苦手なさびしんぼうです」などと
大声で言っていたのでしょうか。
親友に、「あんたに男が出来ない理由として、
よくも悪くも、いい人が周りに多すぎる」と言われたことがあり。
そうなのか?と思いましたが。
それは、かなりイイ線いってるな、と振り返りました。

最近、一連の出来事を経て、
私はひとりで暮らすこと(≠一人暮らしすること)について
よく考えて、それに沿って行動している気がします。

その中で、偶然に、よしもとばななの「high and dry」を読んで、
それは私の心の奥まで問いかけて、応えてくれる優しさがある本で。
最後のシーンでは泣いていました。
私の中でずっと引っ掛かっていたものや、
私が求めるはずだった幸せや、
家族の優しい感じとか、
それに対する自分の甘えとか。
とにかく、たくさん詰まり過ぎていて、
もうぐらぐらきてしまったのです。
それがなかなか、いいものなのです。

一方で、仕事をセーブしてするっていうことは、
私にとっては自分らしく生きることを捨てることのような気がしていたけれど
そんなのは、私が私を買いかぶっていただけの話で。
本来の私は、こんなものだ、
というよりか、そういうゆとりあるペースでも仕事をこなせるくらいの
実力を、今なら持っているかもしれない、と思えます。
それも買いかぶりなのだけど、本当は。
けど、それこそが理想なのです。
「大人になりましょう」の実践の第一歩かもしれません。

以前、ブリヂットジョーンズの日記の中で一番好きな台詞は
「If I cannnot make it with you,
I cannnot make it with anyone」
であると、大好きな人に伝えたら、
彼は「本当はそんなんじゃダメなはずなんだよ」と教えてくれました。
今ならそれが、わかる気がします。

ひとりだから作るべきペース
ふたりや、みんなとだから、乱されたり調和すべきペース

大事なのは、いつもバランス感覚と
ブレない軸です。

ああー、最近の私は、なぜだか穏やかです。
嵐の前の静けさなのか、これも脱皮のひとつなのか、わかんないけど。

That's very kind of you, Asako!
[PR]
# by yuu-siesta | 2008-02-21 23:08 | diary

make life stylish

果たしてこの英語、あってるのかな?

最近、よく思うのです。
格好だけでも、つけてゆこう、と。

もうすぐ26歳になるわけで。
ぐだぐだやって、ガツガツ働く時期も
そーろそろアレなんじゃないか?って思いましてん。

最近、結構部屋がいい感じになってきたし。
「あたし、これからスタイリッシュに生きるわー」
ってお昼に会社の同期に言ったら、
「具体的にどゆこと?」と案の定突っ込まれました。

うーんと。

まあ情報は広くあまねくキャッチするようこころがけます。
それが、第一歩です。

朝は弱いので、ちょっとローから始まるのはしかたなくて。
けど週2回は英会話に励みます。
仕事も、机や身の回りは、きれいにして、
笑顔をこころがけます。

帰りの電車は、時間をムダにしないように
本を読んだり、雑誌を読んだり、通信教育やります。

帰ったら、玄米などを食べ、
コーヒー豆乳を飲みます。
お風呂はゆっくり入って、ぼーっとします。
部屋ではスタイリッシュな音楽聴きながら、
ストレッチをして、寝る前は必ず髪をかわかします。
一番好きな香りのボディーバターを使って、
足裏をマッサージして。
腹筋をして、もう一度ストレッチします。

最後は、明日つける、一番好きなアクセサリーを選びます。

休日は、部屋をまず簡単に片付けます。
好きな友達と、好きなことをします。
日曜は、テニスで汗を流します。


ほらね、格好だけでしょ。

けど、こういうことが日々大事なんだよなぁ
って思い始めたのは遅すぎでしょうか。

髪もどこまで、いつまで、のびることやら。
[PR]
# by yuu-siesta | 2008-02-19 23:22 | diary